ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国人は仕事中毒?休暇中もノートパソコンを叩く人が増加中

 

 米国では休暇先にパソコンを持ち込み、仕事をする人が増えているという。日本では残業時間を減らすことが国策にもなっている状況だが、米国は逆の動きになっているようだ。

zangyou

 もともと米国人は労働時間が長いことで知られている。OECDによる各国の労働時間比較では、2010年における米国の労働時間は1778時間となっており、他の先進各国よりも長い。ちなみに英国は1647時間、ドイツは1419時間、フランスは1562時間である。
 世界に冠たる長時間労働国であった日本の労働時間も減少の一途を辿っており、現在では1733時間と米国より短い。

 もっとも、OECDの統計は各国で算出方法が異なり、厳密には同一条件で比較するができない。英国やドイツの労働時間は米国並みに長いとの指摘もあるほか、日本は悪名高いサービス残業があり、労働者側のヒアリングに基づいた調査によると労働時間は1.2倍に増加し、米国を大きく上回る。
 労働環境が著しく異なる日本は別として、米国、英国、ドイツは似たような状況である可能性が高い。この3国は、他の先進国に比べて経済成長率が高いことを考えると、長時間労働であることはうなずける話である。

 米紙によると、米国人の平均休暇日数は2000年には年間21日だったが、現在では16日と4日ほど減少している。旅行会社が調査した別のデータでは、米国の有給休暇の平均日数は8日となっている。
 記事では米国人は基本的に仕事好きなので、休暇中でも仕事を忘れられないのだろうと指摘している。確かに米国のホワイトカラー層には猛烈に働く人が多く、朝の6時台から次々とミーティングのアポイントを入れる状況に戸惑う日本人も少なくない。

 しかも米国の労働生産性は極めて高く、日本の1.6倍となっている。日本の現実の労働時間が1.2倍あるのだとすると、米国の生産性はさらに上昇し、日本の2倍と計算される。
 日本の2倍の生産性を持つ国が、休暇中も働いて生産高を増やす一方、日本は国をあげて労働時間を削減しようとしている。安倍政権では日本の生産性を向上させることを成長戦略として掲げているが、労働時間の減少だけでこれに対処しようとすると、生産高が減少するという悪循環に陥りかねない。

 分母ではく、分子である付加価値を上昇させる方策を実施しなければ、生産性の向上と絶対値の拡大の両立は難しいかもしれない。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

watsonibm
人工知能の本格普及が始まる兆し。これからの時代、知的職業はどう変わるのか?

  米IBMは2014年10月8日、同社の人工知能「ワトソン」を本格普及させるた …

euhonbu
土壇場でギリシャ支援を決定。期せずして露呈した「欧州」をめぐる独仏の路線対立

 ユーロ圏各国は2015年7月13日、首脳会議においてギリシャ支援の再開について …

doruen201505
ドルの調達コストが急上昇。日本は外貨での運用もできなくなりつつある

 日本の機関投資家が、資金を運用したくても運用する先がないという問題に直面し、悲 …

factory06
9月の中間決算がほぼ出揃う。円安は本当に日本の製造業を復活させているのか?

 9月の中間決算は円安を背景として、製造業を中心に好業績となる企業が目立っている …

airplane01
IT専門家がスマホで飛行機を乗っ取るデモを披露。すでにコンサル契約の話も

 コンピュータ・セキュリティの専門家が、スマホのアプリを使って民間航空機を乗っ取 …

zenjndaikaijou02
中国鉄道省の解体は日本の国鉄民営化と同じ。高度成長の終了を意味している

 中国・北京で開かれていた第12期全国人民代表大会(全人代=国会に相当)は17日 …

nichia
従業員の発明による特許も基本的には企業帰属へ。職務発明制度の見直しがスタート

 政府は、企業の従業員が仕事で発明した「職務発明」の特許について、その権利を従業 …

foxconn
アップルがパソコンの一部の国内生産に回帰。だが鴻海への丸投げは変わらず

 米アップルが自社製品の一部を米国での生産に切り替える。同社のクックCEOが6日 …

nyse
ダウが最高値更新。間違っているのは金利なのか株価なのか?

 量的緩和の縮小が進む米国で、思いのほか金利が上がらないという状況が続いている。 …

jinminginkou
中国のマネーサプライが急増。バブル崩壊なのかそれとも長期低迷なのか?

 中国人民銀行によると、2012年末時点で中国のマネーサプライ(M2)が97兆4 …