ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

従業員によるCEOランキング、トップはグーグル、2位はナイキ、3位は?

 

 米キャリア情報サイトのGlassdoorは2015年6月9日、従業員が評価するCEO(最高経営責任者)ランキングを発表した。1位になったのはグーグル創業者のラリー・ペイジ氏で97%の支持を獲得した。

raripeiji
 同サイトのランキングは、各社の従業員に対するアンケート結果に基づいている。主観がかなり入る可能性があるが、その分、従業員の生の声も反映されることになる。

 ペイジ氏は昨年は11位だったので大幅な順位の上昇だが、2位に入ったナイキのパーカー氏は昨年はランク外となっている。全体的に順位が激変しているので、むしろ、従業員の間で今年話題になったCEOというくらいに考えるのがよいだろう。

 ペイジ氏は、巨大企業トップの責務と、仕事の面白さのバランスという点で高く評価された。
 グーグルのオフィスは、食事がすべてタダになっているだけでなく、滑り台などの遊具があったり、瞑想スペースがあったりするなど非常にユニークな作りになっている。巨大企業になると、何かと窮屈になることも多いが、ペイジ氏はこのあたりのバランスが非常に絶妙である。

 2位のパーカー氏が率いるナイキも奇抜なオフィスで有名である。社長室は雑貨店と見間違うくらいに様々なオブジェやフィギアが所狭しと並び、壁にはロック・スターであるジミ・ヘンドリックスやキース・リチャーズの巨大ポスターが貼られている。

 3位のバット氏がCEOを務めるHEBは、テキサスを地盤とする地域スーパーで日本ではほとんど知られていない企業である。
 米国ではウォルマートという巨大スーパーが圧倒的な品揃えと安値でシェアを拡大してきたが、HEBはウォルマートと補完関係になるような、比較的質の高い品揃えを行うことで着実にビジネスを展開してきた。従業員の満足度も非常に高く、こうした環境がランキングにも反映したと考えられる。

 ちなみにフェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグ氏は4位(昨年は10位)、アップルCEOのティム・クック氏は10位(昨年は18位)だった。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

ginkou
全銀協が24時間振り込みに対応する方針。最終的なライバルはビットコイン?

 銀行業界が振り込みの24時間対応に向けて動き始めた。もし実現すれば、15時で当 …

usagdp20131012
米国の10~12月期GDPは絶好調。だが新興国が足を引っ張り世界経済の成長は鈍化?

 米国商務省は2014年1月30日、2013年10~12月の国内総生産を発表した …

sandberg201401
政界進出?フェイスブック株大量売却をめぐってサンドバーグCOOの去就に注目が

 SNS大手フェイスブックCOO(最高執行責任者)で、女性の社会進出を唱える活動 …

sonyhirai
ソニーが最悪のタイミングで増資を発表。もはやグローバル企業ではなくなった?

 ソニーが突然、公募増資などによる最大4400億円の資金調達を発表した。業績回復 …

monhiru
公的年金を運用するGPIFが、とうとう赤字運用に転落。今後の年金は株価次第?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年8月2 …

dentsu
電通の広告不正問題。AI社会になれば解決するが、その時に代理店は必要ない?

 広告代理店最大手の電通は2016年9月23日、インターネット上の広告に関して不 …

amazonfire
アマゾンが新スマホを発表。ネットサービスの人工知能化が一気に進む可能性

 米アマゾンは2014年6月18日、同社初のスマホとなる「ファイアフォン」を発表 …

tulip
欧州では移住する農業従事者が増加中。そう簡単ではない農業の競争力強化

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合で日米は合意に至らず、結論は再 …

twitter
ツイッターがとうとう折り返し地点?利用者数の伸びが鈍化し株価は大幅下落

 短文投稿サイトの米ツイッターは2015年7月28日、2015年4~6月期決算を …

intelbaytrail
インテル7~9月期決算。スマホからほぼ完全撤退で、焦点は次の成長分野へ

 半導体世界最大手の米インテルは2014年10月14日、2014年7~9月期の決 …