ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

止まらない中国株の下落。昭和30年代の日本市場との類似性

 

 中国株の下落が止まらない状況が続いている。中国政府は、相次いで株価対策を打ち出しているが効果はない。中国株下落の世界市場への影響は限定的との見方が多いが、しばらくは荒れる市場が続く可能性が高くなってきた。

shanhai

 上海総合指数は6月中旬には5000を超えていたが、下旬から急速に値を下げ、7月8日には8%の急落となり3507で取引を終えた。1カ月で3割の時価総額が吹き飛んでしまった計算になる。

 中国政府は、証券会社によるETF(上場投資信託)の買い支え、株式取引手数料の引き下げ、信用取引の規制緩和、IPOの抑制など、矢継ぎ早に株価対策を打ち出しているが、効果はいまひとつだ。
 中国には機関投資家が十分に育っておらず、個人投資家や事業法人による投機の影響が大きい。一旦、相場が下げに転じてしまうと、売りが売りを呼ぶ展開となりやすい。中国当局は信用不安を防ぐため、証券会社に対する無制限の流動性供給を行うことも決定している。

 一連の中国市場をめぐる状況は、実はかつての日本と似ている。昭和30年代、神武景気と岩戸景気を背景に日本の株式市場は株高に湧いていた。300円台だった日経平均は数年で1800円に迫る水準まで上昇し、証券会社は投資信託の大量推奨販売を通じて相場を煽っていた。
 当時の日本市場は未成熟で、十分な機関投資家が育っていなかった。このため上昇する時は激しく上昇するが、その後、継続的に市場を支えるだけの厚みはなかったのである。バブル期にも、事業法人による投機的な取引が市場を過熱させたという面は否定できない。

 当然、上昇相場は永久に続くものではなく、昭和30年台後半からは深刻な株価下落に悩まされるようになった(40年不況)。証券会社は投資信託を買い支えたが、相次ぐ解約に耐えきれず、山一証券は倒産寸前まで追い込まれた。
 同社の破たんが日本市場全体に波及するのを防ぐため、日銀による山一への無制限の特融が行われている。これによって破たんは回避できたが、市場が復活するまでには数年を要している。

 中国市場がかつての日本市場と近い動きをしているならば、ハードランディングにならないにせよ、膿を出し切るまでには時間がかかると思った方がよいだろう。

 日本市場は昔と比べれば成熟したが、米国など先進各国の市場と比較すると、中国市場に近い状態である。今回の中国株ショックの影響を最も大きく受けたのは、日本市場であったことや、リーマンショックによる影響も、本国の米国よりも日本の方が大きかったことがこれを物語っている。
 その意味では、日本は中国市場の動向に対して、もっとも神経質になっておく必要があるのかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

home
米国で住宅価格上昇が顕著に。競売は激減しリーマンショック以前の水準まで改善

 米国で住宅用不動産の価格上昇が鮮明となっている。米調査会社コアロジック発表した …

3sha02
Amazon、Google、スタバが各国政府と税を巡るバトル。3社が連戦戦勝のワケとは?

 グローバルに展開する米国企業と各国政府のバトルが激しさを増している。  フラン …

IMF201607
IMFが世界経済の最新見通し。英国離脱も意外と景気は底堅い?

 IMF(国際通貨基金)は2016年7月19日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

akachan
日本経済が人口減少の影響を受けるのはこれからが本番

 厚生労働省は2014年1月1日、最新の人口動態統計の結果を発表した。それによる …

nichigin04
日銀が物価目標の再度先送りを検討中。実施されれば何と5回目

 日銀が今月開催する金融政策決定会合において物価目標の見通しを引き下げ、物価目標 …

no image
アメリカで旅客機の座席が外れる事故が連続発生。不可解なトラブルに首をかしげる

 米国アメリカン航空で、2件立て続けに座席が床から外れるという考えただけでも恐ろ …

mrj
MRJが初飛行に向け準備着々。ただ、日本の製造業に利益をもたらすのかは別問題

 半世紀ぶりの国産旅客機として三菱重工が開発を進めるMRJ(三菱リージョナルジェ …

usagdp20131012
米国の10~12月期GDPは絶好調。だが新興国が足を引っ張り世界経済の成長は鈍化?

 米国商務省は2014年1月30日、2013年10~12月の国内総生産を発表した …

chinagdp201510
中国の7~9月期GDPは6.9%増と微妙な数字。今後は消費動向が重要に

 中国国家統計局は2015年10月19日、2015年7~9月期のGDP(国内総生 …

amazondrone
米国が無人機の商用利用ルールの原案を提示。本格普及に向けて動き出す

 米当局がとうとう無人機(ドローン)の商用利用に向けて本格的に動き始めた。実際に …