ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

4月の実質賃金は24カ月ぶりに上昇。だが中身は物価上昇率の鈍化

 

 賃金の伸びから物価の上昇分を差し引いた4月の実質賃金が24カ月ぶりに増加となった。ただ内実は、物価上昇率の下落によるもので、本当の意味で賃金が増えるという状況には至っていない。

kyuyomeisai02
 厚生労働省は2015年6月2日、4月の毎月勤労統計の速報値を発表した。基本給や残業代などを合わせた給与総額は27万4577円となり、前年同月比で0.9%増加した。物価の上昇分を差し引いた実質賃金でも前年を0.1%上回った。

 このところ賃金は毎月わずかに上昇する傾向が続いていたが、それ以上に物価の上昇率が大きく、実質賃金は毎月2%から3%のペースで減少していた。安倍政権は財界に対して異例の賃上げ要請を行っているが、労働者の生活水準はまだ向上していない。

 今回の実質賃金の上昇は24カ月ぶりのことだが、名目賃金の上昇ペースは変わっておらず、物価の上昇率が低下したことが主な要因である。
 労働者にしてみれば、原因が何であれ、賃金が上がることのメリットは大きい。だが、インフレを経済成長のエンジンにしようというアベノミクスにとっては、物価上昇の鈍化は悩ましい問題ということになる。

 さらにいえば、4月は消費増税から1年が経過しているので、見かけ上の物価上昇率が低下している。消費税の影響を差し引くと状況は大きく変わっていないと考えるべきだろう。
 このところもう一段の円安が加速しており、輸入物価が引き上げられる可能性が高くなってきた。もし円安傾向が定着するようであれば、実質賃金はさらに低下してしまう。

 円安の恩恵を受ける企業は主に製造業だが、海外での現地生産が進んでおり、企業の儲けが国内経済に波及しにくい。企業本体の従業員は賃上げが進んでいるものの、下請け会社などの状況が大きく改善する状況にはなっていないのが現実だ。

 - 政治, 社会, 経済 , ,

  関連記事

matsuura
エイベックス松浦氏の富裕層イジメ発言を評価する際に注意すべき点とは?

 エイベックス・グループ・ホールディングス社長の松浦勝人氏による、日本は富裕層に …

rikagakuken
新型万能細胞に関する画期的研究から考える、日本の官製イノベーション思想の是非

 理化学研究所の研究チームが、酸性の刺激を与えるだけの簡単な方法で、あらゆる細胞 …

abenomics600cho
首相がブチ上げたGDP600兆円という目標は、すでに出ている数字の言い換え

 自民党は2015年9月24日、両院議員総会を開き、安倍首相の党総裁続投を無投票 …

abe5gatsukeizai
萎む成長戦略。最高裁判断まで出ている薬のネット販売解禁が規制緩和の目玉だって?

 アベノミクスの要として市場から多くの期待を集めていた成長戦略の雲行きが怪しくな …

obamaegypt02
デモ排除で多数の死者が出ても、米国がエジプトへの軍事支援を簡単にやめられないワケ

 エジプトのモルシ前大統領を支持するデモ隊に対してエジプト軍が強制排除を行い多数 …

tosho05
野村證券が最長70歳まで定年を延長した背景とは?

 野村証券は、国内営業を担当する正社員の定年を60歳から65歳に延長し、65歳以 …

chikyugi
日本の1人あたりGDPが急降下。そろそろ貧しさが顕在化してくる?

 日本の1人あたりGDP(国内総生産)が大きく順位を落とし、OECD(経済協力開 …

baierumonsanto
独バイエルがお騒がせ企業モンサントを買収。遺伝子組み換えでは最強グループに

 ドイツの医薬・農薬大手バイエルは2016年9月14日、遺伝子組み換え種子の最大 …

orand78%
大連立構想は国力衰退の象徴?ギリギリで大連立を回避した日本はまだマトモかもしれない

 総選挙における自民党の大勝利で立ち消えになったが、民主党政権末期には大連立構想 …

gwcvn73
握手と蹴り合い。防空識別圏をめぐる単純ではない米中交渉の行方

 米国のバイデン副大統領は日本訪問に引き続いて、12月4日から中国を訪問する。中 …