ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

4月の実質賃金は24カ月ぶりに上昇。だが中身は物価上昇率の鈍化

 

 賃金の伸びから物価の上昇分を差し引いた4月の実質賃金が24カ月ぶりに増加となった。ただ内実は、物価上昇率の下落によるもので、本当の意味で賃金が増えるという状況には至っていない。

kyuyomeisai02
 厚生労働省は2015年6月2日、4月の毎月勤労統計の速報値を発表した。基本給や残業代などを合わせた給与総額は27万4577円となり、前年同月比で0.9%増加した。物価の上昇分を差し引いた実質賃金でも前年を0.1%上回った。

 このところ賃金は毎月わずかに上昇する傾向が続いていたが、それ以上に物価の上昇率が大きく、実質賃金は毎月2%から3%のペースで減少していた。安倍政権は財界に対して異例の賃上げ要請を行っているが、労働者の生活水準はまだ向上していない。

 今回の実質賃金の上昇は24カ月ぶりのことだが、名目賃金の上昇ペースは変わっておらず、物価の上昇率が低下したことが主な要因である。
 労働者にしてみれば、原因が何であれ、賃金が上がることのメリットは大きい。だが、インフレを経済成長のエンジンにしようというアベノミクスにとっては、物価上昇の鈍化は悩ましい問題ということになる。

 さらにいえば、4月は消費増税から1年が経過しているので、見かけ上の物価上昇率が低下している。消費税の影響を差し引くと状況は大きく変わっていないと考えるべきだろう。
 このところもう一段の円安が加速しており、輸入物価が引き上げられる可能性が高くなってきた。もし円安傾向が定着するようであれば、実質賃金はさらに低下してしまう。

 円安の恩恵を受ける企業は主に製造業だが、海外での現地生産が進んでおり、企業の儲けが国内経済に波及しにくい。企業本体の従業員は賃上げが進んでいるものの、下請け会社などの状況が大きく改善する状況にはなっていないのが現実だ。

 - 政治, 社会, 経済 , ,

  関連記事

kouki9
トルコによる中国製装備の調達問題で浮上した、軍事技術汎用化という課題

 NATO(北大西洋条約機構)のラスムセン事務総長は10月7日、NATO加盟国の …

sony
ソニーが業績見通しを大幅上方修正。だが実態は不動産の売却益

 ソニーは4月25日、2012年度(2012年4月~2013年3月)の業績見通し …

uiguru
新疆ウイグル自治区でまた衝突が発生。取材制限で実態は闇に包まれたまま

 中国国営の新華社通信は6月26日、中国北西部の新疆ウイグル自治区で「ナイフで武 …

shalegasrig
シェールガス会社の破綻でバブル終了。だが本当のインパクトはこれからだ!

 米国でシェールガスなどを生産するGMXリソーシズは4月1日、米連邦破産法11条 …

hamada
浜田内閣参与の増税延期発言によって明らかなった、異次元緩和の波及メカニズム

 安倍首相のブレーンで内閣官房参与を務める浜田宏一米エール大名誉教授が、2014 …

androidTV
グーグルが着々と進める家電のネットワーク化と人工知能化

 ネット検索最大手の米グーグルが、家電の人工知能化を急ピッチで進めている。同社が …

hinkleypoint
原発の建設・運用を外国に丸投げする、核保有国イギリスの決断をどう考えるべきか?

 英国が次世代原発の運営事業に対して中国企業による過半数の出資を認めたことが大き …

koujousen
福島の甲状腺検査で県外被害者は後回し。毎日新聞が示した情報公開請求の有効性

 福島原発事故を受け福島県が実施している子供向けの甲状腺検査をめぐり、県民健康管 …

carter
米次期国防長官は、実務官僚で経験豊富なカーター氏に落ち着く?

 辞任が決まっているヘーゲル米国防長官の後任に、前国防副長官のアシュトン・カータ …

sinkaihou
中国当局による記者拘束にメディアが抗議。党中央が容認した出来レースとの見方も

 中国・広東省の日刊紙「新快報」の記者が公安当局の拘束されたことに抗議し、同紙は …