ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ロケット「羅老」号の再打ち上げ日が決定。相変わらず韓国人はロケットに近づけず

 

 トラブルで打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ)」号の再打ち上げ日程が11月29日となる見通しが高くなってきた。

 韓国教育科学技術部と航空宇宙研究院は、ロケット1段目を製作したロシア側と協議を行い、29日の打ち上げがふさわしいとの結論に達した。
 「羅老(ナロ)」は韓国初の人工衛星搭載ロケットだが、主要な技術のほとんどをロシアに頼っている。10月26日に打ち上げを予定していたが、1段目にガスが漏れのトラブルが生じ、打ち上げが延期されていた。原因の究明や部品の調達はすべてロシア側が行うことになっており、今月の18日になってようやくロシアから部品が到着し、打ち上げの準備に入れるようになった。

 ロシア側は技術の流出を極度に警戒しており、韓国人技術者はロケットに近づくことすらできないといわれている。ロケット近辺での作業はロシア人ばかりが配置されている。

 人工衛星搭載ロケットが自力開発できると、国際社会では事実上の核保有国とみなされ、諸外国に対する影響力が劇的に向上する。一流国の仲間入りを目指したい韓国にとっては、衛星打ち上げ可能なロケットの開発は悲願であった。
 だがロケットの自力開発は困難を極め計画は頓挫。諸外国から技術援助 を受けるやり方に転換したものの、米国や日本は技術供与を断り、フランスは法外な価格を提示したといわれている。最終的にロシアから技術を購入して作られたのがこの羅老号だが、実質的には技術の購入ではなく、製品の購入に近い形での妥協を強いられている。

 羅老号の打ち上げには、過去何度も失敗しており、韓国政府としては、もう失敗は許されない。配水の陣となる次回打ち上げの秒読み開始は近い。

 - 政治, 社会

  関連記事

no image
西宮伸一中国大使が、渋谷の路上で倒れ病院に搬送。時期が時期だけに様々な憶測が

 13日午前8時45分頃、中国大使に就任したばかりの外務省の西宮伸一駐氏(60) …

zaiseishuusi
骨太の方針に歳出上限を盛り込まない公算。市場はこれをどう受け止めるか?

 政府は今月末に経済財政運営の基本指針「骨太の方針」の閣議決定を予定しているが、 …

clinton201601
「まさか」の状況となりつつある米大統領選挙。ブルームバーグ氏出馬検討の報道も

 米国の大統領選挙が大混戦の様相を呈してきている。当初、圧倒的に有利だった民主党 …

tokyotower02
世界観光ランキングで日本の順位が急上昇。要因は評価項目の入れ替え

 世界経済フォーラムは2015年5月6日、2015年の旅行・観光競争力ランキング …

pakucongress
日本を批判したとされる朴槿恵大統領の議会演説はどう解釈すべきか?

 訪米中の韓国の朴槿恵大統領は5月8日、上下両院の合同会議で演説した。前日のオバ …

no image
決着が付いていない中国の政権争い。誰と誰が揉めているの?

 中国の次期政権をめぐるゴタゴタはまだ解決していないようだ。  党総書記に内定し …

trumpkakuhoyu
トランプ候補が党大会を期に現実路線に一気に転換。本選挙では有利な展開に?

 米共和党大会でドナルド・トランプ氏が正式が大統領候補に指名されたことを受け、同 …

senkaku
中国が南シナ海で実力行使を宣言。尖閣諸島ではそうしない理由

 中国の国営新華社通信は29日、南シナ海で中国が領有権を主張する海域に入ってきた …

saikousai
波紋を呼ぶ前内閣法制局長官の発言。やはり日本では三権分立は無理なのか?

 前内閣法制局長官で最高裁判事に任命された山本庸幸氏は21日、記者会見において「 …

kosokudoro02
高速道路無料化は永久に無理?高速3社が老朽化対策に10兆円必要との試算

 高速道路3社(東日本、中日本、西日本)は4月25日、高速道路の老朽化対策に関す …