ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

家計の金融資産は1700兆円を突破。株式は3年で2倍になった

 

 日銀は2015年6月29日、1~3月期の資金循環統計を発表した。3月末の家計における金融資産残高は、前年同期比で5.2%増の1708兆円となった。1700兆円台に乗せるのは初めてのことになる。株高による株式の時価総額増大が大きく影響した。

nichigin04

 安倍政権発足前の2012年9月末時点の金融資産残高は1510兆円だったので、3年弱で13%金融資産が増えた計算になる。
 金融資産の中で突出して増えているのはやはり株式である。同じ期間で、株式・出資金は87兆円から184兆円と2倍以上の増加となり、投資信託も58兆円から95兆円と1.6倍に拡大した。現預金は883兆円あり、依然として全体の過半数を占めている。ただ、2012年からの比較では43兆円の増加(5.1%)にとどまっており、現預金の比率は低下している。

 もっとも割合を減らしているのは債券で、2015年1~3月期は前年同期比で7.1%の減少となった。2012年9月からの比較では18%減っている。

 円安を背景に外貨資産も増えている。2015年1~3月期の残高は43兆7000億円で前年からは2.6%増加した。ただ、家計の資産全体に対する割合は低く、基本的に国内向けの投資が中心という構図は変わっていない。

 一方、法人なども含め、日本全体で見た場合の海外投資はかなり増加している。日本の対外債権の総額は931兆円となっており、約1.5倍に拡大した。機関投資家や事業法人に中心に海外市場への投資が増えたことに加え、円安で日本円ベースの残高が増えたことが主な要因。

 アベノミクスの恩恵は、資産を持つ富裕層に限定されているという批判があるが、資金循環統計の結果は、良くも悪くも、資産価格上昇の影響が大きかったという現実をよく表しているだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

mitsukoshi
個人消費が中間層にも拡大の兆し。日本経済が構造転換したサインか?

 これまで富裕層に限定されていた消費拡大が中間層にも波及する可能性が出てきた。日 …

usakoyoutoukei201702
良好な米雇用統計で、3月利上げの確率がさらに高まる。資産縮小論の可能性も

 米労働省は2017年3月10日、2月の雇用統計を発表した。代表的な指標である非 …

meti03
官製ベンチャーキャピタルの産業革新機構は、まるで公共工事のゼネコン

 産業革新機構は2014年1月8日、日米両国のベンチャー企業育成を手がける株式会 …

harukakurisu
春香クリスティーンの靖国発言で浮き彫りになった、新聞切り抜きという「昭和な」習慣

 靖国参拝に関する発言からブログやツイッターが炎上した春香クリスティーンさんは、 …

nichigin04
7~9月期GDPのマイナス予想で高まる追加緩和期待。だが日銀のジレンマは大きい

 7~9月期のGDP(国内総生産)がマイナス成長となる可能性がさらに高まってきた …

nihondensan
シャープ元社長の片山氏が日本電産副会長へ。永守氏の後継者問題はどうなる?

 日本電産が、シャープの片山幹雄元社長を副会長執行役員として迎え入れる。日本電産 …

sharp
シャープは政府ファンドのリストラ案を嫌い、鴻海による買収で最終調整?

 経営再建中のシャープは、台湾の鴻海精密工業による買収案を受け入れる方向で調整を …

nihonen
円高が止まらない。政策の手詰まり状態を市場は見透かしている?

 為替市場で急速な円高が進んでいる。欧州で英国のEU(欧州連合)離脱への警戒感が …

businessman02
2016年1~3月期GDPはプラス転換だが、うるう年効果が大きく実質ゼロ成長

 内閣府は2016年4月18日、2016年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

tosho
東証が企業に対して踏み込んだ適時開示をするよう指導中。背後にある問題とは?

 東京証券取引所が、投資家に対する適時開示について、より踏み込んだ内容にするよう …