ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

手詰まり感が出てきた新しい成長戦略。素案には抽象的なキーワードが並ぶ

 

 政府は2015年6月22日、産業競争力会議を開催し、今月末にまとめる成長戦略の素案を提示した。現状を「アベノミクス第2ステージ」と位置づけ、今後は、生産性の向上に本格的に取り組むとしている。ただ、素案には抽象的で情緒的、扇動的なキーワードが並んでおり、政策の手詰まり感も出ている。

sangyoukyousouryoku

 素案によると、新しい成長戦略は「未来投資による生産性革命」と「ローカルアベノミクス」という大きな二つの枠組みで構成されている。
 未来投資による生産性革命では「稼ぐ力を高める企業行動を引き出す」「新時代の挑戦を加速する」「個人の潜在力の徹底的な磨上げ」という3つの項目が掲げられている。

 文言があまりに抽象的、扇動的なので具体策がイメージしにくい。個別項目を見ていくと「攻めのコーポレートガバナンスの更なる強化」「迫り来る変革への挑戦」といったキーワードが並んでおり、やはり内容がよく分からない。

 さらに詳細な項目を見ると、ようやく具体策が提示されているが、状況はほぼ同じだ。コーポレートガバナンス強化の具体策は「攻めのガバナンス体制の強化」となっている。ガバナンスの強化策がガバナンス体制の強化ということなので、これは一種のトートロジー(同義反復)である。

 稼ぐ力を高める方策としては、ガバナンスの強化に加えて、ベンチャー支援も盛り込まれている。

 これまで日本は20年近くベンチャー支援策を行ってきたものの、ほとんど成果を上げてこなかった。この現実は政府も認識しているようで、これまでバラバラに展開してきたベンチャー関連施策を有機的に統合・連携させるとしている。

 ただ具体策については乏しく、唯一盛り込まれているのは、2020年の東京オリンピックに合わせ、世界中から一流の経営者、起業家、ベンチャーキャピタル、機関投資家等を招いて「グローバル・ベンチャーサミット(仮称)」を開催することだけである。

 ローカル・アベノミクスの項目にも、「中小事業者にとっての成長戦略の見える化」「農林水産業における「攻めの経営」の確立」といった文言が並ぶ。成長戦略の具体策が成長戦略の見える化では、何が成長戦略なのかよく分からない。

 このところ好調な米国経済を背景に、輸出産業を中心に設備投資に拡大傾向が見られるようになってきた。原油安などの好影響もあり、景気は上向きつつある。成長戦略の内容に手詰まり感が出てきていることを考えると、成果については、足元の景気動向次第ということになるだろう。

 - 政治, 経済

  関連記事

bouekitoukei201404
消費税駆け込み需要の反動で、4月の貿易収支は改善

 財務省は2014年5月21日、4月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

senkaku
米議会が尖閣諸島を安保対象とする法案を可決。だが日本にとっては大したメリットはない

 米上院は4日、本会議において、2013年度(2012年10月~13年9月)国防 …

sasagotonneru
日本の公共インフラはボロボロ?中央道で天井崩落。無謀な公共投資のツケか?

 中央自動車道の笹子トンネル(全長4455メートル)で2日、コンクリート製の天井 …

no image
資産家夫婦殺害事件とJASDAQ粉飾疑惑企業を結びつける点と線

 スイス在住で日本に一時帰国していた資産家夫婦が行方不明になっている事件で、2人 …

akafuku
「外国人お断り」という赤福前社長の発言は、日本人の優柔不断さの象徴?

 伊勢神宮の銘菓「赤福」の前社長による「外国人には来て欲しくない」という発言が波 …

toshiba03
東芝が来期の業績予想を発表。不正会計問題に加えて経営危機説も

 不正会計問題が指摘されている東芝は2015年12月21日、これまで公表を延期し …

toshibakojo
東芝の債務超過が確定。だが、この期に及んでも正式な決算は発表できず

 東芝が債務超過に陥っていることがほぼ確定的な状況となった。唯一の大型収益事業で …

iryohi
政府内部で医療費削減の動きが活発化。財政出動が強化されれば、医療費にシワ寄せが?

 政府内部で医療費の歳出削減に向けた動きが活発化している。社会保障費は最大の支出 …

asesan48th
閉幕したASEAN外相会議。ようやく共同宣言がまとまったが中国批判は抑制的

 中国の南シナ海進出問題で注目を集めていた東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会 …

bukkajoushou
企業による物価見通しは1.5%の上昇。給料アップが追い付かないのは確実

 日銀は2014年4月2日に発表した企業短期経済観測調査(短観)の中で、企業の物 …