ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ギリシャの国民投票は緊縮策にNo。約束手形の発行となれば、事実上のドラクマ復活?

 

 IMF(国際通貨基金)など国際機関に対する支払いができない状態にあるギリシャで2015年7月5日、EUが求める緊縮策についての賛否を問う国民投票が実施された。反対が賛成を上回り、チプラス首相は勝利宣言を行った。EU側が譲歩しない場合には、ギリシャがユーロ圏を離脱する可能性がさらに高まってきた。

girishagikai

 ギリシャ政府は、IMFに対する15億ユーロ(約2000億円)の支払ができず、事実上のデフォルト状態にある。ただ、IMFは正式にデフォルト宣言は行っておらず、延滞という扱いにして状況の推移を見守っている。ギリシャ側がEUが提示する緊縮策を受け入れるのか、国民投票を実施すると主張していたからである。

 大方の関係者は、国民投票によって緊縮策を受け入れると考えていたが、この期待は見事に裏切られた。チプラス首相は、かねてから国民投票の結果がノーであっても、交渉のテーブルに付くと明言しており、この結果を持って、再度、EU側と交渉する腹づもりである。

 しかし、土壇場で国民投票を持ち出し、交渉を白紙にしたことで、EUのギリシャに対する不審感は高まっており、従来と同じように交渉ができる保障はない。EU側のホンネとしては、何としてもギリシャのEU離脱を防ぎたいところだが、一方的な譲歩を繰り返すことにも限界がある。ギリシャ側の開き直りともいえるスタンスを受け入れるのかどうかは、微妙な状況といってよいだろう。

 仮に交渉が再スタートするにしても、現在、ギリシャの銀行は資金が不足した状況にある。ECB(欧州中央銀行)からの資金繰り支援がなければ、閉鎖された銀行を再開するのは難しい。ECBが無条件に支援を再開する可能性は低く、そうなってくると、ギリシャ政府は、日々の支払いにも窮することになる。

 場合によっては、政府は約束手形であるIOUの発行に追い込まれるかもしれない。IOUはユーロと異なりギリシャ政府の信用しか価値を維持する仕組みがなく、もしこれが市場に流通することになると、独自通貨は発行していなくても、実質的に旧通過であるドラマが復活したのと同じ状態になる。交渉の先行きが見えない状況が続いた場合、約束手形は紙切れ同然となり、一気にインフレが進行する可能性もあるだろう。

 ギリシャ国民にその意識があるかどうかは分からないが、ギリシャは完全にチキン・レースを仕掛けている。今後の推移は、ギリシャのEU残存というメリットを考え、EU側がどこまでこのチキン・レースに付き合うのかにかかっている。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

josei02
女性登用目標値設定など、労働慣行に対する「上からの改革」が急ピッチで進行中

 日本の労働慣行に対する「上からの改革」が急ピッチで進められるようとしている。政 …

mof03
財務省は異例の3人連続の同期次官。次は82年入省組から次官就任か?

 財務省は2015年7月7日、幹部人事を発表した。事務次官は事前に報道された通り …

hasimoto2
橋下氏が自民憲法草案に懸念表明。今こそ議論すべき「法の支配」と「法による支配」の違い

 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は5月12日、自民党の憲法改正草案について …

kokusaishushi201410
国際収支は円安による投資収益の拡大で改善傾向。日本は成熟国への道を歩む

 日本の国際収支が円安によって改善してきた。期待されていた輸出の回復によるもので …

google2014
グーグルの4~6月期決算。クリック数、単価ともに安定的に推移

 ネット検索大手米グーグルは2014年7月17日、2014年4~6月期の決算を発 …

kyosantobakuha
中国共産党庁舎爆破事件。動揺が走るも中国の体制崩壊につながる可能性は低い

 中国北部の山西省太原市で11月6日、連続爆破事件が発生した。中国共産党省委員会 …

kukanjokin
空間除菌グッズの表示をめぐって消費者庁と大幸薬品が大バトル

 空間除菌グッズをめぐる消費者庁と事業者のバトルが激しくなっている。きっかけは消 …

shukinoeisai
訪中した金正恩氏の特使が帰国ギリギリで習近平主席と会談。垣間見える中国側の苛立ち

 北朝鮮の金正恩第1書記の特使として中国を訪問している朝鮮人民軍総政治局長の崔竜 …

kinyuucho
金融庁が空売り規制をようやく緩和。株式市場はようやく平時の状態へ

 金融庁は3月7日、株式の「空売り規制」を緩和すると発表した。金融庁はリーマンシ …

newyork
米国失業率が4年ぶりの低水準。米国経済の復活で世界のお金の流れが大逆転?

 米労働省は3月8日、2月の雇用統計を発表した。これによると、非農業部門雇用者数 …