ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

4月の実質賃金は24カ月ぶりに上昇。だが中身は物価上昇率の鈍化

 

 賃金の伸びから物価の上昇分を差し引いた4月の実質賃金が24カ月ぶりに増加となった。ただ内実は、物価上昇率の下落によるもので、本当の意味で賃金が増えるという状況には至っていない。

kyuyomeisai02
 厚生労働省は2015年6月2日、4月の毎月勤労統計の速報値を発表した。基本給や残業代などを合わせた給与総額は27万4577円となり、前年同月比で0.9%増加した。物価の上昇分を差し引いた実質賃金でも前年を0.1%上回った。

 このところ賃金は毎月わずかに上昇する傾向が続いていたが、それ以上に物価の上昇率が大きく、実質賃金は毎月2%から3%のペースで減少していた。安倍政権は財界に対して異例の賃上げ要請を行っているが、労働者の生活水準はまだ向上していない。

 今回の実質賃金の上昇は24カ月ぶりのことだが、名目賃金の上昇ペースは変わっておらず、物価の上昇率が低下したことが主な要因である。
 労働者にしてみれば、原因が何であれ、賃金が上がることのメリットは大きい。だが、インフレを経済成長のエンジンにしようというアベノミクスにとっては、物価上昇の鈍化は悩ましい問題ということになる。

 さらにいえば、4月は消費増税から1年が経過しているので、見かけ上の物価上昇率が低下している。消費税の影響を差し引くと状況は大きく変わっていないと考えるべきだろう。
 このところもう一段の円安が加速しており、輸入物価が引き上げられる可能性が高くなってきた。もし円安傾向が定着するようであれば、実質賃金はさらに低下してしまう。

 円安の恩恵を受ける企業は主に製造業だが、海外での現地生産が進んでおり、企業の儲けが国内経済に波及しにくい。企業本体の従業員は賃上げが進んでいるものの、下請け会社などの状況が大きく改善する状況にはなっていないのが現実だ。

 - 政治, 社会, 経済 , ,

  関連記事

doitsuginkou
ドイツ銀行の危機は、不良債権問題というより利ざやの縮小による収益悪化

 ドイツ銀行の経営破たん懸念が市場のムードを悪化させている。現実に同行が破たんす …

kousakukiki
7~9月期の設備投資の見通しはいまひとつ。10%増税の判断はいかに?

 内閣府は2014年8月14日、6月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

matsuzawa
松沢・前神奈川県知事が都知事選に出馬を表明。だが前回の都知事選での失態はイタい

 前神奈川県知事の松沢成文氏が8日午後、都庁で記者会見を行い、12月に行われる東 …

toyotahonsha
トヨタが株主総会で種類株を可決。本気度が問われる新しい日本流ガバナンス体制

 トヨタ自動車は2015年6月16日、主要企業のトップを切って株主総会を開催した …

hatoyamachina
小野寺防衛相の鳩山氏「国賊」発言は、中国側を利するだけ

 文化交流の名目で訪中し、中国よりの発言を繰り返している鳩山元首相に対して、とう …

chromecast
グーグルがテレビで動画を楽しめる安価な端末を発売開始。そのインパクトは?

 グーグルは2014年5月27日、テレビに接続するだけで、スマホやタブレットの動 …

setsubitousi
7~9月期GDPは事前の予想通り2期連続のマイナス。だが補正の議論は盛り上がらず

 内閣府は2015年11月16日、2015年7~9月期のGDP(国内総生産)速報 …

aikoukoku
広告クリエイティブ業務のAI化で、すべての広告は動的になる

 広告業界でコピーライティング業務をAI化する取り組みが進んでいる。狙いは人員の …

gdp2013q1
1~3月期のGDPは、個人消費が好調で年率3.5%成長に。ただし設備投資は低調なまま

 内閣府は5月16日、2013年1~3月期の国内総生産(GDP)を発表した。物価 …

abeyosaniinkai201402
安倍政権が集団的自衛権行使の議論を再開。一部からは遅きに失したとの声も

 安倍政権が集団的自衛権の行使容認に向けて再び動き始めた。2014年2月5日、参 …