ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米アマゾンが個人に配送を依頼するアプリを開発中。数年後、社会は激変する?

 

 米アマゾンが、商品の配送について、運送会社ではなく一般の個人を活用する方式を検討していることが明らかになった。米国では、すでに一般の人に荷物の配送を依頼するためのネット・サービスが登場している。アマゾンの参入でこうしたサービスの普及に弾みがつく可能性がある。

amazonhaiso
 米メディアが報じたところによると、同社は、一般の人が目的地に向かうついでに商品を届け、その代金を支払うためのアプリを開発しているという。都市部で実店舗を展開する小売事業者と提携し、商品集積のスペースを確保する。

 もし、こうしたサービスが本格的に普及することになると、宅配業者など運送ビジネスの世界が劇的に変化することになる。
 実は、米国では既存のサービスを一般の個人が代行するネットビジネスが次々に登場している。配送関連では、荷物を送りたい人と、ある地域に旅行する人をマッチングし、手数料を取るサービスがある。アマゾンの新サービスはこれに近いものになるだろう。

 個人が自己所有の車を使ってタクシーと同様のサービスを行うウーバー(UBER)や、自宅や所有するマンションなどをホテル代わりに他人に提供するためのサービスAirbnbはすでによく知られており、日本にも進出している。

 ITの発達でこうしたサービスが理論的に可能であったことは、誰もが認識していた。だがパソコン時代においては、全員が共通のデバイス(端末)を持っているわけではなく、しかも場所が固定されるという制約があり、現実には普及しなかった。
 だがスマホは、ほぼ全員が所有し、あらゆる場所で使うことができる。こうしたサービスが一気に登場してきたのは、スマホという共通インフラの普及があればこそである。

 これらのサービスはあらゆる分野に影響を及ぼすことになる。極論を言えば、人が時間単位でサービスを提供するあらゆる職種に応用が可能である。今後、こうしたサービスが普及すると、あらゆる業界で価格破壊と雇用の流動化が発生し、社会は激変するだろう。

 日本は特に規制が厳しい国なので、こうしたサービスの多くが、既存の法体系と衝突すると考えられる。
 近い将来、日本でもこうした新サービスの登場ラッシュになる可能性が高いわけだが、ガラパゴスな体制を維持し、新しいサービスを拒絶するのか、それとも覚悟を決めて受け入れるのか、社会として選択が迫られることになるだろう。

 - 社会, 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

bouekitoukei 201503
貿易収支は2年9カ月ぶりに黒字。長期的に赤字傾向は変わらない可能性が高い

 財務省は2015年4月22日、3月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

usaboueki
米国の財政・貿易収支の改善が顕著に。赤字垂れ流し国家は米国から日本に移った

 「膨大な額の経常赤字を垂れ流し、財政赤字にも苦しむ国」という米国のイメージはす …

beijing
中国経済の実態を表す「本物」の経済統計が発表。格差は世界最悪の水準

 中国経済の本当の姿を示す調査結果が市場で話題となっている。四川省の大学が失業率 …

amazondrone
米国が無人機の商用利用ルールの原案を提示。本格普及に向けて動き出す

 米当局がとうとう無人機(ドローン)の商用利用に向けて本格的に動き始めた。実際に …

beikokuoil
米国がとうとう原油の輸出解禁へ。地政学的にも経済的にもインパクトは大きい

 米国のオバマ政権がとうとう米国産原油の輸出規制緩和に乗り出した。米紙ウォールス …

googlecar
グーグルが持ち株会社制への移行を発表。新規事業はいよいよ収益化へ

 米グーグルは2015年8月10日、持ち株会社「Alphabet」を設立し、傘下 …

bigben
ロシアと敵対しても金融街へのアクセスを禁止しようとしない英国の高度な戦略

 ウクライナの内政にロシア軍が介入している問題について、米国やEUは部分的な制裁 …

baxter2
あなたの仕事は大丈夫か?ロボットに置き換わる仕事リストの衝撃!

 どのような職種がロボットに置き換わるのかを予想したオックスフォード大学の研究レ …

kizuna
どこか胡散臭い言葉「絆」や「安心」に込められた本当の意味

 3.11の震災以降、世の中のあちこちで多用されている「絆」というキーワード。震 …

caterpilar
米キャタピラーの決算を見る限り、世界経済減速の米国への影響は限定的

 米建設機械大手のキャタピラーは2014年10月23日、2014年7~9月期の決 …