ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

介護職員が38万人不足との推計。抜本的な解決策は見当たらず・・・

 

 厚生労働省は2015年6月24日、全国で介護職員が約38人足りなくなるという推計をまとめた。人材確保に向けた対策を講じるとしているが、状況の改善は容易ではなさそうだ。

 2025年度において、全国で必要となる介護要員の数は253万人。これに対して、現状のシナリオが継続した場合には、215.2万人しか確保することができない。このため約38万人の介護職員が不足することになる。2025年は団塊の世代が75歳になるタイミングであり、社会的インパクトは大きい。

kaigoshokuin
 介護現場で必要な人数に対して、実際に何人の人が働くことができるのかという充足率について見ると、2017年は94%となっているが、年を追うごとに低下し、2020年には91%となり、2025年には85%まで下がってしまう。介護に対する需要は増える一方だが、少子化の影響で勤労世代が減り、人材の供給が追いつかない状況となる。

 政府は需給ギャップを埋めるための対策を実施するとしているが現実は厳しい。介護労働者の就業形態は非正規職員に大きく依存している状況であり、かつ職員の高齢化も進んでいる。多くが女性であり、男女のバランスという点でも大きな偏りが見られる。訪問介護要員の80%が女性で、30%が60歳以上というのが現実だ。

 こうした状況もあって賃金も低く抑えられている。介護職員の平均月収は約22万円となっており、平均勤続年数は5年から6年程度である。基本的に公費の補助がなければ成立しない業種なので、賃金の上昇には限度がある。

 政府が検討している対策は、介護業界のイメージアップ、代替職員の確保、資格取得の支援など、側面支援的なものにとどまっている。これは抜本的な解決が困難であることの裏返しともいえる。

 これに加えて地域差の問題も浮上している。鹿児島県のように充足率が上昇し、2025年度には約96%に達する自治体もあるが、宮城県は充足率が年々下がり、2025年には69%にまで低下してしまう。高齢者が増加していることに加え、復興事業の影響で介護分野に人材が回りにくいのが原因と考えられる。

 日本経済がグローバル化に適応し、順調に成長していけば、公的な補助の負担は減る可能性が高いが、そのような方向性にはならない可能性が高い。現状のままでは、人材不足を解消することはかなり難しいだろう。

 - 政治, 社会 , ,

  関連記事

takeshima
日本は竹島問題を提訴せず。安倍首相が韓国との関係改善を優先する3つの理由

 日本政府は、竹島の領有権問題をめぐって国際司法裁判所への単独提訴を当面、行わな …

hoikuen
社会福祉法人の情報公開を徹底するだけでも、待機児童の問題は改善する可能性がある

 保育施設の規制緩和が進まず、待機児童の数が減らない理由のひとつに、既存の保育施 …

hoikuen
都が子どもの声を騒音条例から除外との報道。正論だが手続きに問題はないのか?

 このところ保育園などにおける子供の声をめぐる議論が活発になっているが、東京都は …

kuroda
日銀次期総裁は黒田氏。財務省と政権で痛み分け?金融政策のカギは岩田副総裁

 政府は3月19日に退任する日銀の白川総裁の後任に、元財務官でアジア開発銀行総裁 …

no image
世界で進む、保守思想と進歩思想の両極化。日本人はどちらを選ぶのか?

 もっとも厳格なシャリア法(イスラム法)を適用しているサウジアラビアにおいて、I …

hyuga
防衛大綱の中間報告で浮上してきた、自衛隊ハイテク化の必要性

 防衛省は7月26日、日本の防衛力のあり方と保有すべき防衛力の水準を示す「防衛計 …

suga03
動き出す法人税減税。今後の焦点は特定企業を優遇する制度の改革へ

 甘利経済財政・再生相は2014年3月20日の記者会見で、法人実効税率の引き下げ …

abe20140213
安倍政権が河野談話を巡り迷走。欧州最強国家となったドイツとの違いは歴然

 安倍首相は2014年3月14日、従軍慰安婦の強制について認めた1993年のいわ …

businessphone01
職場で電話を取りたがらない若者急増中。だが世代間ギャップの話にするのは危険

 最近、会社内において電話を取れない(取らない)若手社員が増えているという。デジ …

nenkinmanga
年金の世代間格差に言及した厚労省の漫画に批判が殺到

 厚生労働省がWebサイトに掲載している年金に関する漫画が注目を集めている。若年 …