ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

財務省は異例の3人連続の同期次官。次は82年入省組から次官就任か?

 

 財務省は2015年7月7日、幹部人事を発表した。事務次官は事前に報道された通り、田中一穂主計局長が昇格した。同期が3人続けて次官になるという異例の人事となった。

mof03

 財務省の人事は、ここ数年、通常のローテーションとは異なる状態が続いていた。その理由は、消費増税という財務省あげてのプロジェクトを遂行するため、勝栄二郎元次官が長期登板を続けていたためである。
 勝氏の後任には、真砂氏が就任したが1年で退任、木下氏も1年で後任の香川氏に席を譲っていた。木下氏と香川氏は同期(79年入省)なので、本来であれば、81年入省組が次の事務次官候補ということになる。だが、香川氏の後任はやはり79年入省の田中氏となった。

 田中氏は、理財局長から主税局長、主計局長を経て次官となっている。官房長から主計局長を経て次官になるケースが多いことを考えると、非常に珍しいケースといえる。田中氏を起用したのは官邸対策という声がもっぱらである。
 田中氏は2006年の第1次安倍内閣で首相秘書官に就任しており、安倍氏からの信頼が厚いといわれる。財政再建が先送りになるなど、財務省としては悩ましい状況が続いており、官邸とのパイプを重視した。

 定常的ではない人事が続いているので、田中氏の後任が誰になるのかは、何とも言えない。今回の人事で官房長から主計局長に昇格した福田淳一氏(82年)は最有力候補のひとりだろう。その後には、主計局次長から官房長に昇格した岡本薫明氏(83年)などが控えている。ただ、政局の動向によっては、再び人事が流動的になる可能性もある。

 財務官には国際局長だった浅川雅嗣氏(81年)が昇格した。後任の国際局長には、浅川氏と同期の門間大吉財務総合政策研究所長が就任している。同期で上司と部下になる珍しいケースと話題になっているが、財務総合政策研究所長から国際局長への異動は定常的な人事なので、大きな変化とはいえないだろう。

 田中氏は、東大法学部卒、1979年大蔵省(現財務省)入省。主計官(厚労)、首相秘書官、理財局長、主税局長などを経て2014年7月から主計局長を務めていた。東京都出身の59歳。

 - 政治 , ,

  関連記事

watanabeyosimi
みんなの党が維新との合流を断念。渡辺代表が父親譲りのダジャレで決別宣言

 みんなの党の渡辺代表は27日、政策が一致していないとして、日本維新の会との合流 …

abekenpou
憲法解釈の見直しに、何故か内閣法制局が障壁となっていた日本の不思議

 安倍首相は8月2日、内閣法制局の新しい長官に、集団的自衛権の行使に前向きとされ …

tennouheika02
天皇陛下が生前退位のご意向。皇室典範に関する速やかな議論が必要

 天皇陛下が「生前退位」の意向を示されていることが明らかとなった。現行の皇室典範 …

amari
政府が正式にTPP交渉参加を表明へ。だが交渉は大詰めで時すでに遅しか?

 安倍首相は3月15日に、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の交渉参加を正式 …

saka
竹中氏の天敵、日本郵政の坂社長が政府与党からの批判を受け半年で退任

 日本郵政の坂篤郎社長が退任する見通しになったと各紙が報じている。坂社長は昨年1 …

kokkaigijido
自民党内で大型補正予算論が台頭。税収は見積もりを下回っており国債増発は必至

 英国のEU離脱を受け、与党内で大型の景気対策を求める声が高まっている。中には2 …

merukerurainiti02
ドイツが慰安婦発言をめぐって日本側を翻弄。メルケル首相の狙いは?

 ドイツのメルケル首相の発言をめぐって、政府と民主党の間で、「言った言わない」論 …

myanmer02
民主化に逆行?ミャンマーで仏教徒女性の異教徒との結婚を制限する法案が波紋を呼ぶ

 民主化と経済開放が続くミャンマーで、議会に提出が予定されているある法案をめぐっ …

no image
イタリアで地震予知の専門家に実刑というトンデモ判決。だがこれは別の見方もできる

 イタリアで22日、大地震の予知ができなかったとして、同国の地震予知の専門家ら7 …

no image
石油で世界制覇を目論むロシア。危険なゲームに乗り出す英国。日本も巻き込まれるゾ!

 ロシアの国策石油会社の存在感が高まっている。  ロシアの国営石油最大手ロスネフ …