ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

市場の予想通り、東芝の不適切会計は全社的な問題に拡大中

 

 東芝の不適切な会計処理が、当初の発表とは異なり、総額で2000億円規模に膨れあがる可能性が高くなってきた。同社は資金繰りの悪化も懸念されており、取引銀行に対して、6000億円の融資枠設定を打診したとの報道も出ている。

toshiba03

 同社は2015年5月13日、過去の不適切な会計処理によって、2012年3月期から2014年3月期にかけての営業利益が累積で500億円強、減少する見通しであると発表していた。また、社内の調査委員会だけでは不十分と判断し、全社的、網羅的な調査を行うための第三者委員会も設置している。

 社内の特別調査委員会が調査したところによると、不適切な会計処理を行っていたのは、電力システム、社会インフラシステム、コミュニティ・ソリューションの3部門で、原価総額を過少に見積もり、利益を一時的に底上げしていたという。
 こうした会計処理がごく一部に限定されていたとは考えにくく、市場では全社的な問題に拡大するのではないかと懸念する声が出ていた。案の定、第三者委員会による調査が進むにつれて、状況が深刻であることが明らかになってきた。

 この状況を受けて、取引行に対して融資枠拡大を要請しているが、実は同社の資金繰りはかなり以前からタイトだったといわれている。
 同社は2009年から、取引企業に対して支払いサイトの延長をたびたび行っている。海外の取引先は、下請けだからといって従属的にはならず、数量が少ない場合には、早いタイミングでの支払いや、場合によっては前払いすら要求するところも多い。こうしたところに優先して支払いを行った結果、手元のキャッシュが薄くなり、立場の弱い国内にそのツケを回していた可能性がある。

 こうした土壌がある中に、不適切会計の影響が広がると、同社の資金繰りがさらに厳しくなる可能性がある。
 2000億円規模ということになると、もはや部分的な対処では済まされない。この問題が同社の経営そのものに影響を及ぼさないようにするためには、すべての状況を迅速に明らかにするしか方法はないだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

stigurittuabe
スティグリッツ氏の主張は実はアベノミクスと正反対。それでも来日した理由とは?

 安倍首相が、世界的な経済学者を次々に官邸に呼んで会談を行っている。永田町では消 …

coal
迷走が続く日本のエネルギー政策。結局は石炭火力という国際標準に落ち着くのか?

 迷走していた日本のエネルギー政策にひとつの方向性が見え始めている。一旦は縮小さ …

wine
グローバル経済の思わぬ影響。フランス人はワインを減らし、米国人や中国人は増やす

 ワイン大国といわれたフランスでワインの消費量が減っている。フランスでは過去5年 …

ecb
失業率の悪化で国民の不満が爆発。欧州で緊縮策の一時棚上げが急浮上

 景気低迷と失業率の低下に歯止めがかからない欧州で、緊縮策を一時棚上げし、景気対 …

kurodasosai
日銀が事実上の追加緩和見送り。金融政策の方向性について逡巡していることを自ら証明

 日銀は2016年7月29日に開催された金融政策決定会合において、ETF(上場投 …

handotai
特許データを元にした革新的な企業100社。最多ランキングとなった日本の課題

 トムソン・ロイターは2014年11月6日、特許データをもとにした、世界でもっと …

amari
本来の趣旨とは正反対。法人税減税議論は活力を削ぐ後ろ向きな話題ばかり

 法人税の実効税率引き下げの財源として、企業の赤字繰り越しを縮小する案が浮上して …

abeaso
形骸化が進む成長戦略の議論。法人税減税はもはや無意味になりつつある

 成長戦略に関する議論の形骸化がさらに進みつつある。政府は2014年1月20日、 …

uschinadialog2014
6回目の米中戦略・経済対話が北京で開催。ケリー国務長官とルー財務長官が揃って参加

 米中両国が、安全保障問題や経済問題について話し合う第6回米中戦略・経済対話が2 …

newyork
米国失業率が4年ぶりの低水準。米国経済の復活で世界のお金の流れが大逆転?

 米労働省は3月8日、2月の雇用統計を発表した。これによると、非農業部門雇用者数 …