ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米アマゾンが個人に配送を依頼するアプリを開発中。数年後、社会は激変する?

 

 米アマゾンが、商品の配送について、運送会社ではなく一般の個人を活用する方式を検討していることが明らかになった。米国では、すでに一般の人に荷物の配送を依頼するためのネット・サービスが登場している。アマゾンの参入でこうしたサービスの普及に弾みがつく可能性がある。

amazonhaiso
 米メディアが報じたところによると、同社は、一般の人が目的地に向かうついでに商品を届け、その代金を支払うためのアプリを開発しているという。都市部で実店舗を展開する小売事業者と提携し、商品集積のスペースを確保する。

 もし、こうしたサービスが本格的に普及することになると、宅配業者など運送ビジネスの世界が劇的に変化することになる。
 実は、米国では既存のサービスを一般の個人が代行するネットビジネスが次々に登場している。配送関連では、荷物を送りたい人と、ある地域に旅行する人をマッチングし、手数料を取るサービスがある。アマゾンの新サービスはこれに近いものになるだろう。

 個人が自己所有の車を使ってタクシーと同様のサービスを行うウーバー(UBER)や、自宅や所有するマンションなどをホテル代わりに他人に提供するためのサービスAirbnbはすでによく知られており、日本にも進出している。

 ITの発達でこうしたサービスが理論的に可能であったことは、誰もが認識していた。だがパソコン時代においては、全員が共通のデバイス(端末)を持っているわけではなく、しかも場所が固定されるという制約があり、現実には普及しなかった。
 だがスマホは、ほぼ全員が所有し、あらゆる場所で使うことができる。こうしたサービスが一気に登場してきたのは、スマホという共通インフラの普及があればこそである。

 これらのサービスはあらゆる分野に影響を及ぼすことになる。極論を言えば、人が時間単位でサービスを提供するあらゆる職種に応用が可能である。今後、こうしたサービスが普及すると、あらゆる業界で価格破壊と雇用の流動化が発生し、社会は激変するだろう。

 日本は特に規制が厳しい国なので、こうしたサービスの多くが、既存の法体系と衝突すると考えられる。
 近い将来、日本でもこうした新サービスの登場ラッシュになる可能性が高いわけだが、ガラパゴスな体制を維持し、新しいサービスを拒絶するのか、それとも覚悟を決めて受け入れるのか、社会として選択が迫られることになるだろう。

 - 社会, 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

kyouiku
教育再生会議が英語教育の拡充を提言。だが特定校重点支援という概念には疑問の声も

 政府の教育再生実行会議(座長・鎌田薫早稲田大総長)は5月28日、大学教育などの …

no image
無罪確定の村木氏が厚労省局長に復帰。  だが彼女は決してヒーローではない

 厚生労働省は、10日付けの幹部人事において、郵便不正事件で逮捕・起訴され無罪が …

no image
日韓スワップ協定は延長せず。背景に領土問題があることは明らか

 政府が韓国との通貨スワップ協定を延長しないことが確定した。  通貨スワップ協定 …

livehouse
コンサート・チケットの高値転売問題がネットで激論。音楽業界には知恵が必要

 コンサート・チケットの高値転売をめぐってネットで激論となっている。高値転売を防 …

toyotamatuda
トヨタとマツダが資本提携。中堅自動車メーカーはすべてトヨタ系列に?

 トヨタとマツダが資本提携することになった。相互に約500億円を出資し、共同で新 …

beikokuoil
米国がとうとう原油の輸出解禁へ。地政学的にも経済的にもインパクトは大きい

 米国のオバマ政権がとうとう米国産原油の輸出規制緩和に乗り出した。米紙ウォールス …

no image
港区から外国人ビジネスマンの姿が消え、公務員が激増中

 東京都港区の高級オフィス街の風景が激変している。 これまで外資系企業などの入居 …

panamagasaki
パナソニックのプラズマ撤退劇に見る、日本企業の「決断できない」体質

 パナソニックは2013年度末をメドにプラズマテレビ向けのパネル生産を停止する。 …

choonsokuheiki
米軍が超音速兵器の実験に失敗。だが戦争の風景は着実に変わりつつある

 米国防総省は2014年8月25日、極超音速兵器「AHW」の飛行試験を行ったが、 …

manindensha
神奈川県民の通勤コストは何と100万円。もっとも安い県はいくら?

 神奈川県民が年間100万円も通勤費をかけているという調査結果が話題となっている …