ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安保法制をめぐり憲法解釈に関する議論が紛糾。日本において立憲主義の定着は困難?

 

 安保法制をめぐる議論が紛糾している。衆院の憲法審査会では、与党が推薦した参考人を含む全員が安保法制を「違憲」と断定。これに対して、自民党の高村正彦副総裁が「憲法学者の言う通りにしていたら日本の平和と安全は守れない」と発言するなどヒートアップしている。

kenpo
 衆院は2015年6月4日、憲法を専門とする有識者3人を招いて参考人質疑を行った。参考人全員が集団的自衛権の行使容認を前提とした安全保障関連法案について「違憲」との認識を示した。与党が推薦した参考人も違憲と述べたことについて、与党内では混乱が広がっている。

 ただ、一連の議論はあまり中身のあるものとはいえないようだ。憲法学者は立憲主義に基づいて、集団的自衛権の行使を違憲と判断している。
 実際、安倍政権の内部には、立憲主義をほとんど理解していないと思える発言をする人物が存在しており、これが国民の不安を増大させていることは間違いない。何よりもこうした状況は、日本の民主主義の幼稚さを示しているといえるだろう。

 だが、違憲についての見解を述べる憲法学者が、その根拠のひとつとして、内閣法制局の見解を引き合いに出しているのも非常に違和感がある。
 内閣法制局はあくまで行政府の一組織であり、慣行により独立性が高かったとしても、本質的には憲法解釈を行う立場にはない。集団的自衛権の行使を推進する側も、それを否定する側も、行政組織に過ぎない法制局の見解を持ち出してくるところに、日本の議会制民主主義の脆弱さが露呈している。

 安倍首相は事態を打開するため14日、維新の党最高顧問である橋下徹大阪市長と会談し、安保法案に対する協力を求めた。

 何かと過激な発言が多い橋下氏だが、立憲主義については正統な見解を示している。今回の安保法制についても「憲法学者の意見は傾聴に値するが、日本における有権解釈者ではない」「これまでは内閣法制局が事実上の憲法の番人になっていた。これが間違い」と発言。砂川事件判決における統治行為論を引き合いに、国会で議論の重要性を力説している。

 橋下氏くらいの見解をもつ政治家が安倍政権内に1人でもいれば、議論は深まったかもしれないが、現状ではそれは期待できないだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

sinjuwan
安倍首相が真珠湾を公式訪問。だが日米同盟の意味はすっかり変わってしまった

 安倍首相は2016年12月26~27日、太平洋戦争のきっかけとなったハワイの真 …

oecdguria
政府の意向を代弁したOECD事務局長。だが主張する内容は極めて客観的

 政府がOECD(経済協力開発機構)を活用した政策のアナウンスに乗りだしている。 …

seattle
シアトル市議会が時給15ドルの最低賃金を可決。現行から6割引き上げ

 米国ワシントン州のシアトル市議会は2014年6月4日、市の最低賃金を1時間15 …

abe
来日中のバーンズ国務副長官が安倍総裁と会談。安倍氏は領有権問題で強気の発言

 米国務省のバーンズ副長官が来日している。日本を皮切りに、韓国、中国、ミャンマー …

frbpauerugicho
FRB次期議長は予想通りパウエル氏。現行路線の踏襲に規制緩和が加わって株高に?

 FRB(連邦準備制度理事会)の次期議長にジェローム・パウエルFRB理事が指名さ …

bouekitoukei201307
7月の貿易統計は赤字拡大。そろそろ貿易赤字を前提にした産業政策を議論すべき時

 財務省は8月19日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

kokkaigijido02
憲法改正が参院選の争点に浮上。決断の時なのか、単なる拙速なのか?

 憲法改正論議を夏の参院選の焦点にしようという動きが活発になってきた。4月9日、 …

cameron2
英国でEU離脱を主張する政党が大躍進。EU問題が再び炎上か?

 英国でEU離脱をめぐる動きが再び活発化している。5月2日に統一地方選挙が実施さ …

abensc
日本版NSCの概要が固まる。現行法よりは進歩しているが、抱えている問題は変わらず

 政府は外交・安全保障の司令塔となる国家安全保障会議(日本版NSC)の概要を固め …

no image
震災復興費は大手メーカーが流用していた。日本の製造業はもはや「保護産業」

 復興予算の流用や付け替えが問題となっているが、その流用先に大手メーカーが多数含 …