ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

1~3月期のGDP改定値は設備投資の増加で上方修正。今後のカギは為替

 

 内閣府は2015年6月8日、2015年1~3月期のGDP(国内総生産)改定値を発表した。物価の影響を除いた実質でプラス1.0%、年率換算ではプラス3.9%となった。速報値ではプラス0.6%(年率換算で2.4%)だったので、事前の予想通り、上方修正となった。

setubitousi

 GDPはまず速報値が発表され、20日程度の期間を置いて改定値が発表される。速報値には主に供給側のデータが用いられるが、改定値には需要側の数値も反映されることになる。
 設備投資の金額については、法人企業統計の結果が改定値に用いられるので、この数値を見れば、改定値の状況はある程度推測することができる。

 1~3月期の法人企業統計は、企業の設備投資額が前年同期比7.3%増の13兆1294億円と比較的高い伸びとなった。GPD改定値の算出に使われる「ソフトウェアを除く設備投資」も、季節調整済みの前期比で5.8%だったことから、多くのエコノミストが改定値の上方修正を予測していた。

 改定値では企業の設備投資がプラス0.4%からプラス2.7%に大幅上方修正された。好調な米国経済を背景に、自動車などの販売が伸びており、国内にもそれが波及してきた格好だ。

 個人消費や住宅など、民需における設備投資以外の項目はほとんど変化がなく、政府支出などの官需や輸出入も同様となっている。基本的に設備投資の増加がそのままGDP全体の増加に寄与している。

 これまで日本のGDPは、落ち込む個人消費を公共事業がカバーするという図式が続いていた。しかし1~3月期は、個人消費や企業の設備投資など、民需が成長を主導する形となっている。この傾向が今後も続くようであれば、自律的な景気回復の道筋も見えてくるはずだ。

 ただ、企業の業績が踊り場に差し掛かっている兆候もある。1~3月期における全産業の売上高は前年同期比0.5%減の343兆5978億円にとどまった。経常利益も製造業では1.3%の減少である。
 このところ急激に円安が進んでいるが、円安は見かけ上、海外で製品を販売する製造業の売上高と利益を増加させる。
 円安傾向が今後も続けば、輸出産業を中心に業績の踊り場を回避できるかもしれないが、輸入物価の上昇は個人消費を冷やしてしまう可能性もある。今後の成長は再び為替に大きく依存することになる。

 - 経済 , , ,

  関連記事

bananki
バーナンキFRB議長の議会証言。QE3早期終了は否定したが、年内の縮小開始を示唆

 米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は5月22日、米議会で証言し量的 …

okane003
日本の対外純資産が円安で大幅増大。今後の課題は投資利回りの向上だ

 財務省は5月28日、2012年末の対外資産・負債残高を発表した。それによると日 …

tosho002
「賃上げETF」がいよいよ上場へ。投信会社にとっては確実に売れるオイシイ商品

 積極的に賃上げや設備投資を行う企業の株式を組み込んだETF(上場投資信託)が上 …

no image
エアバスと防衛大手BAEの合併案に異論噴出!頓挫する可能性も

 欧州航空大手エアバスの親会社EADSと英防衛大手BAEシステムズの経営統合に、 …

googlekesan201303
Googleの7~9月期決算に見る、スマホ時代におけるネット広告の行方

 ネット検索最大手の米グーグルは10月17日、7~9月期の決算を発表した。売上高 …

taxi
タクシーの規制強化。それは本当に運転手の待遇改善を目的としているのか?

 与党と民主党は、タクシーの台数制限を義務づける「タクシーサービス向上法案」に合 …

frb
FRBが利上げを見送り。今後の焦点は労働市場ではなくインフレ率

 FRB(連邦準備制度理事会)は2015年9月17日に開催したFOMC(連邦公開 …

bouekitoukei201310
貿易赤字の金額がジワジワと拡大。その先に見えてくるのは経常赤字への転落

 財務省は11月20日、10月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた …

businessman
給料の世代間格差に変化の兆しが。高齢者以外は結局皆同じに?

 賃金など労働者の待遇に中高年と若年層で格差があることは以前から指摘されているが …

london02
EU離脱の国民投票が終了。結果がどうなるにせよ英国にとってメリットは少ない

 EU(欧州連合)からの離脱の是非を問う英国の国民投票が終了した。大勢は24日の …