ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍総裁が国債の日銀引き受けに言及。市場は完全に「円安」を織り込み始めた

 

 自民党の安倍晋三総裁が、とうとう日銀による国債直接引き受けに言及した。安倍氏は17日、熊本市内で講演し、政権を取り戻した場合には景気対策として公共投資を拡大すると表明し、その財源として「建設国債をできれば日銀に全部買ってもらう」との意向を示した。

 安倍氏は政権獲得後の金融政策について、インフレターゲットの導入や日銀法の改正についてすでに言及しているが(本誌記事「安倍氏が日銀法改正に言及。今の日銀法に変えたのは自民党だって覚えてますか?」参照)、今回さらに一歩踏み込み、国債の直接引き受けという一種の「禁じ手」の領域まで踏み込んだ発言を行った。

 これに対して野田首相は「あってはならない経済政策」として批判しているほか、自民党内部からも慎重論が出ている。日銀法の改正については、政権公約に盛り込まれることが決まっているが、日銀による直接引き受けについては公約には明記されない見込み。

 もっとも、日銀による国債の直接引き受けは、いわれているほど「禁じ手」というわけではない。直接引き受けは財政法で制限されているが、国会決議を行えば実施することが可能。しかもすでに日銀による直接引き受けは小額ではあるが毎年実施されており、名目上はすでに「禁じ手」ではなくなっている。
  また日本経済の構造的欠陥から、これまでの緩和策で供給されたマネーは市場に出回らず、ほとんどが国債の購入に充当されている。実質的にはすでに日銀の国債引き受けが行われた状態となっているのだ。
 安倍氏の発言は、緩和策の実施には手段を選ばないという決意を示すことで、市場に対する心理的効果を与えるという意味が大きいと考えられる。

 実際、安倍氏の積極的な発言を受けて市場は大きく反応している。BRICsの名付け親でもある米ゴールドマン・サックスのジム・オニール氏は、最新のニュースレターで「長期間にわたった円高傾向がとうとう円安に転じた」との見解を述べており、市場はその話題で持ち切りだ。

 財政規律を重視する財務省や日銀は、直接引き受けに反対する可能性が高く、自民党政権が成立しても実現するかは不透明だ。だが少なくとも、市場に対しては日本の金融政策が「変わる」というメッセージは届いているようだ。

 - 政治, 経済

  関連記事

baidenindo
米国のバイデン副大統領がインドを訪問。意外に疎遠だった米国とインドの経済関係

 インドと米国があらたな経済連携に向けて対話を始めている。米国のバイデン副大統領 …

mujinki02
オバマ大統領が無人機の運用厳格化を表明。グアンタナモ基地の閉鎖は進まず

 オバマ米大統領は5月23日、ワシントンの国防大学で演説を行い、無人機を使った対 …

onoderahagel
小野寺防衛大臣とヘーゲル国防長官が会談。諜報分野での日米連携強化で合意

 小野寺防衛相は4月29日、米国防総省でヘーゲル国防長官と初の会談を行った。尖閣 …

shukinpei
公明党の山口代表がようやく習氏と会談。中国は得意のゆさぶり攻撃で日本側を翻弄

 中国訪問中の公明党の山口代表は25日、中国共産党の習近平総書記と北京の人民大会 …

shujutsu
止まらない医療費の膨張が財政を圧迫。これは日本の中間層が抱える問題そのもの

 厚生労働省は11月14日、2011年度の国民医療費の概況を発表した。国民医療費 …

benesse
ベネッセ新社長がわずか3カ月で辞任。同社経営をめぐって創業家が混乱?

 教育大手ベネッセホールディングスが迷走している。プロ経営者であった原田泳幸氏の …

ryounei
中国初の空母「遼寧」が着艦に成功。だが中国の空母運用が前途多難なワケとは?

 中国初の空母「遼寧」が艦載機に着艦に成功したと中国メディアが伝えている。着艦に …

no image
英国でスタバ、Amazon、Googleの税金逃れが政治問題に。英国も劣化しているのか?

 米国に本社のあるグローバル企業、Amazon、スターバックス、Googleの3 …

abetoranpu
トランプ政権のインフラ投資に日本の公的年金を活用との報道。政府は否定しているが・・・

 トランプ政権が掲げる総額1兆ドル(約113兆円)のインフラ投資について、その一 …

akachan
安倍首相が力を入れる第三子以降に特化した少子化対策は効果があるのか?

 安倍首相は2014年7月19日、少子化対策において特に第三子以降に特化するやり …