ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ドイツと米国の金利が急上昇。金利正常化プロセスなのか市場の混乱か?

 

 このところ各国の金利が急上昇している。4月中旬にはゼロ%まで近づいたドイツの長期金利は4月後半から急騰、6月に入って0.89%まで上昇した。ドイツの金利上昇を受け米国の長期金利も上昇している。

ecb201506

 現在、ECB(欧州中央銀行は)は量的緩和策の最中であり、ECBによる買い圧力で低金利が続いてきた。だがドイツの経済が好調であることや、ギリシャ問題が最悪の結果にならないとの観測が強まったことなどから、金利は上昇を始めている。

 米国はすでに量的緩和を終了しており、年内に利上げを実施する段取りとなっているが、一方で足元の景気鈍化を懸念する声も出ており、利上げの時期については微妙な状況にある。ドイツと米国の金利上昇はこれまでの低金利に対する反動なのか、両国の景気回復を織り込んだものなのか、市場は判断が付かずにいる。

 IMFのラガルド専務理事は5日、米国の利上げについて、来年まで先延ばしする方が経済にとってプラスであると異例の発言を行ったほか、ECBのドラギ総裁も、ボラティリティが高くなることに市場は対応する必要があるとの見解を示している。両氏もある意味で、十分な判断が付かない状況となっているのかもしれない。

  量的緩和策はいってみればデフレの輸出であり、為替を通じて実質的に米国にデフレ圧力を押し付けている。金利の上昇は、米国経済がこれらをすべて吸収し、さらに成長フェーズに入ったことを意味しているのかもしれないが、これまでの市場の動きに対する修正とも解釈できる。

 もし前者だとすれば、FRBの金利引き上げは市場の後追いとなり、ドイツの金利もファンダメンタルを反映したものとなる。逆に後者だとすれば、為替が円高に振れることも考えられるし、ドイルの国債は急激に買い戻されることになるかもしれない。

 4~6月期における米国の景気動向や、欧州全体の状況が見極められないと、市場も明確な方向性を見いだせないだろう。その意味で、ボラタイル(動きの激しい)な市場に慣れる必要があるとのドラギ総裁の発言は正しいかもしれない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

usakoyoutoukei201702
良好な米雇用統計で、3月利上げの確率がさらに高まる。資産縮小論の可能性も

 米労働省は2017年3月10日、2月の雇用統計を発表した。代表的な指標である非 …

marugen
丸源ビルのオーナーが検察を徹底批判。死んだら全財産を国に寄贈の考えは変わったか?

 銀座などの歓楽街で「丸源ビル」を展開する不動産グループの経営者で、脱税容疑で逮 …

winefund
国内唯一のワインファンド会社が破産。投資家には虚偽報告の可能性

 ワイン投資ファンドを運営する株式会社ヴァンネットが東京地裁に自己破産を申請した …

bouekitoukei201307
7月の貿易統計は赤字拡大。そろそろ貿易赤字を前提にした産業政策を議論すべき時

 財務省は8月19日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

usakoyoutoukei201601
米雇用統計は大幅減だが、失業率低下と賃金上昇でインフレ圧力も高い

 米労働省は2016年2月5日、1月の雇用統計を発表した。代表的な指標である非農 …

jinkouchino
学会誌の女性イラスト事件から考える、オープンな現代社会を生き抜く知恵

 人工知能学会は2014年1月9日、1月発行の同学会誌表紙に掲載された女性のイラ …

skymark
スカイマークの制服について組合が政府に指導を求めるってどういうこと?

 スカイマークが新型機就航のキャンペーンとして導入したスカート丈の短い制服が物議 …

zangyou
米国人は仕事中毒?休暇中もノートパソコンを叩く人が増加中

 米国では休暇先にパソコンを持ち込み、仕事をする人が増えているという。日本では残 …

sebunsuzu
物言う株主がセブンの世襲人事観測に警鐘。会社側は否定しているが・・・

 物言う株主として知られる米ヘッジファンド運営会社サード・ポイントが、セブン&ア …

kosakukiki
製造業の設備投資がようやく回復基調に。だが実態は米国景気に依存した綱渡り

 内閣府は11月13日、9月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電 …