ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

マーサ・スチュワート氏の会社が身売り。だがカリスマ主婦は転んでもタダでは起きない

 

 米国の「カリスマ主婦」といわれるマーサ・スチュワート氏が経営する会社が身売りされることになった。ただ、スチュワート氏は、合併後の新会社の大株主兼、最高創造責任者として引き続き経営に関与することになる。

masasuchuwato

 スチュワート氏は1980年代から、テレビ番組や雑誌などで、料理やインテリアを中心にライフスタイルの提言を行い、カリスマ主婦といわれるようになった。
 97年に総合的な事業会社である、マーサスチュワート・リビング・オムニメディアを設立、同社はニューヨーク証券取引所に上場し、大株主である同氏の資産は一時は、2000億円以上に達していた。

 だが2002年に、投資していた製薬会社の業績悪化を事前に知り、株式を売り抜けていたとしてインサイダー取引に問われ有罪となった。服役の後、奇跡的にカムバックしたが、ネットの普及で雑誌の売れ行きが不調となり、同社の業績は悪化していた。

 同社を吸収するのは、米国で複数のブランドを展開する事業会社シーケンシャル・ブランズ・グループ。スチュワート氏の企業は、新しく設立する持ち株会の事業子会社となり引き続き事業を継続する。買収金額は約3億5000万ドル(約420億円)。
 持ち株会社はシーケンシャル・グループの後継として上場を維持し、スチュワート氏は大株主となり、最高創造責任者として引き続き経営に関与するという。

 現在、スチュワート氏は、自社の約半数の株式を所有しており、株価が下落したとはいえ200億円程度の資産を保有していると思われる。新会社におけるシェアにもよるが、業績を回復させることができれば、再び、資産額を大幅に増やすことも可能かもしれない。

 会社トップの座は手放してしまったが、服役をものともせず復活したスチュワート氏のことである。転んでもタダでは起きないだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

toq
クアルコムの新しい腕時計型端末。目玉の新型液晶はシャープ技術の流用?

 米クアルコムは9月4日、腕時計型の携帯情報端末「toq(トーク)」を発表した。 …

kougaibukken
進む不動産市場の二極分化。郊外は高級物件でも売りにくくなっている

 不動産市場の二極分化が、ゆっくりとしたペースではあるが、着実に進行している。首 …

abe20141021b
消費低迷で高まる増税先送り論。だが現実には決断は困難?

 消費の低迷が顕著になってきたことから、消費税の10%増税に反対する声が高まって …

tanker
ウォール・ストリート・ジャーナルが日銀に原油を買えと大胆提案!

 米経済紙のウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が日銀に対して面白い提言を …

tokyowan
企業の設備投資予定額が大幅増。だが公共事業の影響も大きく継続性があるかは不明

 日本政策投資銀行は8月5日、2013年度の設備投資計画に関する調査結果を発表し …

kamotsusen
FTA締結のメリットをまったく享受できない韓国。日本はTPPの影響をどう考えるべきか?

 各国と相次いでFTA(自由貿易協定)を締結してきた韓国において、消費者がその恩 …

ibmrometti
苦戦続くIBM。人工知能に市場は反応せず、ドル高がダメ押し

 米IBMは2015年4月20日、2015年1~3月期の決算を発表した。売上高は …

frb
予想外に好調だった米雇用統計で、9月緩和縮小の声が高まる

 米労働省は7月5日、6月の雇用統計を発表した。失業率は7.6%と横ばいだったも …

no image
ゆうちょ銀行が住宅ローン参入。フランスにはその未来予想図がある

 ゆうちょ銀行は個人向け住宅ローンへの参入を総務省と金融庁に認可申請した。両省庁 …

siozakinenkin201410
なかなか出てこない年金運用改革案。すでにタイミングを逸したとの声も

 公的年金の運用方針見直しが大幅に遅れている。当初は9月にも新しい方針を打ち出す …