ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ギリシャの国民投票は緊縮策にNo。約束手形の発行となれば、事実上のドラクマ復活?

 

 IMF(国際通貨基金)など国際機関に対する支払いができない状態にあるギリシャで2015年7月5日、EUが求める緊縮策についての賛否を問う国民投票が実施された。反対が賛成を上回り、チプラス首相は勝利宣言を行った。EU側が譲歩しない場合には、ギリシャがユーロ圏を離脱する可能性がさらに高まってきた。

girishagikai

 ギリシャ政府は、IMFに対する15億ユーロ(約2000億円)の支払ができず、事実上のデフォルト状態にある。ただ、IMFは正式にデフォルト宣言は行っておらず、延滞という扱いにして状況の推移を見守っている。ギリシャ側がEUが提示する緊縮策を受け入れるのか、国民投票を実施すると主張していたからである。

 大方の関係者は、国民投票によって緊縮策を受け入れると考えていたが、この期待は見事に裏切られた。チプラス首相は、かねてから国民投票の結果がノーであっても、交渉のテーブルに付くと明言しており、この結果を持って、再度、EU側と交渉する腹づもりである。

 しかし、土壇場で国民投票を持ち出し、交渉を白紙にしたことで、EUのギリシャに対する不審感は高まっており、従来と同じように交渉ができる保障はない。EU側のホンネとしては、何としてもギリシャのEU離脱を防ぎたいところだが、一方的な譲歩を繰り返すことにも限界がある。ギリシャ側の開き直りともいえるスタンスを受け入れるのかどうかは、微妙な状況といってよいだろう。

 仮に交渉が再スタートするにしても、現在、ギリシャの銀行は資金が不足した状況にある。ECB(欧州中央銀行)からの資金繰り支援がなければ、閉鎖された銀行を再開するのは難しい。ECBが無条件に支援を再開する可能性は低く、そうなってくると、ギリシャ政府は、日々の支払いにも窮することになる。

 場合によっては、政府は約束手形であるIOUの発行に追い込まれるかもしれない。IOUはユーロと異なりギリシャ政府の信用しか価値を維持する仕組みがなく、もしこれが市場に流通することになると、独自通貨は発行していなくても、実質的に旧通過であるドラマが復活したのと同じ状態になる。交渉の先行きが見えない状況が続いた場合、約束手形は紙切れ同然となり、一気にインフレが進行する可能性もあるだろう。

 ギリシャ国民にその意識があるかどうかは分からないが、ギリシャは完全にチキン・レースを仕掛けている。今後の推移は、ギリシャのEU残存というメリットを考え、EU側がどこまでこのチキン・レースに付き合うのかにかかっている。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

yosankyosho2015
オバマ政権が2015年度予算教書を発表。米国の財政収支改善がより明確に

 米大統領府(ホワイトハウス)は2015年会計年度(2014年10月~2015年 …

macronsousenkyo
フランス総選挙でマクロン新党が圧勝。第六共和政がスタートする?

 フランス国民議会の総選挙が11日に行われ、マクロン大統領が率いる新党「共和国前 …

bukkajoushou
企業による物価見通しは1.5%の上昇。給料アップが追い付かないのは確実

 日銀は2014年4月2日に発表した企業短期経済観測調査(短観)の中で、企業の物 …

no image
IMFが指摘。日本の金融機関はもうこれ以上、国債を買い支えることはできない

 IMF(国際通貨基金)がいよいよ日本の国債消化能力ついて懸念を表明し始めた。 …

joseiroudou
女性の賃金が過去最高を更新したのは、皮肉にも日本が貧しくなっているから

 厚生労働省は21日、賃金構造基本統計調査の結果を発表した。それによると、201 …

takenaka
竹中氏と三木谷氏が突如反乱?産業競争力会議が安倍政権のアキレス腱に?

 これまで官僚主導で予定調和的に進んできた政府の産業競争力会議の雰囲気が変わって …

google2014
無敵のグーグルがとうとう失速開始?拡大の一途を辿ってきたクリック数が減少

 これまで破竹の勢いだったグーグルにとうとう失速の兆しが出てきた。同社は2014 …

abekenpou
安倍首相が集団的自衛権の議論再開を表明。改憲論者にはむしろ逆風?

 安倍内閣の長期政権化が見えてきたことで、集団的自衛権に関する議論が本格化しつつ …

kabuka
公的年金がリスクの高いアクティブ運用にシフト。背景には何が?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2015年4月1 …

abekaisan20141113
7~9月期のGDPは予想通り思わしくない可能性が大。増税スキップは政治判断へ

 11月17日に発表される7~9月期の実質GDPの数字が思わしくない可能性がさら …