ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

香港の議会が非民主的な選挙制度改革案を否決。普通選挙は少なくとも2022年まで持ち越し

 

 香港の立法会(議会)は2015年6月18日、2017年に行われる次期行政長官選挙に関する制度改革案を否決した。これで普通選挙の実施はすべて白紙に戻ったことになる。

hongkongrippoukai

 従来の行政長官選挙は間接選挙制となっており、事前に中国側の承認を得た候補者を選挙委員会の投票で選出する仕組みになっている。選挙委員会のほとんどは親中派が占めるため、民主派は事実上、行政長官になれない状況が続いていた。

 香港内部ではこうした状況に対する不満の声が高まっており、2017年の選挙に向けて民主的な選挙を求める声が高まっていた。
 中国政府は選挙制度の改革を約束したものの、中国の国会にあたる全人代(全国人民代表大会)常務委員会は2014年8月、実質的に民主派の立候補を制限する選挙制度改革案を決定した。これに対して、香港の学生や民主派が猛反発し、昨年の大規模デモにつながった。

 今回、立法会に提出されていた法案は、全人代が決定した内容とほぼ同じであり、中国政府の意に沿わない人物が長官に立候補するのは事実上不可能な仕組みとなっている。民主派が反対するのは以前から予想されていた。

 ただ、実際に採決の段階になると、親中国派の一部が退席したほか、親中派の議員1名が反対票を投じた。親中派議員の退席は、事前に周知徹底されたものではなかったようで、退席に躊躇する議員も見られたという。香港市民の民主化要求が強く、親中派議員の中にも混乱が生じていることをうかがわせる。

 もっとも、選挙制度改革案が否決されたことで2017年の選挙は従来通り、非民主的な方法で行われることになった。親中派が行政長官に選ばれることは確実であり、少なくとも2022年の長官選挙までは普通選挙は実施されないことになる。香港社会の分断は長期化することになるだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

abekenpou
憲法解釈の見直しに、何故か内閣法制局が障壁となっていた日本の不思議

 安倍首相は8月2日、内閣法制局の新しい長官に、集団的自衛権の行使に前向きとされ …

no image
米国議会が日本は尖閣諸島の行政権のみを保有と表明。だが特に目新しい話ではない

 朝鮮日報が、日中が領有権を争う尖閣諸島について、米国が日本に対して領有権ではな …

no image
検察の独善性は万国共通?韓国検察が相次ぐ不祥事を受けて改革案を策定中。

 日本と同様、絶大な権限と半ば特権的な立場が許容されている韓国の検察当局が、これ …

birukensetsu
テナントがいない?のに都市部で次々と新築ビルが建設されるのはナゼ?

 東京都心など、利便性の高い地域を中心に不動産の建設ラッシュが続いている。一部で …

shukinpei06
中国で習近平国家主席への権力集中が進む。安定化なのか政情不安なのか?

 中国共産党指導部で、習近平国家主席への権力集中が進んでいる。習政権の権力基盤は …

kimujonunashi
金正恩第一書記が足を引きずる映像が話題に。痛風による体調不良説も

 北朝鮮の金正恩第一書記が足を引きずっている映像が話題になっている。このところ金 …

kawase201301
JPモルガンの佐々木氏がとうとう見通しを変更。今回の円安転換はホンモノかもしれない。

 為替市場において円安がさらに加速しそうな勢いだ。安倍首相による日銀に対する緩和 …

kyuyomeisai02
4月の実質賃金は24カ月ぶりに上昇。だが中身は物価上昇率の鈍化

 賃金の伸びから物価の上昇分を差し引いた4月の実質賃金が24カ月ぶりに増加となっ …

shukinpei03
ウイグル独立運動とアルカイダを結ぶ点と線。中東問題に引きずり出される中国

 中国・北京の自動車爆破事件をきっかけに、中国はパキスタンとの対テロ連携の強化を …

aso03
公的年金による株の買い支えを示唆した麻生財務相の発言。真意はどこに?

 麻生財務相が公的年金による株の買い支えとも取れる発言を行ったことが株式市場で話 …