ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

手詰まり感が出てきた新しい成長戦略。素案には抽象的なキーワードが並ぶ

 

 政府は2015年6月22日、産業競争力会議を開催し、今月末にまとめる成長戦略の素案を提示した。現状を「アベノミクス第2ステージ」と位置づけ、今後は、生産性の向上に本格的に取り組むとしている。ただ、素案には抽象的で情緒的、扇動的なキーワードが並んでおり、政策の手詰まり感も出ている。

sangyoukyousouryoku

 素案によると、新しい成長戦略は「未来投資による生産性革命」と「ローカルアベノミクス」という大きな二つの枠組みで構成されている。
 未来投資による生産性革命では「稼ぐ力を高める企業行動を引き出す」「新時代の挑戦を加速する」「個人の潜在力の徹底的な磨上げ」という3つの項目が掲げられている。

 文言があまりに抽象的、扇動的なので具体策がイメージしにくい。個別項目を見ていくと「攻めのコーポレートガバナンスの更なる強化」「迫り来る変革への挑戦」といったキーワードが並んでおり、やはり内容がよく分からない。

 さらに詳細な項目を見ると、ようやく具体策が提示されているが、状況はほぼ同じだ。コーポレートガバナンス強化の具体策は「攻めのガバナンス体制の強化」となっている。ガバナンスの強化策がガバナンス体制の強化ということなので、これは一種のトートロジー(同義反復)である。

 稼ぐ力を高める方策としては、ガバナンスの強化に加えて、ベンチャー支援も盛り込まれている。

 これまで日本は20年近くベンチャー支援策を行ってきたものの、ほとんど成果を上げてこなかった。この現実は政府も認識しているようで、これまでバラバラに展開してきたベンチャー関連施策を有機的に統合・連携させるとしている。

 ただ具体策については乏しく、唯一盛り込まれているのは、2020年の東京オリンピックに合わせ、世界中から一流の経営者、起業家、ベンチャーキャピタル、機関投資家等を招いて「グローバル・ベンチャーサミット(仮称)」を開催することだけである。

 ローカル・アベノミクスの項目にも、「中小事業者にとっての成長戦略の見える化」「農林水産業における「攻めの経営」の確立」といった文言が並ぶ。成長戦略の具体策が成長戦略の見える化では、何が成長戦略なのかよく分からない。

 このところ好調な米国経済を背景に、輸出産業を中心に設備投資に拡大傾向が見られるようになってきた。原油安などの好影響もあり、景気は上向きつつある。成長戦略の内容に手詰まり感が出てきていることを考えると、成果については、足元の景気動向次第ということになるだろう。

 - 政治, 経済

  関連記事

no image
韓国の家計部門が危機的水準に突入と海外メディアが報道

 韓国の家計債務の可処分所得比率が危機的レベルに近づきつつあるといくつかの海外メ …

chugokutaisikan
NSAによる電話盗聴でにわかに注目を浴びる大使館の「地理的条件」

 米国の諜報機関による電話盗聴問題によって、大使館の地理的な位置関係がにわかに注 …

zangyou
米国人は仕事中毒?休暇中もノートパソコンを叩く人が増加中

 米国では休暇先にパソコンを持ち込み、仕事をする人が増えているという。日本では残 …

sbtakasago
再生可能エネ普及策が頓挫?誰も責任を負わない中途半端な政策のツケ

 再生可能エネルギーの普及策が暗礁に乗り上げようとしている。電力各社は、再生可能 …

shoten
出版取次の太洋社が自己破産。出版市場の縮小はどこまで続くのか

 出版取次の太洋社が2016年3月15日、東京地方裁判所に自己破産を申請した。出 …

nihonchokuhan
TV通販の日本直販。TV局にしがみつき粉飾にまで手を染めたがとうとう行き倒れ

 最大3メートル伸びる「高枝切りばさみ」などのアイデア商品で知られる「日本直販」 …

takusin
タイで再びタクシン派と反タクシン派の政治対立が激化。タイ政治の日本との共通点とは

 タイで再び政治対立が激化している。タイ国会で与党が提出した恩赦法案に対して野党 …

nihonen
マイナス金利なのに海外投資家が日本国債を積極的に買う理由

 このところ日本国債を積極的に購入する海外投資家が増加している。だが、それは日本 …

googlekesan201303
Googleがスマホ広告増加で好決算。だがクリック単価の回復は遅々として進まず

 米グーグルは4月18日、2013年1~3月期の決算を発表した。売上高は前年同期 …

sitsugyou02
米国の雇用は急回復。焦点は長期失業者対策にシフトしつつある

 米労働省は12月6日、11月の雇用統計を発表した。代表的な項目である非農業部門 …