ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFが最新の世界経済見通しを発表。ギリシャ問題と中国問題は反映されておらず、さらに下押しか?

 

 IMF(国際通貨基金)は2015年7月9日、世界経済見通しの改定値を発表した。2015年の世界経済の成長率予測は、物価変動の影響を除いた実質でプラス3.3%となり、4月時点の見通しから0.2ポイント引き下げられた。

imf201507

 IMFでは毎年4月と10月に世界経済の見通しを発表しているが、7月と1月に見通しの改定値を出している。今回の発表は2015年4月における見通しの改定値ということになる。
 世界経済の見通しが引き下げられたのは、米国の1~3月期の成長率が寒波の影響などで低い水準にとどまったことや、新興国の経済が減速していることなどが主な要因。

 米国の成長率見通しは、0.6ポイント引き下げられてプラス2.5%になった。このところ米国経済だけが世界経済を牽引するという状態だったことから、米国の成長鈍化は、そのまま世界経済の鈍化につながってくる。
 同様に英国も0.3ポイントの低下でプラス2.4%に、日本も0.2ポイント下がってプラス0.8%となる見込みである。日本については、米国失速の影響もあるが、物価が思いのほか上昇していないことが、見通し引き下げに大きく影響している。

 今回の改定値では、ユーロ圏と中国の見通しは引き下げられていない。ユーロ圏の2015年の見通しはプラス1.5%、中国はプラス6.8%のままである。ギリシャ債務問題や中国株の大幅な下落は、今回の改定値に反映されておらず、この二つの問題が世界経済に影響を与えると判断された場合には、次回の見通しは大きく変わってくることになるだろう。

 ただ、ユーロ圏全体の経済状況は比較的堅調であるとIMFでは見ているほか、ギリシャ債務問題はマーケット的には織り込み済みとなっている。中国の景気失速がこれ以上、顕著にならなければ、ここからさらに大幅な下方修正となる可能性は低いかもしれない。

 各国共通の材料としては原油価格の動向がある。原油価格は一旦底を打ったと思われており、これが物価見通しにも大きく影響してきた。だが中国株の下落などによって再び原油価格に下押し圧力が高まっている。 
 原油価格が再び低迷するような状況となれば、長期的には先進各国にメリットをもたらすものの、短期的には物価下落によってインフレ率を低下させることになる。やはり世界経済における成長率の下押し要因となるだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

suga03
消費増税をにらんだ5.5兆円経済対策の効果は一時的

 政府は12月5日の臨時閣議において、消費増税に対応した5.5兆円の経済対策を決 …

chinacompany
経済援助型から企業M&Aへと変貌する中国の直接投資。日本はどう付き合う?

 これまで香港経由や途上国に偏重していた中国の直接投資が大きく変わろうとしている …

kousokumuryouka
高速道路無料化は事実上廃止?。基本インフラさえ無料で利用できない日本の貧しさ

 国土交通省の審議会である国土幹線道路部会は、6月7日に開いた会合で、高速道路料 …

apple
アップルが株主への現金還元を検討。日本経済再生のヒントがここにある!

 多額の現金退蔵が株主から問題視されている米Appleは2月7日、株主への追加の …

hosino
星野リゾートなど新規REITが続々登場。日本経済の救世主となるか?

 全国にリゾートホテルや旅館を手掛ける星野リゾートが、不動産投資信託(REIT) …

pinkcrown
ピンク色のクラウンでも覆い隠せない、トヨタが抱えるブランド戦略上の苦悩

 トヨタが昨年12月に発表したピンク色の新型クラウンが話題となっている。堅物のイ …

newspicks
NewsPicksを運営するユーザベースが上場。本業はまずまずだが上場を急いだ印象は拭えない

 ニュース・アプリ「NewsPicks」を運営するユーザベースが2016年10月 …

seiketsudo
世界の汚職調査ランキングが話題に。でもどうやって調べているのか?

 ドイツを本拠地する非政府組織(NGO)トランスペアレンシー・インターナショナル …

trumpgikai
トランプ大統領の議会演説は想定通りで市場には安心感。ただ減税額は調整が必要か?

 トランプ米大統領は2017年2月28日、米議会において初の演説を行った。総額1 …

amazonfire
アマゾンが新スマホを発表。ネットサービスの人工知能化が一気に進む可能性

 米アマゾンは2014年6月18日、同社初のスマホとなる「ファイアフォン」を発表 …