ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

選挙権の年齢が18歳以上に引き下げ。しかし成人年齢は20歳のまま

 

 選挙権の年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる公職選挙法の改正案が2015年6月17日、参院本会議で可決成立した。6月中に公布し、1年後に施行される。2016年夏に行われる参院選から新しい制度が適用されることになる。

 選挙権年齢の年齢を引き下げるのは、表面的には若い世代の政治に対する参加意識を高めることが狙い。今回の改正によって、来年夏の参院選では新たに約240万人が投票可能となる。全有権者数に対する割合はごくわずかなので全体的には大きな影響はないが、投票率が上昇するきっかけにはなるかもしれない。

kokkaigijido02
 ただ水面下では、各党の党利党略がからみ、非常に複雑なメカニズムが働いている。若年層は成人に比べて純粋であることから、各党が強固な支持層としての取り込みに躍起となっているからである。

 憲法改正派は、若年層を憲法改正の国民投票における重要な支持層とにらんでいる。今回の選挙権年齢の引き下げも、憲法改正の国民投票とセットで実施されたという側面が強い。
 日本国憲法はもともと、内容を変更することをほとんど想定しておらず、憲法改正の手続きを規定する法律は存在していかなった。
 こうした状態を解消するため、2007年5月に「日本国憲法の改正手続に関する法律(憲法改正国民投票法)」が施行され、昨年には、この法律の一部を改正する法律が公布されている。

 国民投票法では、2018年6月21日以後に実施される国民投票からは投票権年齢が18歳以上に引き下げられることになった。憲法改正の国民投票が18歳以上なのに、通常の選挙が20歳以上ということでは整合性が取れないことから、選挙権についても引き上げが行われたというのが法改正の経緯である。

 一方、組織力を持つ野党にとっても、選挙権年齢の引き下げは朗報である。大量の若者を政治活動に動員できるからである。

 全体としてみれば、成人年齢が20歳にとどまったままとなっており、選挙権の年齢だけが引き下げられた状況にある。本来であれば、成人年齢と選挙権の年齢は同一である方が望ましいのだが、成人年齢の引き下げは、民法など他の法体系の関係があり、簡単に変更することができない。

 とりあえず支持層として取り込みたい各党の意向が先行し、選挙権年齢だけが引き下げられたというのが現状である。各党の党略ありきという状況であり、拙速に進めすぎたという印象は否めないだろう。

 - 政治 , , ,

  関連記事

sensha
11年ぶりに防衛費が増額。だが気になるのは自衛隊の人件費比率の増加

 政府・自民党は2013年度予算の防衛費について、11年ぶりに増額する方針を固め …

maruhi
特定秘密保護法案に関する日本人の何ともお粗末な議論

 政府は10月4日、特定秘密保護法案に関するパブリックコメントの結果を公表した。 …

businessman02
非正規社員の数が過去最多。このほかにも実質賃下げを示唆する出来事が増加中

 総務省は8月13日、4~6月期の労働力調査の結果を発表した。それによると、非正 …

hongkongdemo02
香港の民主化デモがすべての拠点で収束。3年後の長官選挙への影響は未知数

 香港の民主活動家や学生らが民主的な選挙を要求して行った抗議活動が収束した。20 …

seiyujo
経済産業省が石油業界に合理化を要望。「上からの改革」はうまくいくのか?

 経済産業省は石油元売り各社に設備の統合を促す方針を固めた。日経新聞の報道による …

hagel03
アフガン撤退に暗雲?ヘーゲル国防長官がアフガンを訪問するも、カルザイ大統領は激怒

 ヘーゲル米国防長官は3月10日、アフガニスタンを訪問しカルザイ大統領と会談した …

honkon
香港で開催予定のAPECが突然北京に変更。背景には行政長官の普通選挙問題?

 香港政府は2014年2月25日、9月に香港で開催が予定されているAPEC(アジ …

no image
個人情報の取り扱いを緩和。一定ルール下で売買も可能に

 政府は30日の閣議において、企業や病院などが保有する個人の取り扱いを緩和するこ …

shudempsey
デンプシー米統合参謀本部議長が習近平氏と会談。米中のアジア戦略交渉がスタート?

 中国の習近平国家主席は4月23日、中国を訪問している米国のデンプシー統合参謀本 …

no image
設備投資の先行指標である機械受注は2.7%減。消費増税の焦点は設備投資へ?

 内閣府は8月13日、6月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投資 …