ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国人は仕事中毒?休暇中もノートパソコンを叩く人が増加中

 

 米国では休暇先にパソコンを持ち込み、仕事をする人が増えているという。日本では残業時間を減らすことが国策にもなっている状況だが、米国は逆の動きになっているようだ。

zangyou

 もともと米国人は労働時間が長いことで知られている。OECDによる各国の労働時間比較では、2010年における米国の労働時間は1778時間となっており、他の先進各国よりも長い。ちなみに英国は1647時間、ドイツは1419時間、フランスは1562時間である。
 世界に冠たる長時間労働国であった日本の労働時間も減少の一途を辿っており、現在では1733時間と米国より短い。

 もっとも、OECDの統計は各国で算出方法が異なり、厳密には同一条件で比較するができない。英国やドイツの労働時間は米国並みに長いとの指摘もあるほか、日本は悪名高いサービス残業があり、労働者側のヒアリングに基づいた調査によると労働時間は1.2倍に増加し、米国を大きく上回る。
 労働環境が著しく異なる日本は別として、米国、英国、ドイツは似たような状況である可能性が高い。この3国は、他の先進国に比べて経済成長率が高いことを考えると、長時間労働であることはうなずける話である。

 米紙によると、米国人の平均休暇日数は2000年には年間21日だったが、現在では16日と4日ほど減少している。旅行会社が調査した別のデータでは、米国の有給休暇の平均日数は8日となっている。
 記事では米国人は基本的に仕事好きなので、休暇中でも仕事を忘れられないのだろうと指摘している。確かに米国のホワイトカラー層には猛烈に働く人が多く、朝の6時台から次々とミーティングのアポイントを入れる状況に戸惑う日本人も少なくない。

 しかも米国の労働生産性は極めて高く、日本の1.6倍となっている。日本の現実の労働時間が1.2倍あるのだとすると、米国の生産性はさらに上昇し、日本の2倍と計算される。
 日本の2倍の生産性を持つ国が、休暇中も働いて生産高を増やす一方、日本は国をあげて労働時間を削減しようとしている。安倍政権では日本の生産性を向上させることを成長戦略として掲げているが、労働時間の減少だけでこれに対処しようとすると、生産高が減少するという悪循環に陥りかねない。

 分母ではく、分子である付加価値を上昇させる方策を実施しなければ、生産性の向上と絶対値の拡大の両立は難しいかもしれない。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

no image
震災復興費は大手メーカーが流用していた。日本の製造業はもはや「保護産業」

 復興予算の流用や付け替えが問題となっているが、その流用先に大手メーカーが多数含 …

kuruguman02
クルーグマン教授が安倍首相との会談内容を暴露。日本はオフレコの概念もガラパゴス

 政府側が非公開を前提にしていた国際金融経済分析会合でのやり取りを、ポール・クル …

shujutsu
止まらない医療費の膨張が財政を圧迫。これは日本の中間層が抱える問題そのもの

 厚生労働省は11月14日、2011年度の国民医療費の概況を発表した。国民医療費 …

sendaisaiban
大川小学校の津波訴訟は、日本人に自分のアタマで考えることの重要性を強く訴えかけている

 東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県石巻市大川小学校の児童の遺族が市と宮城県 …

netflix
ネットワークの負荷を増大させる動画配信サービス。コストは誰が払うのか?

 米オンライン動画配信大手ネットフリックスは、米ケーブルテレビ大手のコムキャスト …

no image
深刻化する欧州の失業率。その中にあってオーストリアに失業者がいないワケとは?

 欧州の雇用がさらに深刻な状況になっている。フランス政府は27日、完全失業者が1 …

snowden
米当局がスノーデン氏を正式訴追。本人はアイスランドへ亡命申請?

 米検察当局は、米国家安全保障局(NSA)による国民監視システム「PRISM」の …

doruen
欧米の国債利回りが急低下。実は日銀による外債購入まで織り込まれている?

 日銀の量的緩和拡大が欧米の債権市場に大きな影響を与えている。政策決定会合が行わ …

influ03
中国で鳥インフルエンザで2名が死亡。現段階で感染が拡大するかは不明

 中国政府は3月31日、これまで人への感染が確認されていなかった「H7N9型」鳥 …

nanba
DeNA創業者の南場智子氏が現場復帰。社長復帰説がくすぶっているが

 夫の看病を理由にDeNAの社長を退任し、近頃、フルタイムの場復帰を宣言した南場 …