ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

足元で東大物価指数が急上昇。急激な円安で消費者がとうとう値上げを受け入れ?

 

 足元で物価が再上昇する兆しが見えてきた。東京大学が中心となって作成した東大物価指数が3年ぶりの上昇を示している。急激な円安で事業者側が値上げをしやすくなった可能性がある。

 東大物価指数は、全国の300店舗におけるPOS(販売時点情報管理)システムのデータを用い、日次で物価指数を算出するというもの。
 物価動向の分析には、総務省が発表する消費者物価指数を用いるのが標準的だが、東大物価指数は、POSを使っているので速報性が高く、販売の実態がより詳細に反映されることから、最近注目が高まっている。

bukkajoushou

 同物価指数は、2015年6月8日に前年比でプラス0.78%となった(数値は1週間の平均値)。これは2011年以来の上昇幅である。
 円安による輸入価格の上昇で事業者の利益率は減少が続いていたが、消費者心理が好転しないため、事業者はなかなか値上げに踏み切れなかった(価格をそのまま転嫁できるのは電力会社など、独占的な特権を持つ企業に限られていた)。事業者の中には、価格を据え置き、内容量を減少させる実質値上げで対応してきたところも多い。

 昨年4月の消費増税の前後には、増税分を考慮しても、消費者物価指数は上昇していたが、その後、値上げの動きは縮小。2015年に入ってからは、実質的な物価上昇率はゼロに近い状態が続いていた。

 今回の物価上昇が一時的なものなのかはまだ分からないが、もし継続的なものだとすると円安による心理的影響が大きいかもしれない。
 消費者の多くは、内容量を減少させる実質値上げが続いていることを理解しているが、名目上の値上げは受け入れられなかった。しかし、一時、1ドル=125円台まで達した今回の円安は、消費者の心理を大きく変えた可能性がある。
 消費者が名目上の物価上昇を受け入れ、事業者がその雰囲気を察知した上での値上げということであれば、この動きは今後、加速する可能性がある。

 現実に国内の物価上昇が再スタートした場合、行き過ぎと思われていた為替レートに現実の物価が追い付くことになり、結果的に円安が正当化される。物価動向をしばらく注視しないと確実なことは分からないが、物価と為替を取り巻く環境が大きく変わった可能性は考えておいてよいだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

caterpilar
米キャタピラーの決算を見る限り、世界経済減速の米国への影響は限定的

 米建設機械大手のキャタピラーは2014年10月23日、2014年7~9月期の決 …

robotfunuc
グーグルと鴻海がロボットで提携。困るのはファナックではなく日本の町工場?

 インターネット検索大手のグーグルと台湾の鴻海精密工業がロボット分野で提携を進め …

no image
鴻海が超大型液晶TVを格安で販売。シャープ経営陣に対するプレッシャーか?

 台湾の経済日報は、シャープに出資を検討している台湾の鴻海精密工業が、11月、6 …

thanksgiving01
七面鳥そっちのけ。感謝祭セールに殺到する米国人が支える底堅い個人消費

 米国は現在、感謝祭休日の真っ最中。日本のお盆や正月と同様、実家に帰って家族と過 …

akachan
日本経済が人口減少の影響を受けるのはこれからが本番

 厚生労働省は2014年1月1日、最新の人口動態統計の結果を発表した。それによる …

tosho05
株価の刻み幅を10銭単位に引き下げ。これってどういう意味があるの?

 日本取引所グループが、株価の刻み幅を現在の10分の1に縮小する方向で検討を始め …

no image
米国のネット通販に韓国からのアクセス制限がかかるワケ

 年末商戦真っ最中の米国において、韓国からのインターネット・アクセスが制限され、 …

no image
ソフトバンクによるTモバイル買収が白紙に。時間をかけて再度買収を画策か?

 ソフトバンクの子会社で米携帯電話3位のスプリントは、TモバイルUSの買収を断念 …

tosho05
個人投資家向けの優遇税制(日本版ISA)が前途多難な状況

 小口の個人投資家向け優遇税制である日本版ISA(少額上場株式等に係る配当所得及 …

kakugi02
古い自民党に先祖返り。2013年度税制改正大綱に見るアベノミクスの真実

 政府は1月29日、2013年度税制改正大綱を閣議決定した。税制改正大綱は、国会 …