ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

マーサ・スチュワート氏の会社が身売り。だがカリスマ主婦は転んでもタダでは起きない

 

 米国の「カリスマ主婦」といわれるマーサ・スチュワート氏が経営する会社が身売りされることになった。ただ、スチュワート氏は、合併後の新会社の大株主兼、最高創造責任者として引き続き経営に関与することになる。

masasuchuwato

 スチュワート氏は1980年代から、テレビ番組や雑誌などで、料理やインテリアを中心にライフスタイルの提言を行い、カリスマ主婦といわれるようになった。
 97年に総合的な事業会社である、マーサスチュワート・リビング・オムニメディアを設立、同社はニューヨーク証券取引所に上場し、大株主である同氏の資産は一時は、2000億円以上に達していた。

 だが2002年に、投資していた製薬会社の業績悪化を事前に知り、株式を売り抜けていたとしてインサイダー取引に問われ有罪となった。服役の後、奇跡的にカムバックしたが、ネットの普及で雑誌の売れ行きが不調となり、同社の業績は悪化していた。

 同社を吸収するのは、米国で複数のブランドを展開する事業会社シーケンシャル・ブランズ・グループ。スチュワート氏の企業は、新しく設立する持ち株会の事業子会社となり引き続き事業を継続する。買収金額は約3億5000万ドル(約420億円)。
 持ち株会社はシーケンシャル・グループの後継として上場を維持し、スチュワート氏は大株主となり、最高創造責任者として引き続き経営に関与するという。

 現在、スチュワート氏は、自社の約半数の株式を所有しており、株価が下落したとはいえ200億円程度の資産を保有していると思われる。新会社におけるシェアにもよるが、業績を回復させることができれば、再び、資産額を大幅に増やすことも可能かもしれない。

 会社トップの座は手放してしまったが、服役をものともせず復活したスチュワート氏のことである。転んでもタダでは起きないだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

bukkajoushou
4月の消費者物価指数は、消費税の影響を除くと1.5%程度

 総務省は2014年5月30日、4月の消費者物価指数を発表した。全国レベルでは、 …

no image
貸し出し増加はやはり無理?積み上がった当座預金残高に銀行は手を付けず

 日銀による異次元の量的緩和から3カ月が経過した。日銀が長期国債を一気に買い占め …

no image
フランスの高級ワイナリーを中国人が大人買い。その真相は?

 フランスの2大ワイン産地の一つであるブルゴーニュ地方にある老舗ワイナリー(現地 …

no image
ドイツはマネロン大国?質実剛健なイメージが崩れ、欧州問題でも発言力低下か?

 欧州債務問題では、ギリシャやスペインに厳しい条件を突きつけ、断固たる姿勢を崩さ …

microsoftlinkedin
マイクロソフトがビジネスSNS大手を買収。着実な案件だが、株価のもたつきはしばらく続く

 米マイクロソフトは2016年6月13日、ビジネス向け交流サイト(SNS)大手の …

toshiba201405
東芝が新経営方針を発表。原発依存リスクからは脱却か?

 東芝は2014年5月22日、経営方針説明会を開催し、2017年3月期に売上高7 …

gold04
金価格の暴落でスイス中銀が評価損を計上。ドル高によって、金価格は低空飛行が続く

 スイスの中央銀行にあたるスイス国立銀行は、2013年の決算で約90億フラン(約 …

kuukikan
中国の富豪が大気汚染に抗議?して空気の缶詰を販売。シニカルな戦略が意味するもの

 連日、深刻な大気汚染が続いている北京でユニークな商品が販売され話題となっている …

imf201601
IMFの世界経済見通し。中国のくしゃみでロシアとブラジルが高熱ダウン

 IMF(国際通貨基金)は2016年1月19日、世界経済見通しの改定値を発表した …

jihanki
病院にAED付きの自販機?追い込まれた自販機大国ニッポンの裏事情

 最近AED(自動対外式徐細動器)付きの自販機が急速に増えてきている。AEDとは …