ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

銀行預金引き出し制限下のギリシャで飛び交うデマから分かること

 

 ギリシャ政府のIMF(国際通貨基金)に対する15億ユーロ(約2000億円)の支払期限である6月30日を迎えたが、本日中に支払いを実施することは不可能とみられている。ただ、IMFは正式にデフォルトを宣言するのかはっきりさせておらず、状況は流動的だ。

girishagikai

 交渉継続となり危機が回避される可能性もあるが、5日に行われる国民投票を待ってからデフォルトになる、あるいは国民投票後、EUとの交渉が継続しても、ギリシャ国内での支払いが滞り、約束手形という事実上の独自通貨の発行に追い込まれるというシナリオも考えられる。

 ギリシャ国内では、以前からこのような状況になることはある程度認識されていたことから、銀行業務が停止した状態でも、それほど大きな混乱にはなっていない。ただ、国内には根拠不明のデマが流れており、それに惑わされる人々も少なくないという。

 アテネ市内では、ATMから預金を引き出すために人々が列を作っている。1日の引き出し額が60ユーロ(約8200円)に制限されているためである。
 ただ一部のATMには、年金生活者が殺到し、ちょっとした混乱になっているという。欧州メディアの報道によると、年金生活者にだけ預金引き出しが無制限になるというデマが広がったことが原因。

 EUとの交渉では、ギリシャ財政における最大の懸案事項である年金の減額がテーマになっていることを考えると、年金生活者だけに特別待遇を実施するというのは常識的にはあり得ないことである。だが、混乱した状態になると、人は容易に願望を事実に変えてしまうということを、このケースは示している。

 評論家の山本七平氏は、太平洋戦争の従軍経験を記した自著の中で、人は極限状態になると、常識とは正反対の決断を下してしまう事例を取り上げている。補給が絶たれ、餓死寸前まで追い込まれたフィリピン・ルソン島で、東海岸まで行けば、日本海軍の船で救出されるというデマが流れたという。

 山本氏によれば、東海岸はとても人が行けるような場所ではなく、皆がそれを認識していたが、いくつかの部隊は、願望と現実の判断がつかなくなり、東海岸に向かい、帰ってくることはなかったという。山本氏は、太平洋戦争当時は日本全体がそのような状況であったと記している。

 年金生活者だけが預金を下ろせるというデマを信じたギリシャ人も、表面的には混乱した様子にはなっていないものの、一種のパニック状態なのだと考えられる。国全体も、時として、願望が過剰となり、現実とは正反対の決断を下す可能性があることを認識しておく必要がありそうだ。

 - 政治, 社会, 経済 , , ,

  関連記事

birukensetsu
テナントがいない?のに都市部で次々と新築ビルが建設されるのはナゼ?

 東京都心など、利便性の高い地域を中心に不動産の建設ラッシュが続いている。一部で …

kokusaishushi201403
3月の経常収支は黒字。赤字拡大ペースの鈍化で為替は凪?

 財務省は2014年5月12日、2014年3月の国際収支を発表した。最終的な国の …

orandotero
パリ同時テロ容疑者、5000発の銃弾を撃ち込んで急襲も、主犯格は拘束できず

 フランスの検察当局は2015年11月18日、同時テロ事件に関与したとみられる武 …

nisegusuri
調剤薬局の偽造薬問題。日本の医薬品行政はまともに機能していない

 C型肝炎治療薬の偽造薬が薬局チェーンで発見されるという、前代未聞の事件が発生し …

puting20
G20ではロシアへの批判が殺到。プーチン大統領は怒って途中帰国?

 オーストラリア・ブリスベンで開催されたG20(20カ国・地域首脳会合)において …

abe001
政府の緊急経済対策がまとまる。内訳は公共事業とファンドを使った事実上の補助金

 安倍政権の目玉政策である緊急経済対策の規模と内容が明らかになった。政府が支出す …

sharp
サムスンがシャープに100億出資。シャープもゾンビ企業への第一歩を踏み出したか?

 経営再建中のシャープは6日、韓国サムスン電子(サムスン電子の日本法人)との資本 …

toshiba03
東芝の不正会計問題。自己資本並みに大きい「のれん代」は大丈夫なのか?

 不正な会計処理が問題となっている東芝は2015年7月21日、田中久雄前社長、佐 …

rikokyoroise
米有力議員団が中国と韓国を相次いで訪問。従軍慰安婦問題が急浮上の可能性も

 米下院外交委員長のエドワード・ロイス議員を中心とした米議員団が中国と韓国を相次 …

narogo01
ロケット「羅老」号の再打ち上げ日が決定。相変わらず韓国人はロケットに近づけず

 トラブルで打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ) …