ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

止まらない中国株の下落。昭和30年代の日本市場との類似性

 

 中国株の下落が止まらない状況が続いている。中国政府は、相次いで株価対策を打ち出しているが効果はない。中国株下落の世界市場への影響は限定的との見方が多いが、しばらくは荒れる市場が続く可能性が高くなってきた。

shanhai

 上海総合指数は6月中旬には5000を超えていたが、下旬から急速に値を下げ、7月8日には8%の急落となり3507で取引を終えた。1カ月で3割の時価総額が吹き飛んでしまった計算になる。

 中国政府は、証券会社によるETF(上場投資信託)の買い支え、株式取引手数料の引き下げ、信用取引の規制緩和、IPOの抑制など、矢継ぎ早に株価対策を打ち出しているが、効果はいまひとつだ。
 中国には機関投資家が十分に育っておらず、個人投資家や事業法人による投機の影響が大きい。一旦、相場が下げに転じてしまうと、売りが売りを呼ぶ展開となりやすい。中国当局は信用不安を防ぐため、証券会社に対する無制限の流動性供給を行うことも決定している。

 一連の中国市場をめぐる状況は、実はかつての日本と似ている。昭和30年代、神武景気と岩戸景気を背景に日本の株式市場は株高に湧いていた。300円台だった日経平均は数年で1800円に迫る水準まで上昇し、証券会社は投資信託の大量推奨販売を通じて相場を煽っていた。
 当時の日本市場は未成熟で、十分な機関投資家が育っていなかった。このため上昇する時は激しく上昇するが、その後、継続的に市場を支えるだけの厚みはなかったのである。バブル期にも、事業法人による投機的な取引が市場を過熱させたという面は否定できない。

 当然、上昇相場は永久に続くものではなく、昭和30年台後半からは深刻な株価下落に悩まされるようになった(40年不況)。証券会社は投資信託を買い支えたが、相次ぐ解約に耐えきれず、山一証券は倒産寸前まで追い込まれた。
 同社の破たんが日本市場全体に波及するのを防ぐため、日銀による山一への無制限の特融が行われている。これによって破たんは回避できたが、市場が復活するまでには数年を要している。

 中国市場がかつての日本市場と近い動きをしているならば、ハードランディングにならないにせよ、膿を出し切るまでには時間がかかると思った方がよいだろう。

 日本市場は昔と比べれば成熟したが、米国など先進各国の市場と比較すると、中国市場に近い状態である。今回の中国株ショックの影響を最も大きく受けたのは、日本市場であったことや、リーマンショックによる影響も、本国の米国よりも日本の方が大きかったことがこれを物語っている。
 その意味では、日本は中国市場の動向に対して、もっとも神経質になっておく必要があるのかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

tosho02
日経平均大暴落。常識で考えれば一時的な下落だが、そうとは言い切れない面も

 5月23日の日経平均株価は前日比1143円28銭安の1万4483円98銭と大幅 …

karyoku
政府が温暖化ガス26%削減という野心的な目標を設定。ただし老朽原発再稼働と省エネ徹底が大前提

 政府は2015年6月2日、2030年までに温暖化ガスの排出量を2013年比で2 …

keidanrenbiru
影響力低下が著しい経団連。天下国家論ではなく、特定業種の利益を代弁

 このところ経団連の影響力低下が著しい。かつては政界に絶大な影響力を行使し、経団 …

dentaku
家計の金融資産は1年で3割近くも減少。厳しい現実に庶民が身を守る方法はあるのか?

 日本人はますます貧乏になっている。多くの人が何となく感じていたものは、やはり現 …

capitolhill
米財政問題に関する与野党合意が成立。政府機関閉鎖は完全に回避へ

 米国議会の超党派協議会は2013年12月10日、2014年度(2013年10月 …

panasonic
パナソニックがテレビ事業を大幅縮小。だがこれで何屋さんか分らない状態に

 パナソニックがテレビ事業を大幅に縮小すると日本経済新聞などが報じている。同社は …

tokyu5000
東急東横線の列車衝突事故。遠因として囁かれている車両の軽量化

 東急電鉄は2014年2月15日、東急東横線元住吉駅で起きた追突事故について記者 …

ichimanen
内閣府が中長期財政試算を発表。前回試算よりも状況が改善している理由

 内閣府は2014年1月20日、経済財政に関する中長期の試算を公表した。国際公約 …

Kissingershukinpei
習近平主席が米国のキッシンジャー元国務長官らと相次いで会談。進む米中関係の再構築

 中国の習近平国家主席が、米国の政界を引退した親中国派の大物政治家と次々に会談し …

starbank
ファンドの「オモチャ」だった東京スター銀行を台湾の銀行が買収。ようやく経営安定か?

 首都圏を中心40店舗近くの支店を展開する東京スター銀行が、台湾の大手銀行である …