ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

1~3月期のGDP改定値は設備投資の増加で上方修正。今後のカギは為替

 

 内閣府は2015年6月8日、2015年1~3月期のGDP(国内総生産)改定値を発表した。物価の影響を除いた実質でプラス1.0%、年率換算ではプラス3.9%となった。速報値ではプラス0.6%(年率換算で2.4%)だったので、事前の予想通り、上方修正となった。

setubitousi

 GDPはまず速報値が発表され、20日程度の期間を置いて改定値が発表される。速報値には主に供給側のデータが用いられるが、改定値には需要側の数値も反映されることになる。
 設備投資の金額については、法人企業統計の結果が改定値に用いられるので、この数値を見れば、改定値の状況はある程度推測することができる。

 1~3月期の法人企業統計は、企業の設備投資額が前年同期比7.3%増の13兆1294億円と比較的高い伸びとなった。GPD改定値の算出に使われる「ソフトウェアを除く設備投資」も、季節調整済みの前期比で5.8%だったことから、多くのエコノミストが改定値の上方修正を予測していた。

 改定値では企業の設備投資がプラス0.4%からプラス2.7%に大幅上方修正された。好調な米国経済を背景に、自動車などの販売が伸びており、国内にもそれが波及してきた格好だ。

 個人消費や住宅など、民需における設備投資以外の項目はほとんど変化がなく、政府支出などの官需や輸出入も同様となっている。基本的に設備投資の増加がそのままGDP全体の増加に寄与している。

 これまで日本のGDPは、落ち込む個人消費を公共事業がカバーするという図式が続いていた。しかし1~3月期は、個人消費や企業の設備投資など、民需が成長を主導する形となっている。この傾向が今後も続くようであれば、自律的な景気回復の道筋も見えてくるはずだ。

 ただ、企業の業績が踊り場に差し掛かっている兆候もある。1~3月期における全産業の売上高は前年同期比0.5%減の343兆5978億円にとどまった。経常利益も製造業では1.3%の減少である。
 このところ急激に円安が進んでいるが、円安は見かけ上、海外で製品を販売する製造業の売上高と利益を増加させる。
 円安傾向が今後も続けば、輸出産業を中心に業績の踊り場を回避できるかもしれないが、輸入物価の上昇は個人消費を冷やしてしまう可能性もある。今後の成長は再び為替に大きく依存することになる。

 - 経済 , , ,

  関連記事

plazuma
パナソニックが上海工場を閉鎖。ようやくプラズマから撤退を決断

 パナソニックが、中国・上海にあるプラズマテレビ組立工場を閉鎖する。すでに生産は …

jutakugai
再来年に迫った相続税増税で住宅保有者は大慌て。だが今後も資産課税強化は続く

 2015年1月に迫った相続税の増税が住宅保有層における懸案事項になってきている …

toshiba01
東芝が第三者委員会の設置を決定。不適切な会計処理は全社的な問題に拡大

 東芝の不適切な会計処理が全社的な問題に拡大している。同社は2015年5月13日 …

setubitousi
政府与党内で減税論議が本格化。設備投資減税が中心だが場合によっては法人減税も

 9月になり、秋の臨時国会が視野に入り始めたことで、政府与党内における減税論議が …

abe20141021b
消費低迷で高まる増税先送り論。だが現実には決断は困難?

 消費の低迷が顕著になってきたことから、消費税の10%増税に反対する声が高まって …

businessman
4~6月期GDPは予想通り年率マイナス6.8%と大幅減少。焦点は今後の動向へ

 内閣府は2014年8月13日、2014年4~6月期の国内総生産(GDP)速報値 …

suga
消費税増税の決定は9月9日のGDP改定値で。財務省の筋書き通り数値は良好?

 自民党の参院選圧勝をうけて、消費税増税決定のタイミングに注目が集まり始めている …

kurodadenki
旧村上ファンドによる株主提案が可決。株主総会の光景は大きく変わった

 会社提案の議案が次々と可決されるだけの「シャンシャン総会」が当たり前だった日本 …

erupida
全国の倒産件数は過去20年で最低。政府の延命策と復興需要に完全に依存

 東京商工リサーチは2012年の全国企業倒産状況を発表した。それによると、倒産件 …

dentaku
家計の金融資産は1年で3割近くも減少。厳しい現実に庶民が身を守る方法はあるのか?

 日本人はますます貧乏になっている。多くの人が何となく感じていたものは、やはり現 …