ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

仏の経済危機突入で、欧州最後の公務員天国にもいよいよメスが

 

 欧州債務危機の本丸として、フランスに市場がターゲットを定めつつある。先日は英国の有力経済誌エコノミストが「フランスは欧州の時限爆弾」であるとのセンセーショナルな特集を発表し、市場で大きな話題となった(本誌記事「仏経済の赤信号がきかっけ?タブーだったラテンvsゲルマンの民族対立が表面化」参照。
 フランス経済で特に問題視されているのが、突出した労働コストの高さと肥大化した公務員制度。自国には甘いフランス国内のメディアも、行政予算のムダ使いにようやく厳しい目を向け始めている。

 オランド大統領は向こう5年間で総額600億ユーロの歳出削減を決定したが、歳出削減の要求波中央政府だけはなく地方政府にも向けられている。フランスの地方自治体は総数が約3万7000と欧州でも突出して多い。地方自治体の総予算は年間約900億ユーロ。このうち4割を占める人件費は年々上昇しており、7年間で20%も増大した。

 また日本と同様、ハコモノのムダ使いも多い。リヨン市では河川整備の一貫として展示館を併設し80万ユーロもの金額を支出した(写真)。中身はというと、ただ完成予想写真が並んでいるだけというシロモノだ。
 またカンヌ市では治安強化のためという名目で警察官を25%も増員、別の自治体では建物の電気代や受付要員の支出が数年間で50%も増加しているという。

 日本でも総務省の主導で、自治体機能の集約と共同化が進められているが、同様の施策を行っているフランスではまったく効果を上げていない。複数の自治体で共有するサービス機能ごとに新しい職員や専門家を雇用し、人件費が減らないのである。ひどいところでは、音楽担当の専門家、トレッキングコース担当の専門家などを個別に雇用する始末。公務員は基本的に仕事をしないので、すべてを外部に丸投げしてしまうのだ。

 日本でも公務員が直接作業すればよいものを、わざわざ人材派遣会社に丸投げするケースが相次いでいる。見かけ上の公務員の数は増えないが、予算だけが膨張する仕組みで、当の公務員は相変わらず仕事をしないという状況が続く。

 公務員にとって楽園であったギリシャ、スペインが相次いで市場の餌食となり、とうとう欧州最大の公務員天国であるフランスにその矛先が向けられている。これらラテン圏諸国が置かれている状況はまさに日本の近未来である。日本に残された時間は少ない。

 - 政治

  関連記事

abeputin
安倍首相とプーチン大統領の会談は大成功。影の立役者は森元首相

 安倍首相は4月29日、ロシアを訪問しプーチン大統領と会談した。焦点の北方領土問 …

koreishasisetu
日本創生会議が首都圏高齢者の地方移住を提言。その現実性は?

 民間有識者でつくる日本創成会議(座長・増田寛也元総務相)は2015年6月4日、 …

kuroda
日銀による国債の「大人買い」で、大量のマネーはどこへ向かう?

 日銀は4月4日、これまでとは規模感の異なる大胆な金融緩和策を打ち出したが、市場 …

hoikuen
社会福祉法人の情報公開を徹底するだけでも、待機児童の問題は改善する可能性がある

 保育施設の規制緩和が進まず、待機児童の数が減らない理由のひとつに、既存の保育施 …

no image
失業率25%のスペイン。国家は非常事態なのに国内旅行は絶好調。何故?

 経済危機真っ只中のスペインだが、観光業が絶好調である。経済危機によって価格を引 …

jutakugai
再来年に迫った相続税増税で住宅保有者は大慌て。だが今後も資産課税強化は続く

 2015年1月に迫った相続税の増税が住宅保有層における懸案事項になってきている …

trumpchina
米中首脳会談は表面的には穏やかに終了。貿易不均衡をめぐる交渉は長期戦に

 注目されていた米中首脳会談は表面上は穏やかに終了した。トランプ政権は貿易不均衡 …

no image
オスプレイの普天間移動が中止に。やっぱり天気が悪いと危なくて飛べないのか?

 米海兵隊は28日に予定してた垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの岩国基地から普 …

nodae02
ここまでプライドを捨てられればご立派!。野田首相が選挙に自信がなく比例重複立候補

 民主党代表の野田佳彦首相は12月の総選挙において、比例代表に重複立候補する意向 …

no image
安倍晋三元首相が自民党総裁に選出。政局のカギは維新の橋下代表に

 自民党総裁選は決選投票の末、安倍晋三元首相が自民党総裁に決定した。安倍氏は10 …