ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

選挙権の年齢が18歳以上に引き下げ。しかし成人年齢は20歳のまま

 

 選挙権の年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる公職選挙法の改正案が2015年6月17日、参院本会議で可決成立した。6月中に公布し、1年後に施行される。2016年夏に行われる参院選から新しい制度が適用されることになる。

 選挙権年齢の年齢を引き下げるのは、表面的には若い世代の政治に対する参加意識を高めることが狙い。今回の改正によって、来年夏の参院選では新たに約240万人が投票可能となる。全有権者数に対する割合はごくわずかなので全体的には大きな影響はないが、投票率が上昇するきっかけにはなるかもしれない。

kokkaigijido02
 ただ水面下では、各党の党利党略がからみ、非常に複雑なメカニズムが働いている。若年層は成人に比べて純粋であることから、各党が強固な支持層としての取り込みに躍起となっているからである。

 憲法改正派は、若年層を憲法改正の国民投票における重要な支持層とにらんでいる。今回の選挙権年齢の引き下げも、憲法改正の国民投票とセットで実施されたという側面が強い。
 日本国憲法はもともと、内容を変更することをほとんど想定しておらず、憲法改正の手続きを規定する法律は存在していかなった。
 こうした状態を解消するため、2007年5月に「日本国憲法の改正手続に関する法律(憲法改正国民投票法)」が施行され、昨年には、この法律の一部を改正する法律が公布されている。

 国民投票法では、2018年6月21日以後に実施される国民投票からは投票権年齢が18歳以上に引き下げられることになった。憲法改正の国民投票が18歳以上なのに、通常の選挙が20歳以上ということでは整合性が取れないことから、選挙権についても引き上げが行われたというのが法改正の経緯である。

 一方、組織力を持つ野党にとっても、選挙権年齢の引き下げは朗報である。大量の若者を政治活動に動員できるからである。

 全体としてみれば、成人年齢が20歳にとどまったままとなっており、選挙権の年齢だけが引き下げられた状況にある。本来であれば、成人年齢と選挙権の年齢は同一である方が望ましいのだが、成人年齢の引き下げは、民法など他の法体系の関係があり、簡単に変更することができない。

 とりあえず支持層として取り込みたい各党の意向が先行し、選挙権年齢だけが引き下げられたというのが現状である。各党の党略ありきという状況であり、拙速に進めすぎたという印象は否めないだろう。

 - 政治 , , ,

  関連記事

shanhai
中国当局が地方政府の債務について監査を指示。全貌把握に乗り出す

 中国の国家審計署(会計検査院)は7月28日、国務院(内閣)から中国の政府債務に …

abeshouhizei
法人減税の急浮上によって、政府内部の財政をめぐる綱引きが激化

  安倍政権が消費税の増税と、これに対応した総額5兆円の経済対策を発表したことで …

cyprus2
キプロス問題でとうとうロシアが介入か?小さな島をめぐって地政学上の策略が渦巻く

 金融危機に陥ったキプロスの支援策をめぐって、とうとうロシアが本格的に動き始めた …

yasai
韓国で野菜の流通コスト高が政治問題に。だが日本はもっとひどいぞ!

 韓国の朴槿恵新政権の重要な政策課題の一つが、割高といわれる韓国の流通コストの改 …

girishashusho
ギリシャ側が完全敗北。EUが主張する構造改革案をほぼ100%受け入れへ

 ギリシャの金融支援をめぐり、ギリシャ側が提出していた構造改革案についてEU(欧 …

honkon
フィリピン人メイドの永住権訴訟で、香港と中国の関係性が再び議論の俎上に

 香港でメイドとして働く外国人労働者に永住権を付与しないとした香港の司法判断が、 …

obamatennengas
オバマ大統領が2020年までに米国は天然ガスの純輸出国になるとの見通しを明らかに

 メキシコなど中米諸国を歴訪したオバマ米大統領は5月4日、コスタリカで開催された …

zenjindai
中国で全人代が開幕。中国政府の新体制が本格的にスタート

 中国の国会である第12期全国人民代表大会(全人代)第1回会議が5日、北京の人民 …

jimintohonbu
自民党が伝統の「党税調」を復活。だが、かつての税制利権につながるとの声も

 自民党が政権に復帰したことをうけて、これまで事実上消滅していた自民党の税制調査 …

lenovo
米国政府が中国製ITシステムの調達を制限。ただし完全な実施は困難との見方

 米国で中国製ITシステムの政府調達を制限する法律が成立した。3月26日に成立し …