ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ドイツと米国の金利が急上昇。金利正常化プロセスなのか市場の混乱か?

 

 このところ各国の金利が急上昇している。4月中旬にはゼロ%まで近づいたドイツの長期金利は4月後半から急騰、6月に入って0.89%まで上昇した。ドイツの金利上昇を受け米国の長期金利も上昇している。

ecb201506

 現在、ECB(欧州中央銀行は)は量的緩和策の最中であり、ECBによる買い圧力で低金利が続いてきた。だがドイツの経済が好調であることや、ギリシャ問題が最悪の結果にならないとの観測が強まったことなどから、金利は上昇を始めている。

 米国はすでに量的緩和を終了しており、年内に利上げを実施する段取りとなっているが、一方で足元の景気鈍化を懸念する声も出ており、利上げの時期については微妙な状況にある。ドイツと米国の金利上昇はこれまでの低金利に対する反動なのか、両国の景気回復を織り込んだものなのか、市場は判断が付かずにいる。

 IMFのラガルド専務理事は5日、米国の利上げについて、来年まで先延ばしする方が経済にとってプラスであると異例の発言を行ったほか、ECBのドラギ総裁も、ボラティリティが高くなることに市場は対応する必要があるとの見解を示している。両氏もある意味で、十分な判断が付かない状況となっているのかもしれない。

  量的緩和策はいってみればデフレの輸出であり、為替を通じて実質的に米国にデフレ圧力を押し付けている。金利の上昇は、米国経済がこれらをすべて吸収し、さらに成長フェーズに入ったことを意味しているのかもしれないが、これまでの市場の動きに対する修正とも解釈できる。

 もし前者だとすれば、FRBの金利引き上げは市場の後追いとなり、ドイツの金利もファンダメンタルを反映したものとなる。逆に後者だとすれば、為替が円高に振れることも考えられるし、ドイルの国債は急激に買い戻されることになるかもしれない。

 4~6月期における米国の景気動向や、欧州全体の状況が見極められないと、市場も明確な方向性を見いだせないだろう。その意味で、ボラタイル(動きの激しい)な市場に慣れる必要があるとのドラギ総裁の発言は正しいかもしれない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

kojinjigyonusi
個人経営の事業所の8割は後継者がおらず、パソコンの導入がほとんど進んでいない

 総務省は2015年7月10日、2014年の個人企業経済調査(構造編)の結果を発 …

kiuchi
黒田新体制で役回りが激変した日銀の木内審議委員。孤高の慎重論を貫けるか?

 日銀による異次元の量的緩和策を決めた4月4日の政策決定会合では、黒田総裁の提唱 …

orandoshukinpei
中国がチベット問題を黙認するオランド大統領に対して、最大級のもてなしを実施

 フランスのオランド大統領は4月25日、中国を訪問し、北京の人民大会堂で習近平国 …

kurodashirakawa
実は似た者同士?正反対といわれる黒田、白川両総裁には共通の目的があった?

 従来の日銀とはまったく異なる異次元の金融政策を打ち出した黒田総裁は、前総裁の白 …

keizaizaisei201511
GDP600兆円の具体策について議論始まる。最終的には3%の賃上げで実現?

 安倍首相が「新三本の矢」で掲げた名目GDP600兆円の目標について、その具体策 …

jutakugai
低所得者層でなぜか持ち家比率が急増。そのカラクリはつまらない話だった

 持ち家を購入する世帯が増加していることが総務省の家計調査で明らかになった。20 …

abeseichou02
安倍首相が成長戦略第2弾を発表。規制緩和を掲げるも消極的な印象。焦点は特区構想へ

 安倍首相は5月17日、都内で講演し企業の設備投資を年間70兆円台に回復させるこ …

pccw
外国人投資家による都心の不動産取得が相次ぐ。本当に需要はあるのか?

 東京の不動産市場が活況を呈している。円安によって外国人投資家による買いが増加し …

abe
安倍総裁が金融政策に関する発言を全面撤回。無邪気な政治家が空けたパンドラの箱

 自民党は21日、次期衆院選の政権公約を正式発表した。この席で安倍総裁は、自身の …

facebookmobile
フェイスブックはスマホ広告が堅調で過去最高益。ただし北米依存の状況はあまり変わらず

 SNS最大手の米フェイスブックは2014年7月23日、2014年4~6月期の決 …