ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

5月の米雇用統計は予想外に良好。景気の停滞はやはり一時的?

 

 米労働省が発表した5月の雇用統計は、市場予想を大幅に上回る結果となった。このところ米国経済については、相反する2つの見解が出ていたが、伸びが鈍化しているという懸念を払拭する材料がひとつ増えたことになる。市場では、早期利上を予想する声が再び高まってきている。

usakoyoutoukei201505

 米労働省は2015年6月5日、5月の雇用統計を発表した。 非農業部門の雇用者数は前月比28万人増となり、予想を大幅に上回った。
 米国では新規雇用者数の増加が20万人を超えていると好景気とみなされる。このところ、雇用者数の増加が20万人を大きく超える月が連続しており、米国景気は好調というのが基本認識となっていた。しかし、3月の統計では異変が起き、新規雇用者数が11万9000人と大幅に減少してしまった。

 この結果については、厳冬や西海岸の港湾ストが原因であり一時的なものとする見方と、米国経済の成長が鈍化していることのサインとする見方の2つがあった。だが4月は22万1000人、5月は28万人と順調に回復したことや、3カ月の平均が20万人を超えたことから、少なくとも労働市場という側面では、停滞は一時的なものだったと認識されたことになる。

 この結果を受けて為替市場ではドル高が進み、一時は1ドル=125円74銭となった。当然のことながら、市場では早期利上げを予想する声が高まっているが、ドイツや米国の長期金利はすでに上昇しており、ここで利上げに踏み切ると、市場へのインパクトが大きくなりすぎる。一方で、景気の先行きに関する慎重な見方も残っており、判断が難しい状況となっている。

 失業率は5.5%と前月から0.1ポイント上昇しているが、これは求職者が大幅に増えたことが原因であり、市場ではポジティブに受け止められている。また、就業者の数も順調に増えている。利上げのタイミングはともかく、雇用全般がよい方向に向かっていることだけは間違いないだろう。

 - 政治, 社会, 経済 ,

  関連記事

itochu
伊藤忠が取り組む業務朝型化の本質は、フレックス制度の廃止にある

 伊藤忠商事は8月2日、社員の朝型化を目指して、勤務体系の見直しを行うと発表した …

no image
ルネサスの早期退職に希望者殺到。支払うお金がなくなっちゃった!

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスの早期退職プログラムに7511人 …

abe20150512
政府の財政健全化計画。増税は封印し、高い経済成長に依存するプランへ

 財政健全化計画策定に向けた政府内の議論が活発になっている。安倍首相は2015年 …

gajoen
都心部で大型不動産をめぐるマネーの動きが活発化。ようやくバブルの闇が消える?

 東京の不動産取引が活発になってきている。量的緩和策によるインフレ期待を背景に、 …

businessman02
2016年1~3月期GDPはプラス転換だが、うるう年効果が大きく実質ゼロ成長

 内閣府は2016年4月18日、2016年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

chansonteku
粛正された北朝鮮No2チャン・ソンテク氏の連行場面は、わざわざ撮影された?

 北朝鮮のナンバー2であった張成沢(チャンソンテク)国防委員会副委員長が粛正され …

nichigin03
日銀が保有する国債は政府債務から切り離せるのか?

 日銀の量的緩和策の是非や政府債務をめぐる論争が活発になってきている。きっかけは …

suti
ミャンマーで大規模な人権弾圧が発生。だが大統領になりたいスーチー氏はこれを無視

 民主化と経済開放が進んでいるはずのミャンマーで、仏教徒による大規模なイスラム少 …

ouyou
総勢180名の財界訪中団が汪洋副首相と会談。だがトップ2との会談は実現せず

 安倍政権発足後、最大規模となる財界訪中団は11月19日、北京市内において汪洋副 …

gmwalmart
GMとウォルマートの新CEOはまさにサラブレット。「好き」を仕事にして大成功!

 米国の超巨大企業における新CEOの経歴に大きな注目が集まっている。自動車大手の …