ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

足元で東大物価指数が急上昇。急激な円安で消費者がとうとう値上げを受け入れ?

 

 足元で物価が再上昇する兆しが見えてきた。東京大学が中心となって作成した東大物価指数が3年ぶりの上昇を示している。急激な円安で事業者側が値上げをしやすくなった可能性がある。

 東大物価指数は、全国の300店舗におけるPOS(販売時点情報管理)システムのデータを用い、日次で物価指数を算出するというもの。
 物価動向の分析には、総務省が発表する消費者物価指数を用いるのが標準的だが、東大物価指数は、POSを使っているので速報性が高く、販売の実態がより詳細に反映されることから、最近注目が高まっている。

bukkajoushou

 同物価指数は、2015年6月8日に前年比でプラス0.78%となった(数値は1週間の平均値)。これは2011年以来の上昇幅である。
 円安による輸入価格の上昇で事業者の利益率は減少が続いていたが、消費者心理が好転しないため、事業者はなかなか値上げに踏み切れなかった(価格をそのまま転嫁できるのは電力会社など、独占的な特権を持つ企業に限られていた)。事業者の中には、価格を据え置き、内容量を減少させる実質値上げで対応してきたところも多い。

 昨年4月の消費増税の前後には、増税分を考慮しても、消費者物価指数は上昇していたが、その後、値上げの動きは縮小。2015年に入ってからは、実質的な物価上昇率はゼロに近い状態が続いていた。

 今回の物価上昇が一時的なものなのかはまだ分からないが、もし継続的なものだとすると円安による心理的影響が大きいかもしれない。
 消費者の多くは、内容量を減少させる実質値上げが続いていることを理解しているが、名目上の値上げは受け入れられなかった。しかし、一時、1ドル=125円台まで達した今回の円安は、消費者の心理を大きく変えた可能性がある。
 消費者が名目上の物価上昇を受け入れ、事業者がその雰囲気を察知した上での値上げということであれば、この動きは今後、加速する可能性がある。

 現実に国内の物価上昇が再スタートした場合、行き過ぎと思われていた為替レートに現実の物価が追い付くことになり、結果的に円安が正当化される。物価動向をしばらく注視しないと確実なことは分からないが、物価と為替を取り巻く環境が大きく変わった可能性は考えておいてよいだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

no image
鴻海精密工業のカリスマ経営者「郭台銘」氏はどんな人物?

 最近その名前をニュースで目にしない日はない、鴻海精密工業のカリスマ経営者、郭台 …

citi
100年の歴史を持つシティバンクの個人部門が日本から撤退

 シティグループが国内の個人向け銀行業務を売却する方針であることが明らかとなった …

fortnox (1)
ドイツでNY連銀に保管されている金塊について疑念の声が高まる。金は存在しない?

 ドイツの中央銀行であるドイツ連邦銀行が保有する金塊について、本当にその量が存在 …

no image
為替市場で円高が進行。投資家の注目が「実質金利」に集中したことが要因?

 為替市場で円安が進んでいる。5日には一時、1ドル=109円台を付けるなど、1年 …

contena
経常収支が2ヶ月連続の赤字。とうとう日本が経常赤字国へ転落するサインか?

 財務省は2月8日、2012年の国際収支を発表した。それによると、経常収支は4兆 …

Mario Draghi
欧州中央銀行がとうとう時間軸政策を採用。FRBや日銀と同じスタンスに

 小康状態が続いていた欧州経済に再び動揺が走っている。これまで5%台で推移してい …

kokusaishushi201401
1月の経常収支は予想通り大幅赤字。アベノミクスに徐々に変化の兆し

 財務省は2014年3月10日、2014年1月の国際収支を発表した。最終的な国の …

kokubohakusho
中国が国防白書を発表。その内容を日本人はどう解釈すべきか?

 中国政府は4月16日、国防白書を発表した。アジア太平洋地域に対する軍事的シフト …

no image
セコムが東電から巨大要塞データセンターを買収。その成否は?

 セコムが東京電力からデータセンターを買収すると日経新聞が報じている。セコムが買 …

okane201407
最低賃金は16円引き上げで780円に。生活保護との逆転現象は解消

 最低賃金の引き上げについて議論していた厚生労働省の審議会は2014年7月29日 …