ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本創生会議が首都圏高齢者の地方移住を提言。その現実性は?

 

 民間有識者でつくる日本創成会議(座長・増田寛也元総務相)は2015年6月4日、首都圏の高齢化に関する提言をまとめた。今後、首都圏で高齢化が急速に進展し、介護施設の不足が予想されることなどから、地方に高齢者を移住させる必要があるとしている。

koreishasisetu
 日本創生会議は、商工会議所加入企業などで構成する民間シンクタンク日本生産性本部を母体とする民間有識者会議。建設官僚出身で元総務大臣の増田寛也氏が座長を務めている。昨年は全国で900近い自治体が消滅する可能性があるとの試算を行っている。

 提言では、今後、東京を中心とする1都3県において、今後10年間で75歳以上の高齢者が175万人増えると推計している。
 東京中心部よりも、神奈川、埼玉など周辺地域の高齢化が著しいが、これは周辺の団地に住む人の年齢層が偏っていることや、高齢者向け施設が都心よりも周辺地域にあることが主な要因。こうした施設への入居に伴って、都心から周辺に高齢者が転出していると考えられる。

 今後は、首都圏全域でこうした高齢者向け施設の数が足りなくなることが予想され、「周辺地域の介護施設を東京圏の高齢者が奪い合うような事態が生じかねない」と提言では指摘している。
 また首都圏で介護施設などを多数建設してしまうと、介護職員などを大量採用することになり、地方から首都圏への人口流出を加速してしまうという。

 こうした状況を防ぐため、提言では、受け入れ余力の大きい地方に、首都圏の高齢者を移住させる必要があるとして、医療や介護の受け入れ機能が整っている全国41地域を移住先の候補地として示した。
 具体的には、北海道の帯広市や釧路市、鳥取県の米子市、福岡市、熊本県の八代市などが列挙されている。

 ただ、高齢者は住み慣れた地域での定住を望む傾向が強く、制度の設計によっては間接的に移住を強要する形にもなりかねない。また地方の受け入れ余力が大きいといっても、介護要員の確保が難しく結果的に施設の稼働率が低いケースもあり、必ずしも受け入れ体制が整っているわけではない。

 こうした制度が実現した場合には、多額の補助金が動くことになり、利害関係も複雑になる。実際に制度として落とし込むのは、そう容易ではないだろう。

 - 政治, 社会 , , ,

  関連記事

tanakamakiko00
ハチャメチャ田中文科相が期せずしてあぶり出した、腐敗した教育行政の闇

 田中真紀子文部科学相が、新設を申請していた3大学について突如不認可としたことで …

takeshima
朴槿恵氏の大統領就任で韓国経済や日韓関係はどうなるか?

 与党セヌリ党の朴槿恵(パク・クネ)候補が大統領に選出されたことで、韓国はどのよ …

George Washington02
米経済誌が在日米軍の段階的撤退論を掲載。内容は冷静で、かなり客観的

 米経済誌ウォール・ストリート・ジャーナルは5月10日、「米軍は日本からの撤退を …

sharp
シャープがまさの赤字転落。だがこの事態は昨年からすでに予想されていた

 業績回復のメドが立ったと思われていたシャープに再び暗雲が漂っている。2015年 …

putinrussia
ロシアによるクリミア編入宣言。その背景とアジア地域で想起される事態

 ロシアのプーチン大統領は2014年3月18日、クリミアをロシアに編入する条約に …

rap01
イスラム過激主義者はなぜかラップが大好き

 パキスタンで9日、イスラム武装勢力タリバンを批判するブログを執筆していた14歳 …

seisansei
あまりにも低い日本の生産性。労働経済白書が示す衝撃的な現実

 厚生労働省は2016年9月30日、2016年版の労働経済白書を公表した。日本の …

mof02
2014年度予算編成作業が大詰め。焦点は税収上振れ分の取り扱い

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えている。自民党への政権交代によって、大 …

h2a
偵察衛星打ち上げに成功。スタートから10年でようやく常時運用体制が整う

 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、政府の情報収集衛星「レー …

euhonbu
EUが太陽光パネルのダンピングで中国と和解。大きな混乱はない模様

 中国製の太陽光パネルが不当に安く販売されているとして、欧州連合(EU)が反ダン …