ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ギリシャの国民投票は緊縮策にNo。約束手形の発行となれば、事実上のドラクマ復活?

 

 IMF(国際通貨基金)など国際機関に対する支払いができない状態にあるギリシャで2015年7月5日、EUが求める緊縮策についての賛否を問う国民投票が実施された。反対が賛成を上回り、チプラス首相は勝利宣言を行った。EU側が譲歩しない場合には、ギリシャがユーロ圏を離脱する可能性がさらに高まってきた。

girishagikai

 ギリシャ政府は、IMFに対する15億ユーロ(約2000億円)の支払ができず、事実上のデフォルト状態にある。ただ、IMFは正式にデフォルト宣言は行っておらず、延滞という扱いにして状況の推移を見守っている。ギリシャ側がEUが提示する緊縮策を受け入れるのか、国民投票を実施すると主張していたからである。

 大方の関係者は、国民投票によって緊縮策を受け入れると考えていたが、この期待は見事に裏切られた。チプラス首相は、かねてから国民投票の結果がノーであっても、交渉のテーブルに付くと明言しており、この結果を持って、再度、EU側と交渉する腹づもりである。

 しかし、土壇場で国民投票を持ち出し、交渉を白紙にしたことで、EUのギリシャに対する不審感は高まっており、従来と同じように交渉ができる保障はない。EU側のホンネとしては、何としてもギリシャのEU離脱を防ぎたいところだが、一方的な譲歩を繰り返すことにも限界がある。ギリシャ側の開き直りともいえるスタンスを受け入れるのかどうかは、微妙な状況といってよいだろう。

 仮に交渉が再スタートするにしても、現在、ギリシャの銀行は資金が不足した状況にある。ECB(欧州中央銀行)からの資金繰り支援がなければ、閉鎖された銀行を再開するのは難しい。ECBが無条件に支援を再開する可能性は低く、そうなってくると、ギリシャ政府は、日々の支払いにも窮することになる。

 場合によっては、政府は約束手形であるIOUの発行に追い込まれるかもしれない。IOUはユーロと異なりギリシャ政府の信用しか価値を維持する仕組みがなく、もしこれが市場に流通することになると、独自通貨は発行していなくても、実質的に旧通過であるドラマが復活したのと同じ状態になる。交渉の先行きが見えない状況が続いた場合、約束手形は紙切れ同然となり、一気にインフレが進行する可能性もあるだろう。

 ギリシャ国民にその意識があるかどうかは分からないが、ギリシャは完全にチキン・レースを仕掛けている。今後の推移は、ギリシャのEU残存というメリットを考え、EU側がどこまでこのチキン・レースに付き合うのかにかかっている。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

suga04
野党分断に八面六臂の活躍。安倍政権最大のキーマン菅官房長官

 安倍政権のキーマン中のキーマンといわれる菅官房長官の動きに注目が集まっている。 …

apuruwochi
4~6月期決算が絶好調なのに、アップルの株価が大幅下落となった理由

 米アップルは2015年7月21日、2015年4~6月期の決算を発表した。売上高 …

sumitomochiba
国内化学各社が相次いでエチレン生産から撤退。米国シェールガス革命のインパクト

 住友化学は2月2日、石油化学製品の原料であるエチレンの国内生産を停止すると発表 …

kosokudoro02
消費税の影響は今のところ限定的だが、やはり公共事業頼み?

 消費増税後の景気を、活発な公共事業が支える構図が明確になっている。内閣府が発表 …

sutisenkyo
ミャンマーで歴史的な政権交代へ。だがスー・チー氏にとっては過大山積

 50年以上にわたって軍による独裁政権が続いてきたミャンマーで2015年11月8 …

saieibun201601
台湾総統選挙で民進党が圧勝。議会も過半数となるのは分離以後初めて

 台湾で2016年1月16日、総統(大統領)選挙が行われ、野党・民進党の蔡英文主 …

ieren03
6月のFOMC、年内利上げは変わらずも時期は明言せず。不安要因は過度なドル高

 FRB(連邦準備制度理事会)は2015年6月17日、FOMC(連邦公開市場委員 …

ospray
オスプレイ導入の本質は自衛隊の海外展開能力。そろそろ国民的議論が必要な時期に

 新型輸送機オスプレイ運用をめぐる日米の動きが活発になってきている。米軍と海上自 …

torisimariyaku
経済同友会が独立取締役の義務化を要望。実現がほぼ絶望的な理由とは?

 経済同友会は10月28日、企業からの独立性が高い「独立取締役」の設置を上場企業 …

robotfunuc
ロボットが普及すると仕事が減るはずでは?経産省の試算がイメージと逆な理由

 ロボットや人工知能(AI)が普及すると仕事がなくなってしまうというのが一般的な …