ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

従業員によるCEOランキング、トップはグーグル、2位はナイキ、3位は?

 

 米キャリア情報サイトのGlassdoorは2015年6月9日、従業員が評価するCEO(最高経営責任者)ランキングを発表した。1位になったのはグーグル創業者のラリー・ペイジ氏で97%の支持を獲得した。

raripeiji
 同サイトのランキングは、各社の従業員に対するアンケート結果に基づいている。主観がかなり入る可能性があるが、その分、従業員の生の声も反映されることになる。

 ペイジ氏は昨年は11位だったので大幅な順位の上昇だが、2位に入ったナイキのパーカー氏は昨年はランク外となっている。全体的に順位が激変しているので、むしろ、従業員の間で今年話題になったCEOというくらいに考えるのがよいだろう。

 ペイジ氏は、巨大企業トップの責務と、仕事の面白さのバランスという点で高く評価された。
 グーグルのオフィスは、食事がすべてタダになっているだけでなく、滑り台などの遊具があったり、瞑想スペースがあったりするなど非常にユニークな作りになっている。巨大企業になると、何かと窮屈になることも多いが、ペイジ氏はこのあたりのバランスが非常に絶妙である。

 2位のパーカー氏が率いるナイキも奇抜なオフィスで有名である。社長室は雑貨店と見間違うくらいに様々なオブジェやフィギアが所狭しと並び、壁にはロック・スターであるジミ・ヘンドリックスやキース・リチャーズの巨大ポスターが貼られている。

 3位のバット氏がCEOを務めるHEBは、テキサスを地盤とする地域スーパーで日本ではほとんど知られていない企業である。
 米国ではウォルマートという巨大スーパーが圧倒的な品揃えと安値でシェアを拡大してきたが、HEBはウォルマートと補完関係になるような、比較的質の高い品揃えを行うことで着実にビジネスを展開してきた。従業員の満足度も非常に高く、こうした環境がランキングにも反映したと考えられる。

 ちなみにフェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグ氏は4位(昨年は10位)、アップルCEOのティム・クック氏は10位(昨年は18位)だった。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

amari02
波紋を呼ぶ消費税還元セール禁止法案。政府がゴリ押しする真意は?

 政府が消費税還元セールの実施を禁止する法案を衆議院に提出したことについて、小売 …

no image
検察の独善性は万国共通?韓国検察が相次ぐ不祥事を受けて改革案を策定中。

 日本と同様、絶大な権限と半ば特権的な立場が許容されている韓国の検察当局が、これ …

aplkessan
中国向けが絶好調のアップル決算。パナやソニーの年間売上高を四半期で突破

 米アップルは2015年1月27日、2014年10~12月期の決算を発表した。売 …

isejingu
式年遷宮に現職首相が84年ぶりに参列。「私人」として参列しなければならない理由とは?

 20年に1度、伊勢神宮の社殿を造り替える式年遷宮のクライマックスとなる「遷御の …

bitcoin
取引所破綻で話題のビットコイン問題を整理する。その本質はどこにあるのか?

 インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の取引サイトを運営するマウントゴック …

cubaclassic car
キューバとの国交正常化で注目される、高級葉巻と米国製クラシックカー

 米国とキューバが国交正常化交渉を開始することになった。経済制裁の解除で各業界に …

no image
受給ギャップ拡大などインチキ。そもそも想定された需要など、もはや存在していない

 内閣府は15日、7~9月期の需給ギャップが4~6月期に比べて5兆円拡大して15 …

no image
韓国ソウルの放射能アルファルト問題。結局住民は大量被曝していた

 昨年11月に韓国ソウル市内のアスファルトから高い放射能が検出された問題で、ソウ …

machikado
景気回復を示す指標が相次ぐ。ただ先行指標は踊り場を入りを示唆?

 景気の回復を示唆する指標が相次いでいる。消費動向調査による消費者心理は5カ月連 …

shuinhonkaigi
衆院でマイナンバー法案が可決。喜んでいるのは国税庁とIT業界だけ?

 衆議院は5月9日、本会議において共通番号(マイナンバー)法案を与党、民主党など …