ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

6月のFOMC、年内利上げは変わらずも時期は明言せず。不安要因は過度なドル高

 

 FRB(連邦準備制度理事会)は2015年6月17日、FOMC(連邦公開市場委員会)において、現状の金融政策の維持を決定した。注目されていた利上げの時期については明言しなかった。

ieren03

 米国では年内に利上げが行われるとの見方が大勢を占めている。ただその時期に関する見方は割れているというのが現状だ。
 米国の2015年1~3月期のGDP成長率はマイナスとなり、一時は米国経済が踊り場に差し掛かっているとの認識が広がっていた。しかし、その後、雇用統計など良好な指標が続いたことから、景気拡大の継続が鮮明になってきた。FRBも、1~3月の減速は一時的なものであると解釈しており、米国経済は穏やかな拡大が続いているというのが、基本認識である。

 イエレン議長は、利上げの時期について「年内というのが今の時点では最も適切」とし、年内利上げというスタンスをあらためて明確にした。一方で「経済指標次第」とも述べており、時期については流動的であること強調している。

 これまでは9月利上げという説が濃厚だったが、今回のFOMCによって状況は少し変わったかもしれない。FOMCメンバーの政策金利見通しでは、2015年末時点の政策金利が1.0%以上になるとの予測はなくなり、0.25%から1%の間でバラツキが大きくなった。金利の見通しは引き下げられたと考えてよいだろう。

 仮に9月に利上げが実施されるということになっても、その後はしばらくは金利引き上げを見送ったり、極めてゆっくりとしたペースで利上げを継続する可能性が高くなった。

 為替市場では米国の金利上昇を見越してドル買いが先行している。だが、各国の緩和策のツケがドル高という形で米国に集中しており、これが米国の期待インフレ率を下げる結果となっている。
 FRBはインフレ率低下への懸念から早期利上げを躊躇する状況であり、一種の悪循環となってしまっている。

 予定通り、年後半に米国が利上げに踏み切れるかどうかは、今後の経済指標次第だが、為替市場がもたらす影響はより大きくなってきている。これ以上の過度なドル高の進行は、米国の金利正常化にとって逆風となるかもしれない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

euhonbu02
欧州景気に底入れの兆し。失速寸前といわれる中国経済の助け船になるか?

 欧州連合(EU)は8月14日、ユーロ圏17カ国における2013年4~6月期のG …

furunreport
中国版フォーブスと呼ばれる最新の長者番付。米国の資産家の水準に近づく

 中国の民間調査会社である胡潤研究院は、中国の大富豪ランキングである「胡潤百富( …

sumaho201404
総務省のメディア利用調査。現在のネット・ニュース媒体は将来も安泰か?

 総務省情報通信政策研究所は2014年4月15日、メディア利用などに関する調査結 …

hp
パソコン終焉の象徴。HPが1兆円の巨額赤字を計上。不正会計が理由にあらず

  米コンピューター大手ヒューレット・パッカード(HP)が巨額赤字を計上した。2 …

building2014
4~6月期の法人企業統計。設備投資は冴えず、従業員数も減少

 財務省は2014年9月1日、4~6月期の法人企業統計を発表した。全産業(金融・ …

eigyou
営業は「キャラ」が重要なので、AIが普及しても消滅しないというアンケート結果は本当か?

 AI時代になると多くの仕事が消滅するというのは、すでに社会の共通認識となりつつ …

businessman02
生活が低下したと答えた人は増加しているが、長期的には変化なし

 内閣府は2014年8月25日、国民生活に関する世論調査の結果を発表した。「生活 …

jrkyushu
JR九州の株式上場計画。政府支援の是非など、克服すべき課題が山積

 九州旅客鉄道(JR九州)が2016年度中の株式上場に向けて動き出した。だが、完 …

his
旅行大手HISが日本に絶望?タイを拠点に、新航空会社の設立を発表

 旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)は4日、タイに航空子会社を設立し、日中韓 …

boingkoujo
中国へのプレゼント? 習主席訪米を前にボーイングが工程の一部を中国に移管

 米航空機大手ボーイングは、製造の最終工程を中国に移管することを検討している。同 …