ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

マーサ・スチュワート氏の会社が身売り。だがカリスマ主婦は転んでもタダでは起きない

 

 米国の「カリスマ主婦」といわれるマーサ・スチュワート氏が経営する会社が身売りされることになった。ただ、スチュワート氏は、合併後の新会社の大株主兼、最高創造責任者として引き続き経営に関与することになる。

masasuchuwato

 スチュワート氏は1980年代から、テレビ番組や雑誌などで、料理やインテリアを中心にライフスタイルの提言を行い、カリスマ主婦といわれるようになった。
 97年に総合的な事業会社である、マーサスチュワート・リビング・オムニメディアを設立、同社はニューヨーク証券取引所に上場し、大株主である同氏の資産は一時は、2000億円以上に達していた。

 だが2002年に、投資していた製薬会社の業績悪化を事前に知り、株式を売り抜けていたとしてインサイダー取引に問われ有罪となった。服役の後、奇跡的にカムバックしたが、ネットの普及で雑誌の売れ行きが不調となり、同社の業績は悪化していた。

 同社を吸収するのは、米国で複数のブランドを展開する事業会社シーケンシャル・ブランズ・グループ。スチュワート氏の企業は、新しく設立する持ち株会の事業子会社となり引き続き事業を継続する。買収金額は約3億5000万ドル(約420億円)。
 持ち株会社はシーケンシャル・グループの後継として上場を維持し、スチュワート氏は大株主となり、最高創造責任者として引き続き経営に関与するという。

 現在、スチュワート氏は、自社の約半数の株式を所有しており、株価が下落したとはいえ200億円程度の資産を保有していると思われる。新会社におけるシェアにもよるが、業績を回復させることができれば、再び、資産額を大幅に増やすことも可能かもしれない。

 会社トップの座は手放してしまったが、服役をものともせず復活したスチュワート氏のことである。転んでもタダでは起きないだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

abeseichou03
安倍首相が成長戦略第3弾を発表。全体像が見えてきたが市場の失望を誘う内容

 安倍首相は6月5日、都内で講演し規制緩和を軸とした成長戦略の第3弾を発表した。 …

hp
パソコン終焉の象徴。HPが1兆円の巨額赤字を計上。不正会計が理由にあらず

  米コンピューター大手ヒューレット・パッカード(HP)が巨額赤字を計上した。2 …

ieren201409
FRBが年内の資産縮小開始を表明。米国の量的緩和策は完全終了フェーズへ

 FRB(連邦準備制度理事会)が市場の予想通り、再利上げと年内の資産圧縮開始を決 …

bananki
バーナンキ議長がとうとう量的緩和策終了に言及。いよいよ本格的なドル高が始まる?

 米FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長は6月19日、連邦公開市場委員会 …

handotai
特許データを元にした革新的な企業100社。最多ランキングとなった日本の課題

 トムソン・ロイターは2014年11月6日、特許データをもとにした、世界でもっと …

nichigin
黒田新総裁は実はインフレ課税を狙っている?刺激的な英経済紙のコラムが話題に

 日本のインフレ課税の可能性について指摘したエコノミスト誌のコラムが市場関係者の …

graph
金融機関が金利上昇に備えを開始。だが水面下ではもっと深刻な事態が進行中

 アベノミクスによる円安が進展したことで、金利上昇の可能性が現実化してきた。実際 …

no image
フィリップスのAV機器事業部を買収した船井電機ってどんな会社?

 船井電機は29日、オランダの電機大手フィリップスから、AV機器事業を買収すると …

tosho02
アベノミクスによる株高で世帯貯蓄額が大幅増加。ただし恩恵は富裕層のみ

 総務省は2014年5月16日、2013年の家計調査報告(二人以上の世帯)を発表 …

gunosy01
KDDIがニュース閲覧サービスのGunosyに出資。一気にマス・マーケット化が進むか?

 KDDIは2014年3月14日、ネット上でニュース配信サービスを手がけるベンチ …