ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本企業の世界シェア調査。トップ品目も多いが、縮小市場・低付加価値が目立つ

 

 日本経済新聞社は2015年7月5日、2014年における主要商品・サービスシェア調査の結果を発表した。調査対象となった50品目のうち、日本企業は9品目で首位だったが、低付加価値製品や縮小する市場でのシェア拡大が目立ち、成長市場を取り込めていない現状が浮き彫りとなった。

ichiganrefu

 首位となったのは、炭素繊維、自動車、レンズ交換式カメラ、マイコン、産業用ロボットなど。このうち、産業用ロボットは、かなり以前から日本のシェアは断トツであり、最近の特徴というわけではない。自動車も似たような状況といってよいだろう。一方、炭素繊維については、東レがボーイング向けの大量受注を獲得するなど、成長市場で高いシェアを獲得できた例といえる。

 だが、それ以外の品目を見ると、マイコンや白色LEDなど、付加価値が低い分野も目立つ。ルネサスは一時は経営危機に陥った企業であり、シェアが1位でも、利益には結びついていない。
 また、デジタルカメラとレンズ交換式カメラの分野では、依然としてキャノンとニコンが高いシェアだが、デジタルカメラの市場規模は1年間で35%も縮小、レンズ交換式カメラも17%の低下となった。ソニーのゲーム機器も43%のシェアだが、市場そのものはスマホに押され13%も減っている。

 3日に発表された2015年版通商白書では、日本企業の収益力に関する課題が列挙されている。多角的事業を行っている日本企業の収益性は突出して低く、米国企業の4割、欧州企業の半分、アジア企業の6割にとどまっている。

 営業利益率10%未満の事業が全体の9割を占めており、ほとんど儲かっていない状況が続く。中国向けの輸出についてドイツ企業と日本企業を比較した調査では、数量・価格とも上昇している品目が多いドイツ企業に比べて、日本企業は数量は増加しても、単価が上昇していない。つまり日本企業の競争力は、ドイツ企業よりも低いということになる。

 日本がすでに高付加価値型の産業構造から転落しているという現実は、かなり以前から指摘されているが、国内における自覚は薄い。今のところ円安によって見かけ上の売上げと利益は増加しているが、それは本質的な収益力の拡大ではない。

 - 経済 ,

  関連記事

ierensamazu
FRB議長の後任人事。市場はサマーズ氏ではなくイエレン副議長を望んでいるが・・・

 米国における量的緩和策の出口戦略が明確になりつつある中、来年早々にも退任すると …

shanhai
中国から200兆円を超えるお金が不正に流出。中国の金庫は実はスッカラカン?

 米国の民間研究機関グローバル・フィナンシャル・インテグリティー(GFI)は17 …

kabuka
公的年金がリスクの高いアクティブ運用にシフト。背景には何が?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2015年4月1 …

sirakawajinin
日銀の白川総裁が任期を残して辞任表明。これ以上の譲歩を避ける狙いか

 日銀の白川総裁は2月5日、安倍首相と官邸で会談し、4月8日の任期を待たず、3月 …

zangyou
米国人は仕事中毒?休暇中もノートパソコンを叩く人が増加中

 米国では休暇先にパソコンを持ち込み、仕事をする人が増えているという。日本では残 …

tosho05
年金運用の株式シフトが急加速。すでに買い出動を始めている可能性も

 公的年金の運用における株式シフトが一気に進みそうな状況となっている。背景には足 …

beijing
中国経済の実態を表す「本物」の経済統計が発表。格差は世界最悪の水準

 中国経済の本当の姿を示す調査結果が市場で話題となっている。四川省の大学が失業率 …

freeway
原油価格の下落は、世界経済にとってプラスなのかマイナスなのか?

 安い原油価格を背景に、米国で自動車が好調な売れ行きを見せている。原油価格の下落 …

nichigin04
日銀が追加の量的緩和策を見送り、金融政策を現状維持とした理由

 日銀は2014年4月8日、金融政策決定会合を開催し、金融政策の現状維持を決定し …

ketusgo
新経済連盟の三木谷代表が提言書を提出。英語などグローバル色を強く打ち出す内容

 新経済連盟の三木谷浩史代表理事は4月17日、甘利明経済財政・再生相と会談し、新 …