ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ドイツと米国の金利が急上昇。金利正常化プロセスなのか市場の混乱か?

 

 このところ各国の金利が急上昇している。4月中旬にはゼロ%まで近づいたドイツの長期金利は4月後半から急騰、6月に入って0.89%まで上昇した。ドイツの金利上昇を受け米国の長期金利も上昇している。

ecb201506

 現在、ECB(欧州中央銀行は)は量的緩和策の最中であり、ECBによる買い圧力で低金利が続いてきた。だがドイツの経済が好調であることや、ギリシャ問題が最悪の結果にならないとの観測が強まったことなどから、金利は上昇を始めている。

 米国はすでに量的緩和を終了しており、年内に利上げを実施する段取りとなっているが、一方で足元の景気鈍化を懸念する声も出ており、利上げの時期については微妙な状況にある。ドイツと米国の金利上昇はこれまでの低金利に対する反動なのか、両国の景気回復を織り込んだものなのか、市場は判断が付かずにいる。

 IMFのラガルド専務理事は5日、米国の利上げについて、来年まで先延ばしする方が経済にとってプラスであると異例の発言を行ったほか、ECBのドラギ総裁も、ボラティリティが高くなることに市場は対応する必要があるとの見解を示している。両氏もある意味で、十分な判断が付かない状況となっているのかもしれない。

  量的緩和策はいってみればデフレの輸出であり、為替を通じて実質的に米国にデフレ圧力を押し付けている。金利の上昇は、米国経済がこれらをすべて吸収し、さらに成長フェーズに入ったことを意味しているのかもしれないが、これまでの市場の動きに対する修正とも解釈できる。

 もし前者だとすれば、FRBの金利引き上げは市場の後追いとなり、ドイツの金利もファンダメンタルを反映したものとなる。逆に後者だとすれば、為替が円高に振れることも考えられるし、ドイルの国債は急激に買い戻されることになるかもしれない。

 4~6月期における米国の景気動向や、欧州全体の状況が見極められないと、市場も明確な方向性を見いだせないだろう。その意味で、ボラタイル(動きの激しい)な市場に慣れる必要があるとのドラギ総裁の発言は正しいかもしれない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

pplane
近い将来、タクシー感覚で乗れる航空輸送サービスが登場?値段も新幹線並み

 新幹線程度の料金で好きな時にタクシー感覚で利用できる航空輸送サービスの研究が欧 …

kuroda02
黒田日銀総裁が、現在の政府債務は持続不可能と財務官僚らしい発言。その背景とは?

 日銀の黒田総裁は3月28日、参院財政金融委員会において、「政府債務のGDP費が …

okane201407
最低賃金は16円引き上げで780円に。生活保護との逆転現象は解消

 最低賃金の引き上げについて議論していた厚生労働省の審議会は2014年7月29日 …

kosakukiki
製造業の設備投資がようやく回復基調に。だが実態は米国景気に依存した綱渡り

 内閣府は11月13日、9月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電 …

tosho02
日経平均大暴落。常識で考えれば一時的な下落だが、そうとは言い切れない面も

 5月23日の日経平均株価は前日比1143円28銭安の1万4483円98銭と大幅 …

bukkajoushou
2%の物価目標は射程距離内。輸入インフレでも脱デフレは脱デフレ?

 総務省は9月27日、8月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

merukeru00
ドイツ要人が相次いで日本の円安政策を批判。基本的には国内向けなのだが・・・

 ドイツのメルケル首相は24日、スイスのダボス会議において、日本が進める為替政策 …

jrhokkaido
火災事故対応から、速度低下と本数減少に踏み切ったJR北海道の決断は妥当か?

 JR北海道は9月4日、11月からのダイヤ改正において、札幌と主要都市間を結ぶ特 …

cupnoodle
円安をきっかけに各業界で値上げ続々。輸入価格主導でもう一段の物価高に

 急速に進行した円安をきっかけに各業界で続々と値上げが発表されている。輸入物価の …

hitachi
日立が保守的な中期経営計画を発表。堅実だがやはりガラパゴスの印象は否めず

 日立製作所は5月16日、2016年3月期に売上高10兆円、当期純利益3500億 …