ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

6月のFOMC、年内利上げは変わらずも時期は明言せず。不安要因は過度なドル高

 

 FRB(連邦準備制度理事会)は2015年6月17日、FOMC(連邦公開市場委員会)において、現状の金融政策の維持を決定した。注目されていた利上げの時期については明言しなかった。

ieren03

 米国では年内に利上げが行われるとの見方が大勢を占めている。ただその時期に関する見方は割れているというのが現状だ。
 米国の2015年1~3月期のGDP成長率はマイナスとなり、一時は米国経済が踊り場に差し掛かっているとの認識が広がっていた。しかし、その後、雇用統計など良好な指標が続いたことから、景気拡大の継続が鮮明になってきた。FRBも、1~3月の減速は一時的なものであると解釈しており、米国経済は穏やかな拡大が続いているというのが、基本認識である。

 イエレン議長は、利上げの時期について「年内というのが今の時点では最も適切」とし、年内利上げというスタンスをあらためて明確にした。一方で「経済指標次第」とも述べており、時期については流動的であること強調している。

 これまでは9月利上げという説が濃厚だったが、今回のFOMCによって状況は少し変わったかもしれない。FOMCメンバーの政策金利見通しでは、2015年末時点の政策金利が1.0%以上になるとの予測はなくなり、0.25%から1%の間でバラツキが大きくなった。金利の見通しは引き下げられたと考えてよいだろう。

 仮に9月に利上げが実施されるということになっても、その後はしばらくは金利引き上げを見送ったり、極めてゆっくりとしたペースで利上げを継続する可能性が高くなった。

 為替市場では米国の金利上昇を見越してドル買いが先行している。だが、各国の緩和策のツケがドル高という形で米国に集中しており、これが米国の期待インフレ率を下げる結果となっている。
 FRBはインフレ率低下への懸念から早期利上げを躊躇する状況であり、一種の悪循環となってしまっている。

 予定通り、年後半に米国が利上げに踏み切れるかどうかは、今後の経済指標次第だが、為替市場がもたらす影響はより大きくなってきている。これ以上の過度なドル高の進行は、米国の金利正常化にとって逆風となるかもしれない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

chinagdp201510
中国の7~9月期GDPは6.9%増と微妙な数字。今後は消費動向が重要に

 中国国家統計局は2015年10月19日、2015年7~9月期のGDP(国内総生 …

jutakugai
再来年に迫った相続税増税で住宅保有者は大慌て。だが今後も資産課税強化は続く

 2015年1月に迫った相続税の増税が住宅保有層における懸案事項になってきている …

banankieren
米FRBが量的緩和縮小を決定。今回の決定が100点満点である理由

 米FRB(連邦準備制度理事会)は2013年12月18日、FOMC(連邦公開市場 …

newyork02
米国で良好な経済指標が相次ぐ。再び早期の出口戦略論が台頭か?

 米供給管理協会(ISM)が8月1日に発表した7月の製造業景気指数は前月の50. …

sangyokyosoryokukaigi
政府の新成長戦略で飛び出した小中プログラミング教育の「今更感」

 安倍政権は、名目GDP(国内総生産)600兆円の目標を達成するため「第4次産業 …

reitbuild
マイナス金利政策唯一の成果?低迷する日経平均を尻目にREITが絶好調

 日経平均株価の低迷が続く中、REIT(不動産投資信託)が好調に推移している。日 …

bukkajoushou
コアコア指数もとうとうプラス転換。輸入価格の上昇でとうとう本格的インフレがスタート?

 日本経済は長期にわたるデフレが終了し、インフレへの転換が始まった可能性が高い。 …

leekanyunamida
シンガポール「建国の父」リー・クアンユー死去。独立当初は、絶望感で涙を流した?

 シンガポール建国の父と呼ばれるリー・クアンユー元首相が2015年月23日、同国 …

oecd02
OECDの世界経済見通し。日本は好調だが10兆円の景気対策による影響が大きいと指摘

 経済協力開発機構(OECD)は5月29日、2013年の世界経済見通しを発表した …

alipay
中国のメジャー決済サービスが来年上陸。日本人向けにサービスを展開

 中国のネット通販大手「アリババ」が、決済サービス「アリペイ」を日本国内で展開す …