ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

小沢一郎氏の無罪が最終確定。一連の裁判は日本の民主主義の薄っぺらさを露呈した

 

 「国民の生活が第一」の小沢一郎代表に対する裁判で小沢氏の無罪が最終確定した。小沢被告を無罪とした東京高裁の判決に対し、検察 官役の指定弁護士は19日、最高裁への上告を最終的に断念した。約1年10カ月の期間を経て、小沢氏の正式な無罪が確定した。

 1審の東京地裁の判決では、政治資金収支報告書へのうその記載について、「小沢代表に違法性の認識がなかった可能性がある」と指摘していた。東京高裁も、これにならって指定弁護士の控訴を棄却していた。指定弁護士の大室俊三弁護士は記者会見を開き、上告を断念する理由として「事実誤認だけを理由にする上告は妥当ではない」との考えを述べた。

 今回の裁判は検察が不起訴としたものの、検察審査会という組織が2度にわたって小沢氏起訴を決議したことで強制起訴された珍しいケース。
 検察審査会は検察だけが持つ起訴権限に「民意」を反映させる目的で設置されたといわれている。だが審査員の人選や審査プロセスが非公開で進められ、一部では起訴に踏み切れなかった検察の意向が強く働いているのではないかという疑問の声も出ていた。

 検察審査会の内実はともかくとして、不起訴になった国会議員(しかも首相候補と呼ばれた重要人物)が2年弱も刑事被告人としての立場を強制されたという事実は重く受け止める必要がある。

 国会議員は普通の公務員とは根本的に立場が異なる。選挙で国民から選ばれ、法律というこの国の根幹となるルールを作成する権限を与えられた人たちである。三権分立という言葉があるが、ある意味でこれは正しくない。本来は立法権がもっとも上位にくるべきものだ。行政や司法という現実の権力(暴力を伴う)が立法権を奪うような事態が起これば、それは即、民主主義の死を意味するからである。

 極論すると、どんなに「悪い」政治家であっても、行政による逮捕、司法による断罪は最後の最後にしなければならない。国会議員への断罪は選挙での落選をもって行うべきものだ。それが本当の三権分立である。その意味で今回の小沢氏の一連の裁判は、日本の民主主義の薄っぺらさを露呈した一種の「暗黒裁判」といってよいだろう。

 - 政治, 社会

  関連記事

gpif201306
年金運用改革の最終報告書まとまる。国内の景気対策に年金が利用される危険性も

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は11月20日、国債を中心とした従 …

osensui
トリチウム汚染をめぐる危険性の論争は、今となっては不毛な争いだ

 汚染水漏れが指摘されている福島第一原子力発電所のタンク付近の井戸水から、高濃度 …

pakuobama
朴槿恵大統領とオバマ大統領が初会談。双方に警戒感があり、様子見に終始

 訪米中の韓国の朴槿恵大統領は5月7日、ホワイトハウスでオバマ米大統領と初の首脳 …

kougousama
民主主義の大切さを訴えた皇后陛下による異例の発言をどう解釈すべきか?

 このところ、皇室と民主政治をめぐって、これまでにはなかったような出来事が相次い …

abe20141017
日中首脳会談に向けて調整始まる。一方ロシアは天然ガスで日本に秋波

 11月に北京で開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)において、日中首脳 …

orandojoyu
オランド仏大統領の女優密会報道から考える、権力者に対するタブーと民主主義

 フランスの芸能誌がオランド大統領と女優ジュリー・ガイエさんとの密会写真を掲載し …

kankokuginkou
日本としてはラッキー?失効した日韓通貨スワップ協定を中国が肩代わり

 韓国の中央銀行にあたる韓国銀行6月27日、中国との間で、緊急時に通貨を融通し合 …

abetokku
日本の成長戦略はどう進めるべきなのか?フランスの失敗から学ぶことは多い

 経済活動に対して政府が強く関与するなど日本との共通点が多いフランスの経済政策が …

koyokeiyaku
現実味を帯びる同一労働、同一賃金。結局は若年層正社員の賃下げに?

 これまで導入が極めて難しいといわれてきた、同一労働、同一賃金が現実味を帯びてき …

itskills
勉強はできるが、ITはまるでダメ。OECDの調査結果が示す日本人の課題

 頭はいいはずなのに、日本はなぜか世界で勝負できない。多くの人が漠然と抱いている …