ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

同一労働・同一賃金法案が衆院で可決。内容は骨抜きで格差は継続したまま

 

 正社員と派遣社員の格差を是正する「同一労働同一賃金推進法案」が2015年6月19日、衆院で可決された。参院でも可決される見込みで、成立の可能性が高くなってきたが、実質的に格差を是正しない内容となっており、法案は骨抜きにされた状態にある。

hakenhoukaisei

 この法案は、当初、民主党と維新などが、労働者派遣法改正案の対案として提出していたものである。
 労働者派遣に関する従来の制度は、3年以上継続して派遣社員を受け入れることができないというものだったが、改正法では、人さえ交代していれば、派遣労働者の受け入れを継続することが可能となった。3年の期限が事実上撤廃されたことから、派遣労働の恒久化につながるとして批判の声が出ていた。

 民主党や維新は、派遣社員の待遇改善が必要として、同一労働法を対案として提出していたが、与党が維新との協議を実施。修正案を提出し、これが可決される形となった。

 最終的に可決された法案は、「職務に応じた待遇の均等」が「業務の内容及び当該業務に伴う責任の程度その他の事情に応じた均等な待遇及び均衡のとれた待遇」に変更されており、同一賃金にしなくてもよいという解釈を残す形となった。
  また、実施までの期間についても、「施行後一年以内に」としていたところを3年以内に伸ばすと同時に、場合によっては措置を講じなくてもよいという記述に書き換えられている。総合的に見れば、派遣社員と正社員の待遇は同じにしなくてもよいという内容になったと考えてよいだろう。

 派遣法の改正は企業側が強く求めていたものであり、同一労働・同一賃金の事実上の撤廃は正社員側が望んでいた政策である。企業と正社員の要望は通った形だが、非正規社員の要望は何も通らなかったことになる。

 派遣労働者の存在は、既成事実であり、経済合理性にも合致したものである。しかし同一労働であるにもかかわらず、賃金が異なる体系が恒久的に存在する状態は、労働市場に歪みをもたらすことになる。

 派遣法の改正と同一賃金法の事実上の撤廃は、長い目で見た場合、日本の市場にマイナスの影響をもたらす可能性があるだろう。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

2+2kaiken02
日米2+2閣僚会合は、ポスト戦後時代が現実にスタートしたことの象徴

 日米両政府は10月3日、外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2 …

kousaihi
「焼け石に水」にすらならない企業の交際費非課税案。もはや日本経済は末期症状

 来年4月の消費税増税対策の一つとして、大企業における交際費の一部が非課税となる …

kikaiinsatu
設備投資の先行指標である機械受注が大幅減。7~9月期のGDPは大丈夫か?

 内閣府は2015年9月10日、7月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

e6kei
新幹線がさらにスピードアップ。だが高速化はそろそろ限界に達しつつある

 JR東日本は21日、来年3月のダイヤ改正を発表した。東北新幹線の「はやぶさ」が …

kokubohakusho
中国が国防白書を発表。その内容を日本人はどう解釈すべきか?

 中国政府は4月16日、国防白書を発表した。アジア太平洋地域に対する軍事的シフト …

no image
失業率25%のスペイン。国家は非常事態なのに国内旅行は絶好調。何故?

 経済危機真っ只中のスペインだが、観光業が絶好調である。経済危機によって価格を引 …

indosina
タイの鉄道建設プロジェクトを巡る日中の地政学的争い。今のところ中国有利?

 日本が支援する予定のタイの鉄道建設プロジェクトが騒がしくなっている。タイ軍事政 …

abekaisan20141119
安倍首相が米議会で演説するプランが浮上。ポスト・オバマに向けた動きが活発化

 安倍首相が大型連休中の訪米時に、米議会で演説するというプランが浮上している。も …

robotokontest
米ロボット・コンテストは日本勢振るわず。背後に垣間見えるグーグルの影

 米国防総省の国防高等研究局(DARPA)が主催するロボット・コンテストの決勝戦 …

teinensaikoyou
定年後再雇用の賃金格差は違法との判決。司法判断定着なら、現役世代の年収が減少?

 定年退職後の再雇用において年収を引き下げることは違法だとする東京地裁の判決が下 …