ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFが最新の世界経済見通しを発表。ギリシャ問題と中国問題は反映されておらず、さらに下押しか?

 

 IMF(国際通貨基金)は2015年7月9日、世界経済見通しの改定値を発表した。2015年の世界経済の成長率予測は、物価変動の影響を除いた実質でプラス3.3%となり、4月時点の見通しから0.2ポイント引き下げられた。

imf201507

 IMFでは毎年4月と10月に世界経済の見通しを発表しているが、7月と1月に見通しの改定値を出している。今回の発表は2015年4月における見通しの改定値ということになる。
 世界経済の見通しが引き下げられたのは、米国の1~3月期の成長率が寒波の影響などで低い水準にとどまったことや、新興国の経済が減速していることなどが主な要因。

 米国の成長率見通しは、0.6ポイント引き下げられてプラス2.5%になった。このところ米国経済だけが世界経済を牽引するという状態だったことから、米国の成長鈍化は、そのまま世界経済の鈍化につながってくる。
 同様に英国も0.3ポイントの低下でプラス2.4%に、日本も0.2ポイント下がってプラス0.8%となる見込みである。日本については、米国失速の影響もあるが、物価が思いのほか上昇していないことが、見通し引き下げに大きく影響している。

 今回の改定値では、ユーロ圏と中国の見通しは引き下げられていない。ユーロ圏の2015年の見通しはプラス1.5%、中国はプラス6.8%のままである。ギリシャ債務問題や中国株の大幅な下落は、今回の改定値に反映されておらず、この二つの問題が世界経済に影響を与えると判断された場合には、次回の見通しは大きく変わってくることになるだろう。

 ただ、ユーロ圏全体の経済状況は比較的堅調であるとIMFでは見ているほか、ギリシャ債務問題はマーケット的には織り込み済みとなっている。中国の景気失速がこれ以上、顕著にならなければ、ここからさらに大幅な下方修正となる可能性は低いかもしれない。

 各国共通の材料としては原油価格の動向がある。原油価格は一旦底を打ったと思われており、これが物価見通しにも大きく影響してきた。だが中国株の下落などによって再び原油価格に下押し圧力が高まっている。 
 原油価格が再び低迷するような状況となれば、長期的には先進各国にメリットをもたらすものの、短期的には物価下落によってインフレ率を低下させることになる。やはり世界経済における成長率の下押し要因となるだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

google2014
グーグル2015年1Q決算は、成長鈍化で投資先行。ロボットなどが収益に貢献するのはまだ先

 米グーグルは2015年4月23日、2015年1~3月期の決算を発表した。主力の …

kiha183
JR北海道の連続列車火災事故。根本原因はかなり深刻との声も

 JR北海道の特急列車で連続して火災が発生した問題をうけて、JR北海道は事故車両 …

sebunsuzu
物言う株主がセブンの世襲人事観測に警鐘。会社側は否定しているが・・・

 物言う株主として知られる米ヘッジファンド運営会社サード・ポイントが、セブン&ア …

sbtakasago
再生可能エネ普及策が頓挫?誰も責任を負わない中途半端な政策のツケ

 再生可能エネルギーの普及策が暗礁に乗り上げようとしている。電力各社は、再生可能 …

businessman07
厚労省のブラック企業調査。労働行政のパンドラの箱を開けてしまったとの声も

 厚生労働省は2013年12月17日、若者の使い捨てなどが疑われる、いわゆる「ブ …

his
旅行大手HISが日本に絶望?タイを拠点に、新航空会社の設立を発表

 旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)は4日、タイに航空子会社を設立し、日中韓 …

amazonbooks
アマゾンがリアル店舗の本格展開を検討中?本当なら書籍市場に大きな変化が

 米アマゾンが、全米で300~400の実店舗の展開を計画しているとの噂が広がって …

jinkouchino
学会誌の女性イラスト事件から考える、オープンな現代社会を生き抜く知恵

 人工知能学会は2014年1月9日、1月発行の同学会誌表紙に掲載された女性のイラ …

factory06
国内の設備投資は見かけ上増加。だが季節調整済みではマイナスに

 財務省は2014年3月3日、2013年10~12月期の法人企業統計を発表した。 …

presskiki
企業はまだまだ設備投資に慎重。アベノミクスも最後は米国頼み?

 昨年末から円安と株高が進み、国内の景気見通しも徐々に改善してきているが、企業は …