ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国がサウジを抜いて世界最大の産油国に。今後、地政学的なバランスは激変する

 

 石油メジャーの英BPは2015年6月10日、2014年のエネルギー統計を発表し、米国がサウジアラビアを抜いて世界最大の産油国になったことを明らかにした。シェールオイルの増産が続いたことが要因。

oilrigtexas

 2014年における米国の原油生産量は1日あたり1164万4000バレルで前年比で15.9%も増加した。昨年までトップだったサウジアラビアは前年比0.9%増の1150万5000バレルで2位となった。3位は昨年と同様ロシアで前年比0.6%増の1083万8000バレルだった。

 米国が石油生産で首位になるのは1975年以来、約40年ぶり。米国の生産量が伸びたのは、当然のことながら米国でシェールオイルの開発が進んだことが原因。2014年は原油価格が1バレル100ドルから50ドル台に一気に下落したが、シェールオイルの増産は続いた。

 米国が世界最大の石油産出国になる意味は大きい。米国は産油国でもあるが、世界最大の石油消費国でもある。全世界の石油消費量のうち2割を米国が消費しており、これまではサウジアラビアなどから石油を大量に輸入していた。

 だがシェールオイルやシェールガスの増産が続いたことで、米国は理論上、近い将来、自国で必要なエネルギーをすべて自給できる計算となる。
 国家戦略上、米国はエネルギーの輸入を停止することはありえないが、米国がエネルギーを他国に頼らなくてもよいという地政学的インパクトは無視できない。

 オバマ政権は中東への関与を極力避け、同地域に展開する軍事力を大幅に縮小させるリバランス戦略を進めている。これはオバマ政権に特有の外交戦略と考えられているが、必ずしもそうとは限らない。

 米国はもはや中東に石油を頼る必要がなく、中東地域の安全保障は米国にとってそれほど重要ではなくなっている。
 米国はかつて、アメリカ大陸のこと以外には基本的に関与しないという、引きこもり政策を採用していた時期があった(モンロー主義)。現在のように各国に軍隊を派遣し、全世界のリーダーとして振る舞っているのは、戦後になってからである。

 エネルギーの自給が可能になったということは、理論的には米国は再びモンロー主義の国に戻ることを可能とするものである。戦後国際秩序の象徴だった米国とイスラエルの関係も今後、変質していくかもしれない。

 グローバル化が進んだ現代において、米国が孤立主義を採用する可能性は現実にはゼロに近い。だが、各地域への積極的な関与が、劇的に減ってしまう可能性については考慮に入れておく必要があるだろう。特に米国の軍事力に安全保障のほとんどを委ねてきた日本のような国はなおさらである。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

wall
米司法当局が金融機関を次々に提訴。民主党系のNY州司法長官はヤル気マンマン

 米国の司法当局が、サブプライム・ローンに絡んで、相次いで金融機関を提訴している …

stigurittuabe
スティグリッツ氏の主張は実はアベノミクスと正反対。それでも来日した理由とは?

 安倍首相が、世界的な経済学者を次々に官邸に呼んで会談を行っている。永田町では消 …

sakuraikeireki
日銀審議委員の櫻井眞氏に経歴詐称疑惑。市場はどう判断するのか?

 日銀の政策委員会メンバーの経歴が問題視されている。金融政策の根幹を担う中央銀行 …

cybermonday
米国経済を占う感謝祭セール。失業率の低下と原油安で出足は絶好調

 米国経済の先行きを占う年末商戦がスタートした。今年の年末商戦は米国景気の回復に …

kokusaishushi201305
5月の国際収支。貿易赤字定着も経常収支プラス維持の傾向が鮮明に

 財務省は7月8日、5月の国際収支を発表した。最終的な国の儲けを示す経常収支は5 …

tanakashuonrai
北朝鮮特使との会談でも実施された、相手を翻弄させる中国の外交テクニック。

 北朝鮮の金正恩第1書記の特使として中国を訪問した朝鮮人民軍総政治局長の崔竜海氏 …

mof03
異例の人事が続く財務省。実際は、通常の人事に戻すための布石か?

 財務省は2016年6月17日、幹部人事を発表した。事務次官だった田中一穂氏の後 …

asakusa
日本に来る外国人観光客の数が諸外国と比べて異常に少ないのはなぜ?

 世界経済フォーラムは3月7日、2013年の旅行・観光競争力ランキングを発表した …

kodomohinkon
子供の貧困が深刻化。根本原因には日本における市場メカニズムの不備がある?

 子供の貧困がより深刻化している。厚生労働省がまとめた2013年国民生活基礎調査 …

billgates
マイクロソフトのトップ交代。ゲイツ氏は退任ではなく、実は現場復帰?

 米マイクロソフトは2014年2月4日、同社のナデラ上級副社長が最高経営責任者( …