ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

これ以上の円安はないという黒田発言の真意は?

 

 日銀の黒田総裁は2015年6月10日、現在の円安水準は行き過ぎとの発言を行った。日銀総裁が相場の水準に言及するのは異例のことであり、為替市場は一気に2円近く円高に戻す展開となった。

kuroda02

 黒田氏は、10日の衆議院財務金融委員会において、実質実効為替レートについて言及し「ここからさらに円安に振れるということは、普通に考えればありそうにない」として、現在の円安は行き過ぎとの見解を示した。
 実質実効為替レートとは、通常の為替レートに物価水準と貿易量を加味したもので、通貨の相対的な実力を測るための指標とされている。
 具体的には、主要な貿易相手国の通貨に対する円相場を指数化し、それぞれの貿易量に応じて加重平均したものに、物価変動分を調整して算出する。

 現実のドル円相場は、1985年のプラザ合意をきっかけに長期的な円高ドル安が進み、1995年には1ドル=80円を割る状況となった。その後、一旦は円安に戻すものの、円は再び上昇を開始し、2011年には再度80円を割る状況まで円高が進んでいる。

 しかし、実質実効レートを見ると様子が異なっている。確かに1995年に円高のピークを迎えているものの、その後、実質実効レートは円安が続いており、現在は1980年代と同じレベルの円安水準になっている。ここ20年、現実の為替レートが円高に振れていたにもかかわらず、実質実効レートでは円安が進んでいたことになる。

 最大の理由は日本の低成長とデフレである。実質実行為替レートでは、インフレ率が低い通貨は、安く計算されることになる。つまり、実質実効レートでは過度の円安という黒田氏の発言は、ウラを返せば現在の日本の物価水準は安すぎる、と言い換えることができる。

 そう考えれば、黒田氏の真意は、相場を円高に戻すことではなく、実質実効レートで過度の円安にならないよう、日本の物価はもっと上がるべきだということになる。

 発言によって為替市場は急激に円高に振れたが、発言の真意が日本のインフレ率にあるならば、円安水準の維持は物価上昇につながるという点が意識されてくるだろう。そうなると、仮に円高に戻ったとしてもそれは一過性という解釈になる。

 - 経済 , ,

  関連記事

toshibakojo
東芝が持ち株会社化を検討との報道。情報開示レベルが低下する懸念も

 経営危機が囁かれる東芝が持ち株会社への移行を検討しているとの報道が出ている。持 …

kaishaho
日本の上場企業はすでに国有企業?懸念されるガバナンス問題

 公的年金による積極的な株式投資の結果、多くの企業で政府が事実上の大株主になって …

businessman03
あまりにも醜い欧州の若年層失業率。では日本はどうなんだ?

 欧州連合は2日、ユーロ圏17カ国およびEU27カ国におけるの2月の失業率を発表 …

kosokudoro02
高速道路無料化は永久に無理?高速3社が老朽化対策に10兆円必要との試算

 高速道路3社(東日本、中日本、西日本)は4月25日、高速道路の老朽化対策に関す …

bananki
本当ならまさに「ヤリ逃げ」。バーナンキ議長続投せずという驚愕報道

 米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が、続投しない可能性が出てきた。 …

singapol
習近平氏はシンガポール型経済システムに着目。だが実現は絶望的?

 新しく中国共産党総書記に就任した習近平氏が、問題山積の中国の現状に対してどのよ …

doitsushoibure
ドイツがとうとう国債の新規発行がゼロに。日本は何を学ぶべきか

 ドイツのショイブレ財務相は2014年9月9日、ドイツ連邦政府の2015年度予算 …

googleoffice
働きがいのある米国の会社ベスト10に毎年ランク入りする会社ってどんな会社?

 米Fortune社は2013年1月、「従業員にとって働きやすい会社ランキング1 …

abeputin201612
大方の予想通り、ゼロ回答に終わった日露交渉。3000億円だけが一人歩き

 安倍首相とロシアのプーチン大統領は2016年12月15・16日、日本において首 …

jinmingen
中国が事実上の通貨切り下げ。米国以外はすべて大規模緩和状態へ

 中国の中央銀行にあたる中国人民銀行は、対ドル為替レートの「基準値」の算出方法を …