ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米中は戦略経済対話を開催。表面的には南シナ海問題で激しいバトルになっているが・・・

 

 米中は2015年6月23日、両国間の懸案事項について話し合う第7回米中戦略・経済対話をワシントンで開催した。今年の戦略対話は、中国による南シナ海での埋め立てがひとつの焦点となっていた。表面的には中国の行動を牽制する発言が見られたが、水面下では実務的な交渉が行われている可能性が高い。

beichusenryakutaiwa2015

 米中戦略経済対話は、米中両国間の重要な課題に関する実務的な議論を行うための場で、対象となる分野は、安全保障、経済、金融、貿易、エネルギーなど多岐にわたる。米国側は、米側はケリー国務長官とルー財務長官が、中国側は汪洋副首相、楊潔チ国務委員が代表を務めている。

 会議の冒頭、米国のバイデン副大統領は「世界の海上交通路はオープンで保護されたものでなければならない」と発言し、南シナ海で埋め立てを強行している中国側を牽制した。中国側は対話が重要としてこれを否定している。

 国内の報道では南シナ海問題で米中の対立が激化しているというトーンのものが多いが、実際はそうでもない。この会議は「米中のあらたな大国間関係を構築する場」と位置付けられており、2大国間で発生する様々な問題を議論することを目的としている。

 つまり米中は、双方ともにお互いが世界の2大国であると認めており、そこをベースに交渉を進めるというスタンスが貫かれている。「両国がすべてについて同意するわけではない」という汪洋副首相の発言からも分かるように、意見の相違があることはあらかじめ了解済みだ。
 米国と中国が南シナ海をめぐって激しく対立しているという図式だけで米中関係を見てしまうと本質を見誤る可能性がある。

 米中間の交渉でもっとも重要となるのは、双方が2大国として、どの範囲の権益までを認めるのかという部分である。これについては、非公式協議の場で話し合いが行われており、結果が声明などでオープンにされることはない。

 また、個別のテーブルでは、大量破壊兵器の不拡散、国際的な汚職防止措置、障害者の権利、運輸安全、災害対策、気候変動、海洋ゴミ対策、など100項目以上の詳細な交渉が行われている。こうした細かい実務的な交渉を通じて、双方が駆け引きを行っている。
 米中両国は、南シナ海をめぐって火花を散らしつつ、水面下では、より実務的な対話のチャネルを深化させていることが分かる。

 - 政治 , , ,

  関連記事

abe
総選挙は自民圧勝。安倍政権で日本はどうなる?政策に関する着目点をまとめてみた

 事前の予想通り、総選挙において自民党が圧勝したことで、永田町では早くも安倍政権 …

no image
中国漁船団襲来で注目を浴びる、AIS(船舶位置情報システム)界のGoogleは中国企業

 尖閣諸島問題における日中対立である中国企業がちょっとした話題になっている。   …

pakukune02
朴槿恵新政権が、未来創造科学省の設置に執拗にこだわるワケ

 発足したばかりの韓国・朴槿恵政権で、主要閣僚が就任できないという前代未聞の事態 …

airasiasuchi
今話題のLCC(格安航空会社)に思った程安くないとの声が。その理由とは?

 全日空系のLCC(格安航空会社)であるエアアジアジャパンは、10日、LCCとし …

trump201603
指名獲得に近づいたトランプ候補。驚くべきことに、政策をよく見るとオバマ政権にそっくり

 米大統領選における序盤のヤマ場といわれるスーパーチューズデーで、共和党のトラン …

maduro
ベネズエラ総選挙で野党が勝利。ボリバル革命は原油安の直撃を受け瓦解

 反米主義を掲げ、社会主義的な政策を強引に推進してきた南米ベネズエラで総選挙が実 …

no image
ヨーロッパ各地で独立運動が勃発。欧州統合は本当に可能なのか?

 ヨーロッパ各地で地域の独立運動に火が付いている。欧州統合とはまったく逆の流れで …

shukinpei04
習主席の米国訪問日程が近付く。ささやかれ始めた首脳会談の本当のテーマ

 中国の習近平国家主席は、5月31日から6月6日の日程で、トリニダード・ドバゴ、 …

ishiba03
石破氏が一転して入閣を受諾。ポスト安倍は遠のいたのか?

 内閣改造の最大の焦点となっていた石破幹事長の処遇は、石破氏が幹事長を辞任し、重 …

koikeyuriko02
都議会のドン内田氏が引責辞任。小池氏はダメ押しで新党結成との噂も

 自民党東京都連は2016年8月4日、幹部会合を開き都連会長の石原伸晃経済再生相 …