ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

香港の議会が非民主的な選挙制度改革案を否決。普通選挙は少なくとも2022年まで持ち越し

 

 香港の立法会(議会)は2015年6月18日、2017年に行われる次期行政長官選挙に関する制度改革案を否決した。これで普通選挙の実施はすべて白紙に戻ったことになる。

hongkongrippoukai

 従来の行政長官選挙は間接選挙制となっており、事前に中国側の承認を得た候補者を選挙委員会の投票で選出する仕組みになっている。選挙委員会のほとんどは親中派が占めるため、民主派は事実上、行政長官になれない状況が続いていた。

 香港内部ではこうした状況に対する不満の声が高まっており、2017年の選挙に向けて民主的な選挙を求める声が高まっていた。
 中国政府は選挙制度の改革を約束したものの、中国の国会にあたる全人代(全国人民代表大会)常務委員会は2014年8月、実質的に民主派の立候補を制限する選挙制度改革案を決定した。これに対して、香港の学生や民主派が猛反発し、昨年の大規模デモにつながった。

 今回、立法会に提出されていた法案は、全人代が決定した内容とほぼ同じであり、中国政府の意に沿わない人物が長官に立候補するのは事実上不可能な仕組みとなっている。民主派が反対するのは以前から予想されていた。

 ただ、実際に採決の段階になると、親中国派の一部が退席したほか、親中派の議員1名が反対票を投じた。親中派議員の退席は、事前に周知徹底されたものではなかったようで、退席に躊躇する議員も見られたという。香港市民の民主化要求が強く、親中派議員の中にも混乱が生じていることをうかがわせる。

 もっとも、選挙制度改革案が否決されたことで2017年の選挙は従来通り、非民主的な方法で行われることになった。親中派が行政長官に選ばれることは確実であり、少なくとも2022年の長官選挙までは普通選挙は実施されないことになる。香港社会の分断は長期化することになるだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

obuchiyuko
小渕経産大臣が辞任。脳裏をよぎる第1次安倍内閣の閣僚辞任ドミノ

 小渕経済産業大臣は2014年10月20日、自身の政治団体の収支が食い違っている …

blackbyte
ブラックバイトに対抗する労働組合が結成。効果はどの程度あるのか?

 長時間労働の強制や賃金未払いなど、学生アルバイトに対する不当な扱いに対抗する労 …

abetpp
TPP事前協議の日米合意内容。あらゆる分野で市場開放について米との協議を確約

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)交渉参加への最大の焦点となっていた米国と …

meti03
官製ベンチャーキャピタルの産業革新機構は、まるで公共工事のゼネコン

 産業革新機構は2014年1月8日、日米両国のベンチャー企業育成を手がける株式会 …

no image
自民、民主、みんなから数名が維新へ合流。だが面々は微妙

 自民、民主、みんなから維新に合流する国会議員が明らかになってきている。報道され …

abeamari
産業競争力会議がテーマ別会合をスタート。雇用流動化や企業再編は実現できるのか?

 政府の産業競争力会議3月6日、テーマ別会合の議論をスタートした。この日は「人材 …

no image
イタリアで地震予知の専門家に実刑というトンデモ判決。だがこれは別の見方もできる

 イタリアで22日、大地震の予知ができなかったとして、同国の地震予知の専門家ら7 …

koga
橋下氏の「変節」をブレーンの古賀氏が批判。元官僚をやたら持ち上げる日本社会の病理

 維新の会の橋下代表代行が、脱原発政策について事実上撤回する発言を行ったことに対 …

bata
農林水産省がバターの追加輸入を決定。バターは国家独占貿易だった

 農林水産省は2015年5月27日、バターの品薄に対処するため、1万トンの追加輸 …

monju
高速増殖炉もんじゅは廃炉にするも、あたらな高速炉の開発計画が浮上

 運転停止中の高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が廃炉に向けて動き始めた。一方 …