ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFが最新の世界経済見通しを発表。ギリシャ問題と中国問題は反映されておらず、さらに下押しか?

 

 IMF(国際通貨基金)は2015年7月9日、世界経済見通しの改定値を発表した。2015年の世界経済の成長率予測は、物価変動の影響を除いた実質でプラス3.3%となり、4月時点の見通しから0.2ポイント引き下げられた。

imf201507

 IMFでは毎年4月と10月に世界経済の見通しを発表しているが、7月と1月に見通しの改定値を出している。今回の発表は2015年4月における見通しの改定値ということになる。
 世界経済の見通しが引き下げられたのは、米国の1~3月期の成長率が寒波の影響などで低い水準にとどまったことや、新興国の経済が減速していることなどが主な要因。

 米国の成長率見通しは、0.6ポイント引き下げられてプラス2.5%になった。このところ米国経済だけが世界経済を牽引するという状態だったことから、米国の成長鈍化は、そのまま世界経済の鈍化につながってくる。
 同様に英国も0.3ポイントの低下でプラス2.4%に、日本も0.2ポイント下がってプラス0.8%となる見込みである。日本については、米国失速の影響もあるが、物価が思いのほか上昇していないことが、見通し引き下げに大きく影響している。

 今回の改定値では、ユーロ圏と中国の見通しは引き下げられていない。ユーロ圏の2015年の見通しはプラス1.5%、中国はプラス6.8%のままである。ギリシャ債務問題や中国株の大幅な下落は、今回の改定値に反映されておらず、この二つの問題が世界経済に影響を与えると判断された場合には、次回の見通しは大きく変わってくることになるだろう。

 ただ、ユーロ圏全体の経済状況は比較的堅調であるとIMFでは見ているほか、ギリシャ債務問題はマーケット的には織り込み済みとなっている。中国の景気失速がこれ以上、顕著にならなければ、ここからさらに大幅な下方修正となる可能性は低いかもしれない。

 各国共通の材料としては原油価格の動向がある。原油価格は一旦底を打ったと思われており、これが物価見通しにも大きく影響してきた。だが中国株の下落などによって再び原油価格に下押し圧力が高まっている。 
 原油価格が再び低迷するような状況となれば、長期的には先進各国にメリットをもたらすものの、短期的には物価下落によってインフレ率を低下させることになる。やはり世界経済における成長率の下押し要因となるだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

sirakawajinin
日銀の白川総裁が任期を残して辞任表明。これ以上の譲歩を避ける狙いか

 日銀の白川総裁は2月5日、安倍首相と官邸で会談し、4月8日の任期を待たず、3月 …

businessman
給料の世代間格差に変化の兆しが。高齢者以外は結局皆同じに?

 賃金など労働者の待遇に中高年と若年層で格差があることは以前から指摘されているが …

toshiba201405
東芝が新経営方針を発表。原発依存リスクからは脱却か?

 東芝は2014年5月22日、経営方針説明会を開催し、2017年3月期に売上高7 …

toyotaroboto
今更? ウーバー出資や2足歩行ロボット買収など、トヨタに漂う出遅れ感

 トヨタが人工知能やシェアリング・エコノミーへの対応を矢継ぎ早に進めている。だが …

toyosuiten
豊洲市場のトータルコストが初めて明らかに。維持管理費は築地の約5倍になる見込み

 東京都は2017年1月25日、移転問題が議論されている豊洲市場に関する収支予想 …

euhonbu00
欧州が緊縮策から方向転換?世界はリーマンショック以前に逆戻り

 これまで緊縮財政一辺倒だった欧州委員会(EU)が方向転換を図っている。スペイン …

jrkyushu
JR九州の株式上場計画。政府支援の是非など、克服すべき課題が山積

 九州旅客鉄道(JR九州)が2016年度中の株式上場に向けて動き出した。だが、完 …

jutakurone
メガバンク各行が一斉に住宅ローン金利を引き上げ。金融市場に何をもたらすか?

 メガバンク各行が4月に入って住宅ローン金利を一斉に引き上げた。トランプ経済の影 …

keidanren2015teigen
経団連が8年ぶりに総合的な政策提言書を作成。かくしてその中身は?

 経団連は2015年1月1日、2030年までの国家ビジョンを示す政策提言「『豊か …

sumitomochiba
国内化学各社が相次いでエチレン生産から撤退。米国シェールガス革命のインパクト

 住友化学は2月2日、石油化学製品の原料であるエチレンの国内生産を停止すると発表 …