ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

1~3月期のGDP改定値は設備投資の増加で上方修正。今後のカギは為替

 

 内閣府は2015年6月8日、2015年1~3月期のGDP(国内総生産)改定値を発表した。物価の影響を除いた実質でプラス1.0%、年率換算ではプラス3.9%となった。速報値ではプラス0.6%(年率換算で2.4%)だったので、事前の予想通り、上方修正となった。

setubitousi

 GDPはまず速報値が発表され、20日程度の期間を置いて改定値が発表される。速報値には主に供給側のデータが用いられるが、改定値には需要側の数値も反映されることになる。
 設備投資の金額については、法人企業統計の結果が改定値に用いられるので、この数値を見れば、改定値の状況はある程度推測することができる。

 1~3月期の法人企業統計は、企業の設備投資額が前年同期比7.3%増の13兆1294億円と比較的高い伸びとなった。GPD改定値の算出に使われる「ソフトウェアを除く設備投資」も、季節調整済みの前期比で5.8%だったことから、多くのエコノミストが改定値の上方修正を予測していた。

 改定値では企業の設備投資がプラス0.4%からプラス2.7%に大幅上方修正された。好調な米国経済を背景に、自動車などの販売が伸びており、国内にもそれが波及してきた格好だ。

 個人消費や住宅など、民需における設備投資以外の項目はほとんど変化がなく、政府支出などの官需や輸出入も同様となっている。基本的に設備投資の増加がそのままGDP全体の増加に寄与している。

 これまで日本のGDPは、落ち込む個人消費を公共事業がカバーするという図式が続いていた。しかし1~3月期は、個人消費や企業の設備投資など、民需が成長を主導する形となっている。この傾向が今後も続くようであれば、自律的な景気回復の道筋も見えてくるはずだ。

 ただ、企業の業績が踊り場に差し掛かっている兆候もある。1~3月期における全産業の売上高は前年同期比0.5%減の343兆5978億円にとどまった。経常利益も製造業では1.3%の減少である。
 このところ急激に円安が進んでいるが、円安は見かけ上、海外で製品を販売する製造業の売上高と利益を増加させる。
 円安傾向が今後も続けば、輸出産業を中心に業績の踊り場を回避できるかもしれないが、輸入物価の上昇は個人消費を冷やしてしまう可能性もある。今後の成長は再び為替に大きく依存することになる。

 - 経済 , , ,

  関連記事

nichigin02
円安をめぐって日銀と政府・財界に温度差。追加緩和か物価目標修正か?

 急激に進む円安をめぐって、日銀と政府・財界に温度差が出てきている。今後の金融政 …

monhiru
公的年金を運用するGPIFが、とうとう赤字運用に転落。今後の年金は株価次第?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年8月2 …

businessman04
営業マンも残業代ナシ?ホワイトカラーエグゼンプションに続いて裁量労働制の拡大へ

 働く時間を社員が柔軟に決めることができる裁量労働制の対象が広がる公算が高まって …

no image
マネー誌の予想的中ランキング。予想通り日経マネーが最下位

 マネー誌の中でどの雑誌の株価予想が一番当たるのかを検証したプレジデントの記事が …

ginkoyusi
とうとうマイナスに転じた都市銀の貸し出し。アベノミクスは逆回転を開始?

 大手銀行の貸し出しが45カ月ぶりに減少に転じた。日銀が大量に資金を供給している …

nichigin02
日銀が今回の決定会合で追加緩和に言及しなかった理由

 日銀は2014年1月22日、金融政策決定会合を開催し、昨年4月から実施している …

euhonbu00
EUで銀行同盟成立に向けた第一歩がスタート。薄れていく加盟国の国家主権

 EU(欧州連合)は2013年12月20日、ユーロ圏内で銀行の破綻処理を一元化す …

ur
URの杜撰な事業が浮き彫りにする、官に依存した日本経済の麻薬中毒的体質

 「日本経済の復活」「大胆な規制緩和」といった安倍政権の輝かしいキャッチフレーズ …

kousakukiki
7月の機械受注は横ばい。設備投資が本当に回復しているのかはまだ確認できない状況

 内閣府は9月12日、7月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投資 …

ibmwatson
人工知能の事業化が本格的にスタート。日本がこの分野で不利である最大の理由

 人工知能の事業化が急ピッチで進みそうな状況になってきた。米IBMは2014年1 …