ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

仏の経済危機突入で、欧州最後の公務員天国にもいよいよメスが

 

 欧州債務危機の本丸として、フランスに市場がターゲットを定めつつある。先日は英国の有力経済誌エコノミストが「フランスは欧州の時限爆弾」であるとのセンセーショナルな特集を発表し、市場で大きな話題となった(本誌記事「仏経済の赤信号がきかっけ?タブーだったラテンvsゲルマンの民族対立が表面化」参照。
 フランス経済で特に問題視されているのが、突出した労働コストの高さと肥大化した公務員制度。自国には甘いフランス国内のメディアも、行政予算のムダ使いにようやく厳しい目を向け始めている。

 オランド大統領は向こう5年間で総額600億ユーロの歳出削減を決定したが、歳出削減の要求波中央政府だけはなく地方政府にも向けられている。フランスの地方自治体は総数が約3万7000と欧州でも突出して多い。地方自治体の総予算は年間約900億ユーロ。このうち4割を占める人件費は年々上昇しており、7年間で20%も増大した。

 また日本と同様、ハコモノのムダ使いも多い。リヨン市では河川整備の一貫として展示館を併設し80万ユーロもの金額を支出した(写真)。中身はというと、ただ完成予想写真が並んでいるだけというシロモノだ。
 またカンヌ市では治安強化のためという名目で警察官を25%も増員、別の自治体では建物の電気代や受付要員の支出が数年間で50%も増加しているという。

 日本でも総務省の主導で、自治体機能の集約と共同化が進められているが、同様の施策を行っているフランスではまったく効果を上げていない。複数の自治体で共有するサービス機能ごとに新しい職員や専門家を雇用し、人件費が減らないのである。ひどいところでは、音楽担当の専門家、トレッキングコース担当の専門家などを個別に雇用する始末。公務員は基本的に仕事をしないので、すべてを外部に丸投げしてしまうのだ。

 日本でも公務員が直接作業すればよいものを、わざわざ人材派遣会社に丸投げするケースが相次いでいる。見かけ上の公務員の数は増えないが、予算だけが膨張する仕組みで、当の公務員は相変わらず仕事をしないという状況が続く。

 公務員にとって楽園であったギリシャ、スペインが相次いで市場の餌食となり、とうとう欧州最大の公務員天国であるフランスにその矛先が向けられている。これらラテン圏諸国が置かれている状況はまさに日本の近未来である。日本に残された時間は少ない。

 - 政治

  関連記事

nichigin
黒田新総裁は実はインフレ課税を狙っている?刺激的な英経済紙のコラムが話題に

 日本のインフレ課税の可能性について指摘したエコノミスト誌のコラムが市場関係者の …

runesasu002
従業員はゴミ?母体3社と産業革新機構でルネサス従業員を押し付け合い

 半導体大手ルネサスエレクトロニクスの経営再建をめぐって、外資ファンドを押しのけ …

saiki
外務省の斎木次官が訪中。だが今のところ日中首脳会談開催のメドは立たず

 外務省の斎木事務次官は7月29日、中国を訪問し、中国外交部(外務省)の王毅外相 …

shukinpei07
中国政府がとうとう戸籍問題の改革に着手。中国の統治は大きな岐路に

 中国が長年の懸案事項であった戸籍改革に乗り出す。中国政府は2014年7月30日 …

clinton201601
「まさか」の状況となりつつある米大統領選挙。ブルームバーグ氏出馬検討の報道も

 米国の大統領選挙が大混戦の様相を呈してきている。当初、圧倒的に有利だった民主党 …

abe201306
盛り上がりに欠ける参院選。与党内では選挙後の人事の話題で持ち切り

 7月4日に参院選が公示された。アベノミクスの評価、ねじれ解消、ネット選挙解禁な …

jrkyushu
JR九州の株式上場計画。政府支援の是非など、克服すべき課題が山積

 九州旅客鉄道(JR九州)が2016年度中の株式上場に向けて動き出した。だが、完 …

hagel02
ヘーゲル氏の国防長官承認。ケリー国務長官とともに、本格的なオバマ外交が始動

 米上院軍事委員会は12日、次期米国防長官に指名されているチャック・ヘーゲル元上 …

mujinki
米司法省の極秘メモが流出。無人機の暗殺対象に米国人も含まれる?

 無人機によるテロリスト殺害の対象者に米国市民も含めることを可能とする米司法省の …

jinminkaihogun
中国人民解放軍が大規模な組織改編。軍の近代化と地域利権の排除が狙いか?

 中国人民解放軍は2016年2月1日、従来の軍区に代わり、新しく戦区という区域を …