ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

LIXILグループの中国子会社破たん。積極的な海外M&Aはリスクなのか?

 

 LIXILグループが、海外子会社の破たんによって大幅な減益に追い込まれる見通しとなった。同社は、積極的な海外M&Aで知られており、人口減少社会における内需企業の模範となっていただけに、その影響は大きい。

 同社は2015年6月8日、2016年3月期の連結純利益が前期比86%減の30億円となる見通しを明らかにした。中国の子会社である「ジョウユウ」の債務保証330億円を特別損失に織り込んだことが主な要因。

joyou
 ジョウユウは、中国の水栓金具メーカーで、2014年1月に4000億円を投じて買収したドイツの住設機器大手グローエの子会社。ジョウユウは、中国で4000カ所以上の販売ネットワークを持っており、これを起点に中国市場の拡大に乗り出す方針であった。

 ところが、ジョウユウは2015年5月22日、決算書と経営実態に乖離があるとして、ドイツ・ハンブルグ地方裁判所に破産手続きの開始を申請した。グローエは特別損失の計上を迫られ、同時にグローエの親会社であるLIXILグループも損失計上を行う結果となった。

 損失は過去の決算にも及んでおり、2014年3月期は238億円、2015年3月期は90億円の損失となる。さらに、2016年3月期には、ジョウユウへの債務保証分の損失330億円を計上する見通し。これによって、2016年3月期の純利益が大幅に減少する。

 グローバルに事業を展開すれば、こうしたケースは一定の割合で発生してくるので、ある程度の「慣れ」も必要となるだろう。
 ただ、今回のケースが本当に事前に対処ができないものだったのかは何ともいえない。今回LIXILが債務保証を行ったのは日本のメガバンクに対してである。メガバングは、ジョウユウへの融資に際して、わざわざLIXILに債務保証を求めているわけだが、銀行側がジョウユウの経営実態について多少疑問視していた可能性は否定できない。

 ここまで劣悪ま状態だったのかについては、銀行側もLIXIL側も把握できなかったのかもしれないが、場合によっては対策の取りようがあったかもしれない。

 今回のLIXILの一件で、海外に対するM&Aはリスキーであると判断するのは早計である。だが、LIXILは、積極的な海外展開を「売り」にしている企業であることに加え、内需企業のひとつのモデルケースでもあった。
 今回のケースがどのようなプロセスで発生したのか、LIXILは明らかにする必要があるだろう。それができなければ、本当の意味でグローバルな企業にはなれない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

koutaishidenka
歴史は繰り返す!皇太子さまへの退位要求と転落の昭和史の類似性

 月刊誌新潮45に掲載された皇太子さまに退位を迫る論文が波紋を呼んでいる。論文を …

summly
まさに地殻変動!16歳のIT少年が簡単に1億円を集め、28億でYahooに技術を売却!

 米Yahooは2013年3月25日、ニュース要約アプリ「Summly」を買収す …

bafurakisu002
更迭されたギリシャのバルファキス外相。だが本人にとってはメリット?

 ギリシャのチプラス政権は、EUとの交渉チームの顔ぶれを一新した。新しい交渉チー …

rakutenmufg
楽天が投資判断を引き下げたアナリスト・レポートに対して異例の批判

 楽天は7月2日、同社に対する投資判断を引き下げた三菱UFJモルガン・スタンレー …

apple2016q2
iPhone初の販売台数減少でアップルは減収減益。だが市場の注目はすでに次のフェーズに

 これまで快進撃を続けてきたアップルがとうとう減収減益の決算を発表した。ただ、中 …

ecbdoragi
ECBがとうとう量的緩和策を導入。効果があるのはドイツだけ?

 ECB(欧州中央銀行)は2015年(ECB)は22日、とうとう量的緩和策の導入 …

setsubitousi
5月の機械受注は大幅減。民間は資金を遊ばせており、官需依存がさらに高まる

 内閣府は2014年7月10日、5月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

tsutusmiseiji
日本社会の成熟化を夢見たセゾングループの創設者、堤清二氏が死去。

 実業家でセゾングループ創業者の堤清二(つつみ・せいじ)氏が11月25日、東京都 …

toyotaroboto
今更? ウーバー出資や2足歩行ロボット買収など、トヨタに漂う出遅れ感

 トヨタが人工知能やシェアリング・エコノミーへの対応を矢継ぎ早に進めている。だが …

abeseichou02
成長戦略に関する議論を大胆に整理してみると・・・・話は意外と簡単だった

 アベノミクスにおける3本目の矢である成長戦略の迷走が続いている。当初、成長戦略 …