ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安保法制をめぐり憲法解釈に関する議論が紛糾。日本において立憲主義の定着は困難?

 

 安保法制をめぐる議論が紛糾している。衆院の憲法審査会では、与党が推薦した参考人を含む全員が安保法制を「違憲」と断定。これに対して、自民党の高村正彦副総裁が「憲法学者の言う通りにしていたら日本の平和と安全は守れない」と発言するなどヒートアップしている。

kenpo
 衆院は2015年6月4日、憲法を専門とする有識者3人を招いて参考人質疑を行った。参考人全員が集団的自衛権の行使容認を前提とした安全保障関連法案について「違憲」との認識を示した。与党が推薦した参考人も違憲と述べたことについて、与党内では混乱が広がっている。

 ただ、一連の議論はあまり中身のあるものとはいえないようだ。憲法学者は立憲主義に基づいて、集団的自衛権の行使を違憲と判断している。
 実際、安倍政権の内部には、立憲主義をほとんど理解していないと思える発言をする人物が存在しており、これが国民の不安を増大させていることは間違いない。何よりもこうした状況は、日本の民主主義の幼稚さを示しているといえるだろう。

 だが、違憲についての見解を述べる憲法学者が、その根拠のひとつとして、内閣法制局の見解を引き合いに出しているのも非常に違和感がある。
 内閣法制局はあくまで行政府の一組織であり、慣行により独立性が高かったとしても、本質的には憲法解釈を行う立場にはない。集団的自衛権の行使を推進する側も、それを否定する側も、行政組織に過ぎない法制局の見解を持ち出してくるところに、日本の議会制民主主義の脆弱さが露呈している。

 安倍首相は事態を打開するため14日、維新の党最高顧問である橋下徹大阪市長と会談し、安保法案に対する協力を求めた。

 何かと過激な発言が多い橋下氏だが、立憲主義については正統な見解を示している。今回の安保法制についても「憲法学者の意見は傾聴に値するが、日本における有権解釈者ではない」「これまでは内閣法制局が事実上の憲法の番人になっていた。これが間違い」と発言。砂川事件判決における統治行為論を引き合いに、国会で議論の重要性を力説している。

 橋下氏くらいの見解をもつ政治家が安倍政権内に1人でもいれば、議論は深まったかもしれないが、現状ではそれは期待できないだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

super02
家計の消費支出は3カ月連続でマイナス。安倍政権は10%増税をどう判断するのか?

 総務省は2014年7月29日、6月の家計調査を発表した。2人以上の世帯の消費支 …

nichigin
黒田新総裁は実はインフレ課税を狙っている?刺激的な英経済紙のコラムが話題に

 日本のインフレ課税の可能性について指摘したエコノミスト誌のコラムが市場関係者の …

koyokeiyaku
現実味を帯びる同一労働、同一賃金。結局は若年層正社員の賃下げに?

 これまで導入が極めて難しいといわれてきた、同一労働、同一賃金が現実味を帯びてき …

hamada
浜田内閣参与の増税延期発言によって明らかなった、異次元緩和の波及メカニズム

 安倍首相のブレーンで内閣官房参与を務める浜田宏一米エール大名誉教授が、2014 …

kanntei
政府が解雇要件を緩和する方向で検討を開始。だが公務員だけは例外という大矛盾

 政府はこれまで法律や判例で手厚く保護されてきた労働者の解雇要件を大幅に見直す方 …

uscapitol
米中間選挙は共和党勝利で驚きはなし。経済や株価にはプラスか?

 米国では2014年11月4日、中間選挙が実施され、大方の予想通り共和党の勝利と …

jazenchukaicho
JA全中が農協の自己改革案を提示。内容が不十分との声が出る可能性も

 全国農業協同組合中央会(JA全中)は2014年11月6日、JAグループの自己改 …

iijima03
飯島氏訪朝に対して米国はとりあえず静観の構え。米国のホンネはどこにあるのか?

 北朝鮮メディアによると、北朝鮮を訪問中の飯島勲内閣官房参与は15日、北朝鮮労働 …

mof02
2014年度予算編成作業が大詰め。焦点は税収上振れ分の取り扱い

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えている。自民党への政権交代によって、大 …

kamotsusen
FTA締結のメリットをまったく享受できない韓国。日本はTPPの影響をどう考えるべきか?

 各国と相次いでFTA(自由貿易協定)を締結してきた韓国において、消費者がその恩 …