ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

LIXILグループの中国子会社破たん。積極的な海外M&Aはリスクなのか?

 

 LIXILグループが、海外子会社の破たんによって大幅な減益に追い込まれる見通しとなった。同社は、積極的な海外M&Aで知られており、人口減少社会における内需企業の模範となっていただけに、その影響は大きい。

 同社は2015年6月8日、2016年3月期の連結純利益が前期比86%減の30億円となる見通しを明らかにした。中国の子会社である「ジョウユウ」の債務保証330億円を特別損失に織り込んだことが主な要因。

joyou
 ジョウユウは、中国の水栓金具メーカーで、2014年1月に4000億円を投じて買収したドイツの住設機器大手グローエの子会社。ジョウユウは、中国で4000カ所以上の販売ネットワークを持っており、これを起点に中国市場の拡大に乗り出す方針であった。

 ところが、ジョウユウは2015年5月22日、決算書と経営実態に乖離があるとして、ドイツ・ハンブルグ地方裁判所に破産手続きの開始を申請した。グローエは特別損失の計上を迫られ、同時にグローエの親会社であるLIXILグループも損失計上を行う結果となった。

 損失は過去の決算にも及んでおり、2014年3月期は238億円、2015年3月期は90億円の損失となる。さらに、2016年3月期には、ジョウユウへの債務保証分の損失330億円を計上する見通し。これによって、2016年3月期の純利益が大幅に減少する。

 グローバルに事業を展開すれば、こうしたケースは一定の割合で発生してくるので、ある程度の「慣れ」も必要となるだろう。
 ただ、今回のケースが本当に事前に対処ができないものだったのかは何ともいえない。今回LIXILが債務保証を行ったのは日本のメガバンクに対してである。メガバングは、ジョウユウへの融資に際して、わざわざLIXILに債務保証を求めているわけだが、銀行側がジョウユウの経営実態について多少疑問視していた可能性は否定できない。

 ここまで劣悪ま状態だったのかについては、銀行側もLIXIL側も把握できなかったのかもしれないが、場合によっては対策の取りようがあったかもしれない。

 今回のLIXILの一件で、海外に対するM&Aはリスキーであると判断するのは早計である。だが、LIXILは、積極的な海外展開を「売り」にしている企業であることに加え、内需企業のひとつのモデルケースでもあった。
 今回のケースがどのようなプロセスで発生したのか、LIXILは明らかにする必要があるだろう。それができなければ、本当の意味でグローバルな企業にはなれない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

factory06
9月の中間決算がほぼ出揃う。円安は本当に日本の製造業を復活させているのか?

 9月の中間決算は円安を背景として、製造業を中心に好業績となる企業が目立っている …

wallst02
8月の雇用統計は市場予想を下回るもまずまず。9月緩和縮小の可能性は引き続き高い

 米FRB(連邦準備制度理事会)における緩和縮小の判断材料となる最新経済指標がほ …

jogmec
メタンハイドレートから天然ガスの採取に成功。だがあえて厳しいことを言えば・・・

 政府は3月12日、愛知・三重県沖の海底にある「メタンハイドレート」から天然ガス …

keizaizaisehakusho2013
アベノミクスへの踏み絵?経済財政白書は竹中平蔵氏も真っ青の新自由主義的内容

 甘利経済財政相が7月23日の閣議に提出した平成25年度「年次経済財政報告(経済 …

billgates
マイクロソフトのトップ交代。ゲイツ氏は退任ではなく、実は現場復帰?

 米マイクロソフトは2014年2月4日、同社のナデラ上級副社長が最高経営責任者( …

tosho002
日経平均2万円超え。その理由は?今後も株高は継続するのか?

 日経平均株価がとうとう2万円の大台を超えた。2015年4月10日の東京株式市場 …

capitolhill
米国議会が予算と債務上限をめぐるチキンレースを繰り返せる背景とは?

 米議会下院は9月29日、オバマ大統領が推進する医療保険改革法の実施を1年遅らせ …

kosakukiki
日本企業の設備投資がとうとう底入れ?3月の機械受注は大幅増加に

 これまで株高による個人消費の活性化ばかりが目立っていた日本経済だが、製造業の状 …

keitairyoukin
迷走する携帯料金引き下げ問題。日本の劣化を示す象徴的な事例

 携帯料金の見直しに関する議論が激しさを増している。高市早苗総務大臣は、記者団に …

no image
港区から外国人ビジネスマンの姿が消え、公務員が激増中

 東京都港区の高級オフィス街の風景が激変している。 これまで外資系企業などの入居 …