ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国がサウジを抜いて世界最大の産油国に。今後、地政学的なバランスは激変する

 

 石油メジャーの英BPは2015年6月10日、2014年のエネルギー統計を発表し、米国がサウジアラビアを抜いて世界最大の産油国になったことを明らかにした。シェールオイルの増産が続いたことが要因。

oilrigtexas

 2014年における米国の原油生産量は1日あたり1164万4000バレルで前年比で15.9%も増加した。昨年までトップだったサウジアラビアは前年比0.9%増の1150万5000バレルで2位となった。3位は昨年と同様ロシアで前年比0.6%増の1083万8000バレルだった。

 米国が石油生産で首位になるのは1975年以来、約40年ぶり。米国の生産量が伸びたのは、当然のことながら米国でシェールオイルの開発が進んだことが原因。2014年は原油価格が1バレル100ドルから50ドル台に一気に下落したが、シェールオイルの増産は続いた。

 米国が世界最大の石油産出国になる意味は大きい。米国は産油国でもあるが、世界最大の石油消費国でもある。全世界の石油消費量のうち2割を米国が消費しており、これまではサウジアラビアなどから石油を大量に輸入していた。

 だがシェールオイルやシェールガスの増産が続いたことで、米国は理論上、近い将来、自国で必要なエネルギーをすべて自給できる計算となる。
 国家戦略上、米国はエネルギーの輸入を停止することはありえないが、米国がエネルギーを他国に頼らなくてもよいという地政学的インパクトは無視できない。

 オバマ政権は中東への関与を極力避け、同地域に展開する軍事力を大幅に縮小させるリバランス戦略を進めている。これはオバマ政権に特有の外交戦略と考えられているが、必ずしもそうとは限らない。

 米国はもはや中東に石油を頼る必要がなく、中東地域の安全保障は米国にとってそれほど重要ではなくなっている。
 米国はかつて、アメリカ大陸のこと以外には基本的に関与しないという、引きこもり政策を採用していた時期があった(モンロー主義)。現在のように各国に軍隊を派遣し、全世界のリーダーとして振る舞っているのは、戦後になってからである。

 エネルギーの自給が可能になったということは、理論的には米国は再びモンロー主義の国に戻ることを可能とするものである。戦後国際秩序の象徴だった米国とイスラエルの関係も今後、変質していくかもしれない。

 グローバル化が進んだ現代において、米国が孤立主義を採用する可能性は現実にはゼロに近い。だが、各地域への積極的な関与が、劇的に減ってしまう可能性については考慮に入れておく必要があるだろう。特に米国の軍事力に安全保障のほとんどを委ねてきた日本のような国はなおさらである。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

abekenpou
安倍首相が集団的自衛権の議論再開を表明。改憲論者にはむしろ逆風?

 安倍内閣の長期政権化が見えてきたことで、集団的自衛権に関する議論が本格化しつつ …

airlineseat
米国を中心にエコノミー席の幅をより狭くする動き。果たして日本の飛行機は?

 米国の航空会社を中心にエコノミー席の座席をより狭くするケースが増えてきていると …

seiketsudo
世界の汚職調査ランキングが話題に。でもどうやって調べているのか?

 ドイツを本拠地する非政府組織(NGO)トランスペアレンシー・インターナショナル …

usakoyoutoukei201312
米雇用統計は予想を下回る。FRB議長交代もあり、市場は神経質な展開

 米労働省は2014年1月10日、2013年12月の雇用統計を発表した。このとこ …

trumpabe01
日米首脳会談は無難に終了。貿易や為替に関する議論は今後の経済対話に持ち越し

 安倍首相は2017年2月10日、ワシントンのホワイトハウスでトランプ米大統領と …

amakudari
公務員の天下りが大復活。日本経済の貧困化が進行している証拠?

 一時は癒着の温床として批判されてきた公務員の天下りが復活している。背景にあるの …

ouki
中国外相に温家宝首相に近い王毅氏が内定。日中関係への影響は?

 中国の次期外交部長(外務大臣)に、駐日大使の経験のある王毅・国務院台湾事務弁公 …

no image
経済誌のスクープ記事で、アップルの奴隷に成り下がった日本メーカーの実態が明らかに

 週刊ダイヤモンドのアップル特集が話題となっている。iPhoneに部品を供給する …

keitairyoukin
迷走する携帯料金引き下げ問題。日本の劣化を示す象徴的な事例

 携帯料金の見直しに関する議論が激しさを増している。高市早苗総務大臣は、記者団に …

watsonibm
人工知能の本格普及が始まる兆し。これからの時代、知的職業はどう変わるのか?

  米IBMは2014年10月8日、同社の人工知能「ワトソン」を本格普及させるた …