ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

TPAがようやく可決。米議会はなぜ外国との通商権限を持っているのか?

 

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の交渉に重要な役割を果たす、米国の大統領貿易促進権限(TPA)が2015年6月24日、米上院で可決された(下院ではすでに可決済み)。これによってTPP交渉が一気に加速する可能性が高まってきた。

capitolhill

 米国憲法では、議会に外国との通商を規制する権限を付与している。また関税を含む税制や財政上の権限も議会にある。
 大統領は、同じく憲法によって条約を締結する権限を与えられているが、上院の助言と承認が必要となることに加え、条約の内容が税制や財政に関連するものであれば、これも議会に諮る必要がある。このため、実質的に大統領は通商交渉を一元的に行うことができない状況にあるといってよい。

 過去の通商交渉では、大統領に権限を付与する法律を作って対処しており、かつて、日本が大幅な自由化を迫られたGATT(関税と貿易に関する一般協定:ウルグアイラウンドが有名)においても、立法措置によって大統領主導で交渉が行われた。
 だが、大統領に通商交渉権限を付与する法律は2007年で失効しており、オバマ政権は、自由に通商交渉をできない状況にあった。これを打開するための法案が今回のTPAということになる。

 TPAが成立すると、議会は大統領が提出した通商協定案について個別の修正を求めることはできなくなり、一定期間の審議の後、協定案全体の可否についてのみ採決を行う。
 相手国にしてみると、米国政府と妥結後、議会で個別に修正されるリスクが少なくなるので交渉が進めやすくなる。また、米国政府も議会の動向を気にする必要がなくなるので、パッケージ・ディールがやりやすくなる。

 米国の議会は、通商権限をはじめとして、軍の維持や宣戦布告、税制、財政、金融など、広範囲にわたって巨大な権限を有している。
 米国議会がこうした権限を持っているのは、連邦制という米国の成り立ちに大きく関係している。各州が持つ独自の権限を抑制し、米国全体の利益を考えるためには、各州からの代表者で構成される議会が果たす役割が大きいからだ。手続きは非常に煩雑になるが、これが米国の民主主義を支えている面が大きいと考えられる。

 通商権限を規定した憲法の条文には、外国との通商に加え、各州間の通商およびネイティブアメリカン(原文ではインディアン)との通商を規制する文言が盛り込まれていることからも、こうした状況を伺い知ることができる。

 - 政治 , ,

  関連記事

ishiba
安倍首相は政権運営に自信満々?ガス抜きとしての党内人事や内閣改造も不必要

 自民党は9月17日、役員会を開催し、今月末に任期が切れる石破幹事長ら党三役を続 …

shakaihoshokokuminkaigi
世代間不公平は考慮せず。社会保障制度改革国民会議の報告書案はかなり後ろ向き

 政府の「社会保障制度改革国民会議」は7月29日、年金や医療など社会保障分野の改 …

abekaken02
安倍首相の加憲案に保守派の言論人が猛反発。憲法改正は流動的に?

 安倍首相が提示した、現行の憲法9条に自衛隊に関する項目を付け加えるという、いわ …

chinaenergy
中国が南シナ海での資源開発をあらためて強調。中国が譲歩できないその背景

 中国政府は、フィリピンなどとの領有権問題が発生している南シナ海領域について、中 …

trumpkakuhoyu
トランプ氏が何と日本の核保有に言及。日米同盟は所与のものではなくなりつつある

 米共和党のトランプ候補がとうとう日本の核武装について言及した。どこまで現実的な …

chinahodokan00
尖閣問題に関する玄葉外相の寄稿に中国女性報道官が反論。だが意外にもボロを出した

 尖閣諸島問題で中国にいいように振り回されてきた日本政府だが、久しぶりに中国側を …

amari
政府が正式にTPP交渉参加を表明へ。だが交渉は大詰めで時すでに遅しか?

 安倍首相は3月15日に、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の交渉参加を正式 …

chousensoren
朝鮮総連ビルの売却手続き一時停止は、拉致問題の強力な外交カードとなる?

 朝鮮総連中央本部の土地・建物の競売をめぐり、朝鮮総連は売却手続きをいったん停止 …

f15se
韓国が次期戦闘機としてF15を不採用。理由はステルス性能不足ということなのだが・・・・

 次期戦闘機の選定を行ってきた韓国政府は9月24日、最終選考に残っていた米ボーイ …

trump201611
トランプ大統領の登場で懸念される、日露急接近による地政学的リスク

 混乱の中で投票日を迎えた米大統領選挙は、土壇場でトランプ氏が逆転勝利するという …