ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

LIXILグループの中国子会社破たん。積極的な海外M&Aはリスクなのか?

 

 LIXILグループが、海外子会社の破たんによって大幅な減益に追い込まれる見通しとなった。同社は、積極的な海外M&Aで知られており、人口減少社会における内需企業の模範となっていただけに、その影響は大きい。

 同社は2015年6月8日、2016年3月期の連結純利益が前期比86%減の30億円となる見通しを明らかにした。中国の子会社である「ジョウユウ」の債務保証330億円を特別損失に織り込んだことが主な要因。

joyou
 ジョウユウは、中国の水栓金具メーカーで、2014年1月に4000億円を投じて買収したドイツの住設機器大手グローエの子会社。ジョウユウは、中国で4000カ所以上の販売ネットワークを持っており、これを起点に中国市場の拡大に乗り出す方針であった。

 ところが、ジョウユウは2015年5月22日、決算書と経営実態に乖離があるとして、ドイツ・ハンブルグ地方裁判所に破産手続きの開始を申請した。グローエは特別損失の計上を迫られ、同時にグローエの親会社であるLIXILグループも損失計上を行う結果となった。

 損失は過去の決算にも及んでおり、2014年3月期は238億円、2015年3月期は90億円の損失となる。さらに、2016年3月期には、ジョウユウへの債務保証分の損失330億円を計上する見通し。これによって、2016年3月期の純利益が大幅に減少する。

 グローバルに事業を展開すれば、こうしたケースは一定の割合で発生してくるので、ある程度の「慣れ」も必要となるだろう。
 ただ、今回のケースが本当に事前に対処ができないものだったのかは何ともいえない。今回LIXILが債務保証を行ったのは日本のメガバンクに対してである。メガバングは、ジョウユウへの融資に際して、わざわざLIXILに債務保証を求めているわけだが、銀行側がジョウユウの経営実態について多少疑問視していた可能性は否定できない。

 ここまで劣悪ま状態だったのかについては、銀行側もLIXIL側も把握できなかったのかもしれないが、場合によっては対策の取りようがあったかもしれない。

 今回のLIXILの一件で、海外に対するM&Aはリスキーであると判断するのは早計である。だが、LIXILは、積極的な海外展開を「売り」にしている企業であることに加え、内需企業のひとつのモデルケースでもあった。
 今回のケースがどのようなプロセスで発生したのか、LIXILは明らかにする必要があるだろう。それができなければ、本当の意味でグローバルな企業にはなれない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

rspphoto
税金を投入され資金潤沢なルネサスが、なぜか子会社のアップル売却を検討

 米アップルが、経営再建中のルネサスエレクトロニクスが保有する子会社の買収を打診 …

suitai
各種世界ランキングへの関心が急低下?日本経済は死の受容プロセスの3段階目か

 このところ日本が各種の世界ランキングで著しく順位を落としている。以前は、ランキ …

kabuka
公的年金がリスクの高いアクティブ運用にシフト。背景には何が?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2015年4月1 …

HEINZ
バフェット氏がケチャップのハインツを丸ごと買収。ケリー国務長官も大儲け?

  ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイは14日、投 …

nihondensan
シャープ元社長の片山氏が日本電産副会長へ。永守氏の後継者問題はどうなる?

 日本電産が、シャープの片山幹雄元社長を副会長執行役員として迎え入れる。日本電産 …

ekishoutv
TVなどの電子機器販売が壊滅状態。もはや電機メーカーは農業やゼネコンと同じ

 電子情報技術産業協会(JEITA)は21日、1月の民生用電子機器(AV機器、車 …

usmanov
英国長者番付に見るウィンブルドン方式の実態。日本人にこれを受け入れる覚悟はある?

 英サンデータイムズ誌は4月21日、毎年恒例の億万長者リストを発表した。結果は上 …

sonyhirai
ソニーが今年も業績の下方修正。悪材料小出しはもはや同社のお家芸

 経営再建中のソニーは2014年9月17日、2015年3月期の業績見通しについて …

businessman
政府が相次いで財界に賃上げを要請。賃上げで経済を回復させるコツとは?

 政府の産業界に対する賃上げ要求が強まっている。政府は12日、首相官邸で「デフレ …

nomura
大リストラと収益貢献の優等生。野村と三菱の外銀買収で明暗を分けたのは?

 大手金融機関の海外展開力に大きな差が付き始めている。野村ホールティングスと三菱 …