ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

市場の予想通り、東芝の不適切会計は全社的な問題に拡大中

 

 東芝の不適切な会計処理が、当初の発表とは異なり、総額で2000億円規模に膨れあがる可能性が高くなってきた。同社は資金繰りの悪化も懸念されており、取引銀行に対して、6000億円の融資枠設定を打診したとの報道も出ている。

toshiba03

 同社は2015年5月13日、過去の不適切な会計処理によって、2012年3月期から2014年3月期にかけての営業利益が累積で500億円強、減少する見通しであると発表していた。また、社内の調査委員会だけでは不十分と判断し、全社的、網羅的な調査を行うための第三者委員会も設置している。

 社内の特別調査委員会が調査したところによると、不適切な会計処理を行っていたのは、電力システム、社会インフラシステム、コミュニティ・ソリューションの3部門で、原価総額を過少に見積もり、利益を一時的に底上げしていたという。
 こうした会計処理がごく一部に限定されていたとは考えにくく、市場では全社的な問題に拡大するのではないかと懸念する声が出ていた。案の定、第三者委員会による調査が進むにつれて、状況が深刻であることが明らかになってきた。

 この状況を受けて、取引行に対して融資枠拡大を要請しているが、実は同社の資金繰りはかなり以前からタイトだったといわれている。
 同社は2009年から、取引企業に対して支払いサイトの延長をたびたび行っている。海外の取引先は、下請けだからといって従属的にはならず、数量が少ない場合には、早いタイミングでの支払いや、場合によっては前払いすら要求するところも多い。こうしたところに優先して支払いを行った結果、手元のキャッシュが薄くなり、立場の弱い国内にそのツケを回していた可能性がある。

 こうした土壌がある中に、不適切会計の影響が広がると、同社の資金繰りがさらに厳しくなる可能性がある。
 2000億円規模ということになると、もはや部分的な対処では済まされない。この問題が同社の経営そのものに影響を及ぼさないようにするためには、すべての状況を迅速に明らかにするしか方法はないだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

jinmingen
人民元のロンドン直取引を通じて英中が急接近。チベット問題は完全に封印?

 英国のキャメロン首相がチベットのダライ・ラマ14世と会談して以来冷え込んでいた …

no image
中国向けの輸出が失速し北米と再逆転。だが事態はもっと深刻である!

 日本の輸出先としての中国の存在感が低下している。  財務省が発表した2012年 …

zenjindai2014
中国で全人代が開催。中国が抱える問題はバブル後の日本にさらに酷似

 中国における今後1年間の重要政策を議論する全人代(全国人民代表大会)が2014 …

shalegas
米国が安価なシェールガスの日本輸出を解禁。だが長期的円安で効果は相殺か?

 東京電力は6日、米国産の安価なシェールガスを年間200万トン確保したと発表した …

sinreiauto
セブン-イレブンが店内レイアウトの全面刷新に乗り出した背景

 コンビニ最大手のセブン-イレブンが店舗レイアウトの全面刷新に乗り出した。背景に …

jutakugai
再来年に迫った相続税増税で住宅保有者は大慌て。だが今後も資産課税強化は続く

 2015年1月に迫った相続税の増税が住宅保有層における懸案事項になってきている …

apple
中国の販売見込みが予想を下回り、好業績だが失望となったアップルの決算

 米アップルは2014年1月27日、2013年10~12月期決算を発表した。四半 …

trumpkanzei
トランプ氏が国境税に言及。米国は超大国なので意外と効果を発揮する可能性も

 トランプ次期大統領は2017年1月11日、選挙後初の記者会見を開催した。各国の …

bananki
バーナンキFRB議長の議会証言。QE3早期終了は否定したが、年内の縮小開始を示唆

 米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は5月22日、米議会で証言し量的 …

amari
甘利経財相が日本の輸出不振に言及。アベノミクスは現実路線に転換?

 日本の輸出に対する安倍政権のスタンスが現実を反映したものに変わってきた。円安に …