ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

財務省は異例の3人連続の同期次官。次は82年入省組から次官就任か?

 

 財務省は2015年7月7日、幹部人事を発表した。事務次官は事前に報道された通り、田中一穂主計局長が昇格した。同期が3人続けて次官になるという異例の人事となった。

mof03

 財務省の人事は、ここ数年、通常のローテーションとは異なる状態が続いていた。その理由は、消費増税という財務省あげてのプロジェクトを遂行するため、勝栄二郎元次官が長期登板を続けていたためである。
 勝氏の後任には、真砂氏が就任したが1年で退任、木下氏も1年で後任の香川氏に席を譲っていた。木下氏と香川氏は同期(79年入省)なので、本来であれば、81年入省組が次の事務次官候補ということになる。だが、香川氏の後任はやはり79年入省の田中氏となった。

 田中氏は、理財局長から主税局長、主計局長を経て次官となっている。官房長から主計局長を経て次官になるケースが多いことを考えると、非常に珍しいケースといえる。田中氏を起用したのは官邸対策という声がもっぱらである。
 田中氏は2006年の第1次安倍内閣で首相秘書官に就任しており、安倍氏からの信頼が厚いといわれる。財政再建が先送りになるなど、財務省としては悩ましい状況が続いており、官邸とのパイプを重視した。

 定常的ではない人事が続いているので、田中氏の後任が誰になるのかは、何とも言えない。今回の人事で官房長から主計局長に昇格した福田淳一氏(82年)は最有力候補のひとりだろう。その後には、主計局次長から官房長に昇格した岡本薫明氏(83年)などが控えている。ただ、政局の動向によっては、再び人事が流動的になる可能性もある。

 財務官には国際局長だった浅川雅嗣氏(81年)が昇格した。後任の国際局長には、浅川氏と同期の門間大吉財務総合政策研究所長が就任している。同期で上司と部下になる珍しいケースと話題になっているが、財務総合政策研究所長から国際局長への異動は定常的な人事なので、大きな変化とはいえないだろう。

 田中氏は、東大法学部卒、1979年大蔵省(現財務省)入省。主計官(厚労)、首相秘書官、理財局長、主税局長などを経て2014年7月から主計局長を務めていた。東京都出身の59歳。

 - 政治 , ,

  関連記事

sen15 00
過労?プレッシャー?中国空母艦載機の開発責任者が着艦成功直後に心臓発作で急死

 中国初の空母「遼寧」の艦載機開発プロジェクトの総責任者が、発の発着艦訓練に成功 …

puting20
G20ではロシアへの批判が殺到。プーチン大統領は怒って途中帰国?

 オーストラリア・ブリスベンで開催されたG20(20カ国・地域首脳会合)において …

abe20141021b
消費低迷で高まる増税先送り論。だが現実には決断は困難?

 消費の低迷が顕著になってきたことから、消費税の10%増税に反対する声が高まって …

tppabe
TPPの影響試算を政府が公表。だが一般均衡モデルを使った試算にはほとんど意味がない

 政府は3月15日、安倍首相によるTPP参加表明を受けて、その経済効果に関する影 …

houdounojiyu2014
日本において報道の自由を奪っているのは誰か?

 国際的な報道の自由度ランキングで日本の順位が急落していることが話題となっている …

ippankyosho
オバマ政権の関心は経済しかない。一般教書演説から占う米中関係と日米関係

 米国のオバマ大統領は2014年1月28日、米議会において一般教書演説を行った。 …

aribabachugoku
粗悪品の出品をめぐり中国当局とアリババが対立。やはりチャイナ・リスクは存在

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年1月29日、2014年10 …

egyptdemo
「アラブの春」の実態が明らかに。エジプトでモルシ大統領が独裁者に豹変

 エジプト各地で大統領権限を大幅に強化したモルシ大統領に対する大規模なデモが発生 …

setubitousi
政府与党内で減税論議が本格化。設備投資減税が中心だが場合によっては法人減税も

 9月になり、秋の臨時国会が視野に入り始めたことで、政府与党内における減税論議が …

keizaizaiseisimon201410
政府がとうとう7~9月期GDPの弱含みについてアナウンスを開始?

 10%消費増税の判断材料となる7~9月期のGDP(国内総生産)について、数値が …