ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

マーサ・スチュワート氏の会社が身売り。だがカリスマ主婦は転んでもタダでは起きない

 

 米国の「カリスマ主婦」といわれるマーサ・スチュワート氏が経営する会社が身売りされることになった。ただ、スチュワート氏は、合併後の新会社の大株主兼、最高創造責任者として引き続き経営に関与することになる。

masasuchuwato

 スチュワート氏は1980年代から、テレビ番組や雑誌などで、料理やインテリアを中心にライフスタイルの提言を行い、カリスマ主婦といわれるようになった。
 97年に総合的な事業会社である、マーサスチュワート・リビング・オムニメディアを設立、同社はニューヨーク証券取引所に上場し、大株主である同氏の資産は一時は、2000億円以上に達していた。

 だが2002年に、投資していた製薬会社の業績悪化を事前に知り、株式を売り抜けていたとしてインサイダー取引に問われ有罪となった。服役の後、奇跡的にカムバックしたが、ネットの普及で雑誌の売れ行きが不調となり、同社の業績は悪化していた。

 同社を吸収するのは、米国で複数のブランドを展開する事業会社シーケンシャル・ブランズ・グループ。スチュワート氏の企業は、新しく設立する持ち株会の事業子会社となり引き続き事業を継続する。買収金額は約3億5000万ドル(約420億円)。
 持ち株会社はシーケンシャル・グループの後継として上場を維持し、スチュワート氏は大株主となり、最高創造責任者として引き続き経営に関与するという。

 現在、スチュワート氏は、自社の約半数の株式を所有しており、株価が下落したとはいえ200億円程度の資産を保有していると思われる。新会社におけるシェアにもよるが、業績を回復させることができれば、再び、資産額を大幅に増やすことも可能かもしれない。

 会社トップの座は手放してしまったが、服役をものともせず復活したスチュワート氏のことである。転んでもタダでは起きないだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

baidenindo
米国のバイデン副大統領がインドを訪問。意外に疎遠だった米国とインドの経済関係

 インドと米国があらたな経済連携に向けて対話を始めている。米国のバイデン副大統領 …

no image
IMFが指摘。日本の金融機関はもうこれ以上、国債を買い支えることはできない

 IMF(国際通貨基金)がいよいよ日本の国債消化能力ついて懸念を表明し始めた。 …

suntec
太陽光パネルの大手、サンテックが破産。もともと儲からないことは皆分かっていたハズ

 中国の太陽電池メーカー尚徳電力(サンテックパワー)が破産し、江蘇省の地元裁判所 …

kuroda
黒田日銀が、このタイミングで構造改革路線を主張し始めた理由

 日銀が、かつての「構造改革路線」を強く主張し始めている。黒田総裁は2014年5 …

gpif201306
公的年金の運用方針見直し。ホンネは国債価格下落への対処

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は9月26日、11月の最終報告に向 …

nichigin04
家計の金融資産は過去最高。だがその恩恵のほとんどは以前からの株式所有者?

 日銀は2014年12月18日、2014年7~9月期の資金循環統計を発表した。9 …

google2014
グーグルの4~6月期決算。クリック数、単価ともに安定的に推移

 ネット検索大手米グーグルは2014年7月17日、2014年4~6月期の決算を発 …

abetoben
安倍政権が解雇規制緩和を断念。これでアベノミクスは名実ともにケインズ政策となった

 安倍政権は、成長戦略の目玉と位置付けていた雇用規制緩和の導入を事実上断念した。 …

jikyu1500en
ファストフード店賃上げデモ。時給1500円要求は高いか安いか?

 ファストフード店などで働く人の賃金アップを求めるデモが2015年4月15日、東 …

caterpilar
米キャタピラーの決算を見る限り、世界経済減速の米国への影響は限定的

 米建設機械大手のキャタピラーは2014年10月23日、2014年7~9月期の決 …