ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソニーが最悪のタイミングで増資を発表。もはやグローバル企業ではなくなった?

 

 ソニーが突然、公募増資などによる最大4400億円の資金調達を発表した。業績回復の道筋は見えておらず、しかも総会直後に発表するという、既存株主をないがしろにしたかのような姿勢に海外メディアも含めて批判の声が高まっている。

sonyhirai

 同社は2015年6月30日、公募増資と新株予約権付社債(転換社債型)の発行で最大4400億円を調達する計画を発表した。調達の上限額は公募増資が3200億円、新株予約権付き社債が1200億円。資金はデバイス分野の生産能力増強などに投じる予定としている。
 現在、同社の自己資本は約3兆円なので、増資によって自己資本は最大で10%強増えることになり、既存株主の持ち分は希薄化する。

 前期の決算は1260億円の赤字、その前の期(2014年3月期)は1280億円の赤字であった。2016年3月期については、営業利益3200億円を実現するとしているが、あくまで会社側の予想であり、実現できるのか現時点では定かではない。しかもソニーは過去何度も業績の下方修正を繰り返しており、会社予想に対する信頼はかなり低い状態にある。
 毎期赤字を垂れ流し、業績回復の実績も上げられていない中で増資を発表したソニーの姿勢には内外から疑問の声が上がっている。当日の株式市場は、増資が報じられてわずか数分で10%近くも下落するという異常事態となった。

 来期は業績が回復するという同社の見立てが正しいのであれば、その兆候は第1四半期の決算に表れているはずである。第1四半期の決算を発表してからの方が圧倒的に信頼度が高まるだろう。決算の実績も示さず、しかも、株主総会直後に発表するというのは、株主を軽視していると見なされても仕方がない。

 ソニーはトヨタと並んで、グローバルに注目されていた数少ない日本企業であった。ソニーの業績悪化に対しては、一部の海外株主がコンテンツ事業の分社化を求めるなど、苛立ちを強めている。今回の唐突な増資はこうした株主とのコミュニケーションをさらに難しくするかもしれない。一部の海外メディアは、今回の増資に対して手厳しく批判している。

 株主利益を顧みない一方的な増資は日本市場ではめずらしくない光景だが、グローバル企業であるとソニーということになると話は変わってくる。
 ソニーの経営陣が、日本型ムラ社会の景色だけしか見えなくなっているのだとすると、かなり由々しき事態である。今回の増資はソニーというグローバルブランドの終わりの始まりなのかもしれないという見立ては、極端過ぎると斬って捨ててもよいものだろうか。

 - 経済 ,

  関連記事

facebookcom
米国以外はカネにならない?フェイスブックに見る地域ごとのマネタイズ難易度

 SNS最大手の米フェイスブックは2014年4月23日、2014年1~3月期の決 …

canonooita
キヤノンがデジタルカメラの生産を完全自動化する本質的意味とは?

 キヤノンは2015年7月4日、国内のデジタルカメラ生産を自動化するための設備を …

businessman04
労働者の賃金がさらに減少。賃上げ実施後もあまり期待できない理由とは?

 厚生労働省は2014年2月20日、2013年賃金構造基本統計調査の結果を発表し …

abe20130113
安倍首相が参院選を優先しTPP交渉参加の表明を見送り。日米交渉への影響は?

 安倍首相は、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加問題について、2月以降 …

factory01
製造業の就業者が減少との調査結果。だが減っているのは製造業だけではない

 総務省は2月1日、2012年12月分の労働力調査の結果を発表した。それによると …

panamagasaki
パナソニックのプラズマ撤退劇に見る、日本企業の「決断できない」体質

 パナソニックは2013年度末をメドにプラズマテレビ向けのパネル生産を停止する。 …

watsonibm
人工知能の本格普及が始まる兆し。これからの時代、知的職業はどう変わるのか?

  米IBMは2014年10月8日、同社の人工知能「ワトソン」を本格普及させるた …

eu
EUが経済成長見通しを下方修正。緊縮財政は事実上棚上げか?

 EU(欧州連合)の欧州委員会は5月3日、2013年春の欧州経済見通しを発表した …

kokkaigijido
自民党内で大型補正予算論が台頭。税収は見積もりを下回っており国債増発は必至

 英国のEU離脱を受け、与党内で大型の景気対策を求める声が高まっている。中には2 …

jiminzeiseikaisei201412
税制改正大綱が決定。注目点は法人減税と高齢者から子や孫への資産移転

 自民、公明両党は2014年12月30日、2015年度税制改正大綱を決定した。焦 …