ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国がサウジを抜いて世界最大の産油国に。今後、地政学的なバランスは激変する

 

 石油メジャーの英BPは2015年6月10日、2014年のエネルギー統計を発表し、米国がサウジアラビアを抜いて世界最大の産油国になったことを明らかにした。シェールオイルの増産が続いたことが要因。

oilrigtexas

 2014年における米国の原油生産量は1日あたり1164万4000バレルで前年比で15.9%も増加した。昨年までトップだったサウジアラビアは前年比0.9%増の1150万5000バレルで2位となった。3位は昨年と同様ロシアで前年比0.6%増の1083万8000バレルだった。

 米国が石油生産で首位になるのは1975年以来、約40年ぶり。米国の生産量が伸びたのは、当然のことながら米国でシェールオイルの開発が進んだことが原因。2014年は原油価格が1バレル100ドルから50ドル台に一気に下落したが、シェールオイルの増産は続いた。

 米国が世界最大の石油産出国になる意味は大きい。米国は産油国でもあるが、世界最大の石油消費国でもある。全世界の石油消費量のうち2割を米国が消費しており、これまではサウジアラビアなどから石油を大量に輸入していた。

 だがシェールオイルやシェールガスの増産が続いたことで、米国は理論上、近い将来、自国で必要なエネルギーをすべて自給できる計算となる。
 国家戦略上、米国はエネルギーの輸入を停止することはありえないが、米国がエネルギーを他国に頼らなくてもよいという地政学的インパクトは無視できない。

 オバマ政権は中東への関与を極力避け、同地域に展開する軍事力を大幅に縮小させるリバランス戦略を進めている。これはオバマ政権に特有の外交戦略と考えられているが、必ずしもそうとは限らない。

 米国はもはや中東に石油を頼る必要がなく、中東地域の安全保障は米国にとってそれほど重要ではなくなっている。
 米国はかつて、アメリカ大陸のこと以外には基本的に関与しないという、引きこもり政策を採用していた時期があった(モンロー主義)。現在のように各国に軍隊を派遣し、全世界のリーダーとして振る舞っているのは、戦後になってからである。

 エネルギーの自給が可能になったということは、理論的には米国は再びモンロー主義の国に戻ることを可能とするものである。戦後国際秩序の象徴だった米国とイスラエルの関係も今後、変質していくかもしれない。

 グローバル化が進んだ現代において、米国が孤立主義を採用する可能性は現実にはゼロに近い。だが、各地域への積極的な関与が、劇的に減ってしまう可能性については考慮に入れておく必要があるだろう。特に米国の軍事力に安全保障のほとんどを委ねてきた日本のような国はなおさらである。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

chinahodokan00
尖閣は「核心的利益」との中国側発言は確信犯か勇み足か?

 中国外交部(外務省)の華春瑩報道官は4月26日、定例記者会見において、尖閣諸島 …

otukakaguidc
大塚家具、米ファンドが漁夫の利。議決権と配当を確保しつつ、半分を売り抜け

 大塚家具の経営権をめぐり現社長と会長が対立している問題で、大株主である米ブラン …

no image
米大統領選挙戦本格化、スキャンダル合戦始まる

 フロリダ州タンパで共和党大会が開催される。米国はこれから大統領選挙一色になる。 …

shukatsu
就活は4年生からと政府が要請。だが建前を並べたところで、現実問題は解決しない

 政府は、大学生の就職活動の解禁時期を現在の3年生の12月から、4年生の4月に変 …

googlecar02
グーグル2015年4~6月期決算。増収増益だが、更なる成長は自動運転待ち

 米グーグルは2015年7月16日、2015年4~6月期の決算を発表した。広告事 …

nichibeikokki
米国人の対日世論調査の結果。一般人と有識者で隔たりも

 外務省は2014年11月7日、米国における対日世論調査の結果を発表した。調査は …

abe001
エコノミスト誌が安倍首相は多重人格と指摘。それは日本人全体のことを指している

 英国の経済誌エコノミストが、安倍首相が多重人格であるという記事を掲載し、ちょっ …

no image
東国原前宮崎県知事、東京で出馬か?そして海江田万里はどうなる?

 維新の会が衆院選の目玉候補に予定している前宮崎県知事の東国原英夫氏だが、東京で …

osupurei
オスプレイ導入で着々と進む自衛隊の海兵隊化。だがソフト面での覚悟は出来てるのか?

 これまで本土防衛能力だけに特化してきた自衛隊が、徐々に米国海兵隊のような国外展 …

malala
早くも政治家宣言を行ったマララさんは、パキスタンにおけるスーチー氏

 女性が教育を受ける権利を訴えたことでイスラム武装勢力に銃撃され、奇跡的に生還し …