ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

小沢一郎氏の無罪が最終確定。一連の裁判は日本の民主主義の薄っぺらさを露呈した

 

 「国民の生活が第一」の小沢一郎代表に対する裁判で小沢氏の無罪が最終確定した。小沢被告を無罪とした東京高裁の判決に対し、検察 官役の指定弁護士は19日、最高裁への上告を最終的に断念した。約1年10カ月の期間を経て、小沢氏の正式な無罪が確定した。

 1審の東京地裁の判決では、政治資金収支報告書へのうその記載について、「小沢代表に違法性の認識がなかった可能性がある」と指摘していた。東京高裁も、これにならって指定弁護士の控訴を棄却していた。指定弁護士の大室俊三弁護士は記者会見を開き、上告を断念する理由として「事実誤認だけを理由にする上告は妥当ではない」との考えを述べた。

 今回の裁判は検察が不起訴としたものの、検察審査会という組織が2度にわたって小沢氏起訴を決議したことで強制起訴された珍しいケース。
 検察審査会は検察だけが持つ起訴権限に「民意」を反映させる目的で設置されたといわれている。だが審査員の人選や審査プロセスが非公開で進められ、一部では起訴に踏み切れなかった検察の意向が強く働いているのではないかという疑問の声も出ていた。

 検察審査会の内実はともかくとして、不起訴になった国会議員(しかも首相候補と呼ばれた重要人物)が2年弱も刑事被告人としての立場を強制されたという事実は重く受け止める必要がある。

 国会議員は普通の公務員とは根本的に立場が異なる。選挙で国民から選ばれ、法律というこの国の根幹となるルールを作成する権限を与えられた人たちである。三権分立という言葉があるが、ある意味でこれは正しくない。本来は立法権がもっとも上位にくるべきものだ。行政や司法という現実の権力(暴力を伴う)が立法権を奪うような事態が起これば、それは即、民主主義の死を意味するからである。

 極論すると、どんなに「悪い」政治家であっても、行政による逮捕、司法による断罪は最後の最後にしなければならない。国会議員への断罪は選挙での落選をもって行うべきものだ。それが本当の三権分立である。その意味で今回の小沢氏の一連の裁判は、日本の民主主義の薄っぺらさを露呈した一種の「暗黒裁判」といってよいだろう。

 - 政治, 社会

  関連記事

mosado
イスラエルの諜報機関モサドが「ネット」で人材募集。スパイ組織が公募に踏み切る事情

 かつては世界最強ともいわれたイスラエルの諜報機関「モサド」がスパイの募集を開始 …

no image
自民党の次期衆院選候補者は2世だらけ。でも有権者は大喜び?

 次期衆院選を前に候補者の顔ぶれが徐々に明らかになってきているが、自民党の候補者 …

dentsu
労働時間を一気に2割削減するという電通の働き方改革は実現可能か?

 新入社員の過労自殺事件を受け、労働基準法違反で起訴された電通が、労働環境改善に …

100jikan
残業上限は「100時間」それとも「100時間未満」?という不毛な議論

 政府が導入を検討している長時間労働の上限規制について、最終的に「月100時間未 …

George Washington02
米経済誌が在日米軍の段階的撤退論を掲載。内容は冷静で、かなり客観的

 米経済誌ウォール・ストリート・ジャーナルは5月10日、「米軍は日本からの撤退を …

jutakuchuko
既存の住宅インフラを活用する動きが活発化。試される成熟国家「ニッポン」

 既存の住宅インフラを活用する動きが活発になっている。日本はすでに成熟型経済に移 …

ryounei02
中国が2隻目の空母建造を公式に明言。初の空母「遼寧」よりも一回り大型となる見込み

 中国海軍の宋学副参謀長は4月23日、北京で開かれた海軍創立64周年の記念式典に …

roujin02
日本は立派な?年金制度があるのに高齢者貧困率が高いのはなぜか?

 国際連合は10月1日、高齢者の生活水準に関する国際比較調査の結果を発表した。日 …

unonjack
英国のEU離脱。金融危機の可能性はなくなり、具体的な影響を精査するフェーズへ

 英国のEU離脱を決定した国民投票から10日が経過し、市場はとりあえず落ち着きを …

jimintohonbu
自民党が伝統の「党税調」を復活。だが、かつての税制利権につながるとの声も

 自民党が政権に復帰したことをうけて、これまで事実上消滅していた自民党の税制調査 …