ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米アマゾンが個人に配送を依頼するアプリを開発中。数年後、社会は激変する?

 

 米アマゾンが、商品の配送について、運送会社ではなく一般の個人を活用する方式を検討していることが明らかになった。米国では、すでに一般の人に荷物の配送を依頼するためのネット・サービスが登場している。アマゾンの参入でこうしたサービスの普及に弾みがつく可能性がある。

amazonhaiso
 米メディアが報じたところによると、同社は、一般の人が目的地に向かうついでに商品を届け、その代金を支払うためのアプリを開発しているという。都市部で実店舗を展開する小売事業者と提携し、商品集積のスペースを確保する。

 もし、こうしたサービスが本格的に普及することになると、宅配業者など運送ビジネスの世界が劇的に変化することになる。
 実は、米国では既存のサービスを一般の個人が代行するネットビジネスが次々に登場している。配送関連では、荷物を送りたい人と、ある地域に旅行する人をマッチングし、手数料を取るサービスがある。アマゾンの新サービスはこれに近いものになるだろう。

 個人が自己所有の車を使ってタクシーと同様のサービスを行うウーバー(UBER)や、自宅や所有するマンションなどをホテル代わりに他人に提供するためのサービスAirbnbはすでによく知られており、日本にも進出している。

 ITの発達でこうしたサービスが理論的に可能であったことは、誰もが認識していた。だがパソコン時代においては、全員が共通のデバイス(端末)を持っているわけではなく、しかも場所が固定されるという制約があり、現実には普及しなかった。
 だがスマホは、ほぼ全員が所有し、あらゆる場所で使うことができる。こうしたサービスが一気に登場してきたのは、スマホという共通インフラの普及があればこそである。

 これらのサービスはあらゆる分野に影響を及ぼすことになる。極論を言えば、人が時間単位でサービスを提供するあらゆる職種に応用が可能である。今後、こうしたサービスが普及すると、あらゆる業界で価格破壊と雇用の流動化が発生し、社会は激変するだろう。

 日本は特に規制が厳しい国なので、こうしたサービスの多くが、既存の法体系と衝突すると考えられる。
 近い将来、日本でもこうした新サービスの登場ラッシュになる可能性が高いわけだが、ガラパゴスな体制を維持し、新しいサービスを拒絶するのか、それとも覚悟を決めて受け入れるのか、社会として選択が迫られることになるだろう。

 - 社会, 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

sangiinabe01
総額5.5兆円の補正予算が可決成立。だが昨年より規模が小さく、効果は限定的

 参議院は2014年2月6日、消費税増税をにらんだ経済対策を柱とする2013年度 …

girishagikai
ギリシャ支援、4カ月継続で合意。基本的に状況は何も変わらず

 EU(欧州連合)は2014年2月20日に開催したユーロ圏財務相会合で、ギリシャ …

abe20141021b
消費低迷で高まる増税先送り論。だが現実には決断は困難?

 消費の低迷が顕著になってきたことから、消費税の10%増税に反対する声が高まって …

jinminginkou
中国のマネーサプライが急増。バブル崩壊なのかそれとも長期低迷なのか?

 中国人民銀行によると、2012年末時点で中国のマネーサプライ(M2)が97兆4 …

no image
薬物に厳しいフランスがとうとう合法化に向けてテストを開始。日本はどうする?

 EU諸国の中でもっとも薬物に対する規制厳しかったフランスで、試験的に薬物の一部 …

facebookmobile
フェイスブックの3Q決算はまずまず。今後は成長投資の加速で経費は増大

 SNS最大手の米フェイスブックは2014年10月28日、2014年7~9月期の …

nitibeigikai
日本と米国の政府予算を比較。米国は財政再建にほぼ道筋

 米国では予算教書が発表され、来年度の予算に関する議論が始まった。日本では1月に …

nikkann
日本と韓国は仲良く三流国家?各種調査結果が示す日韓の類似性

 日本人と韓国人は互いに嫌っているとよくいわれる。2012年11月に内閣府が発表 …

soros02
ソロス氏が日銀の緩和策について、円崩壊につながると警告。我々はどう捉えるべきか?

 日銀による異次元の量的緩和の拡大は、円相場崩落と日本からの資本逃避の引き金にな …

rajoy
フランスやスペインで失業率がさらに悪化。緊縮路線はもう限界か?

 欧州の失業率がさらに悪化している。スペイン国家統計局4月25日に発表した第1四 …