ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

土壇場でギリシャ支援を決定。期せずして露呈した「欧州」をめぐる独仏の路線対立

 

 ユーロ圏各国は2015年7月13日、首脳会議においてギリシャ支援の再開について合意した。ギリシャが緊縮策を議会で可決し法制化すれば、3年で820億ユーロ(約11兆円)の金融支援を実施する。ギリシャ議会は可決する可能性が高いといわれており、支援が実施されれば、とりあえずギリシャのユーロ離脱は回避される。

euhonbu

 ユーロ圏やEUの首脳会議は、深夜までもつれ込むことがよくあるが、今回の会議が終了したのは翌日の朝食が出る直前の午前9時だった。ここまで長時間の議論となるのは極めて希だという。ドイツのメルケル首相は、一時は席を立つ準備をしていたという報道もあり、ギリギリの状況での合意であったことをうかがわせる。

 ギリシャが法制化を受け入れれば、とりあえず危機は回避されるが、今回のギリシャ問題は、ユーロが抱える根本的な矛盾をあらためて世界に認識させる結果となった。特にフランスとドイツの対立が明確になってしまったという点では、大きな失態だったといえる。

 今回ギリシャが提示した緊縮策については、EU官僚による実務的な精査が行われ、その後、財務相会議や首脳会議にかけられることになる。だが、フランスのオランド大統領は、ドイツの意向を十分に確認する前に手放しで緊縮策を賞賛するコメントを出してしまった。
 その後、メルケル首相やショイブレ財務相から手厳しいコメントが相次ぐ状態となり、財務相会合は紛糾。結局、ギリシャ支援問題は首脳会議の場までもつれ込んだ。

 EUを、みずからの政治的影響力を確保するツールとして活用したいフランスと、原理原則にこだわるドイツとの基本的な価値観の違いが期せずして露呈してしまった格好だ。ドイツはギリシャの緊縮策を基本的に信用しておらず、法制化にこだわったといわれている。最終的にはドイツの要求を受け入れる形でギリシャ支援は決断された。
 土壇場で欧州の連帯を再確認する形に落ち着いたが、少なくとも表面的には一枚岩を演出してきたEU内部での対立がこれほど明確になったのは初めてのことである。

 これまでの経緯を考えると、ギリシャが緊縮策を受け入れたとしても、それを着実に実行できるとは限らない。今後も緊縮策の実施状況をめぐってギリシャ問題が再浮上したり、他国において同様の問題が発生する可能性がある。そのたびにEU内部の結束力の有無が、市場で意識されることになるだろう。

 - 政治, 経済 , , , ,

  関連記事

family3nin
課税対象の「個人」から「世帯」への見直しは、アベノミクスにも逆行する

 政府は少子化対策のひとつとして、所得税の課税対象を「個人」から「世帯」に変更す …

no image
鳩山元首相、坂本龍一を党首に反原発政党を画策。東京はテクノポリスに!

 元首相の鳩山由紀夫氏が、ミュージシャンの坂本龍一氏を党首に迎えた脱原発新党を画 …

rud
総選挙を前にギラード首相が退陣しラッド元首相が復活。日本への対応は変わるのか?

 オーストラリアの与党労働党は6月26日、党首選を行い現党首のギラード首相がラッ …

hakenhoukaisei
同一労働・同一賃金法案が衆院で可決。内容は骨抜きで格差は継続したまま

 正社員と派遣社員の格差を是正する「同一労働同一賃金推進法案」が2015年6月1 …

keri
中国ベッタリ?国務長官就任が噂されるケリー上院議員の素顔

 米国の大統領選挙が終了し、ワシントンでは次期政権の人事に焦点が移っている。オバ …

no image
日韓スワップ協定は延長せず。背景に領土問題があることは明らか

 政府が韓国との通貨スワップ協定を延長しないことが確定した。  通貨スワップ協定 …

tenanmon
株価暴落の最大要因は中国の不透明性。混乱はほどなく収束すると思われるが・・・

 週明けの世界の株式市場は、先週に引き続いて大混乱となった。24日のニューヨーク …

ieren02
イエレン氏の議会証言声明文。内容は予想通りで、失業率を重視し緩和継続へ

 米FRB(連邦準備制度理事会)は、バーナンキ議長の後任に指名されたジャネット・ …

euuk
EU離脱をめぐる市場の反応。英国の株価はむしろ上昇、欧州側が大幅下落のナゼ?

 英国のEU離脱をめぐって一度は落ち着いた金融市場が再び動揺している。ドイツ銀行 …

nihonchokuhan
TV通販の日本直販。TV局にしがみつき粉飾にまで手を染めたがとうとう行き倒れ

 最大3メートル伸びる「高枝切りばさみ」などのアイデア商品で知られる「日本直販」 …