ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

土壇場でギリシャ支援を決定。期せずして露呈した「欧州」をめぐる独仏の路線対立

 

 ユーロ圏各国は2015年7月13日、首脳会議においてギリシャ支援の再開について合意した。ギリシャが緊縮策を議会で可決し法制化すれば、3年で820億ユーロ(約11兆円)の金融支援を実施する。ギリシャ議会は可決する可能性が高いといわれており、支援が実施されれば、とりあえずギリシャのユーロ離脱は回避される。

euhonbu

 ユーロ圏やEUの首脳会議は、深夜までもつれ込むことがよくあるが、今回の会議が終了したのは翌日の朝食が出る直前の午前9時だった。ここまで長時間の議論となるのは極めて希だという。ドイツのメルケル首相は、一時は席を立つ準備をしていたという報道もあり、ギリギリの状況での合意であったことをうかがわせる。

 ギリシャが法制化を受け入れれば、とりあえず危機は回避されるが、今回のギリシャ問題は、ユーロが抱える根本的な矛盾をあらためて世界に認識させる結果となった。特にフランスとドイツの対立が明確になってしまったという点では、大きな失態だったといえる。

 今回ギリシャが提示した緊縮策については、EU官僚による実務的な精査が行われ、その後、財務相会議や首脳会議にかけられることになる。だが、フランスのオランド大統領は、ドイツの意向を十分に確認する前に手放しで緊縮策を賞賛するコメントを出してしまった。
 その後、メルケル首相やショイブレ財務相から手厳しいコメントが相次ぐ状態となり、財務相会合は紛糾。結局、ギリシャ支援問題は首脳会議の場までもつれ込んだ。

 EUを、みずからの政治的影響力を確保するツールとして活用したいフランスと、原理原則にこだわるドイツとの基本的な価値観の違いが期せずして露呈してしまった格好だ。ドイツはギリシャの緊縮策を基本的に信用しておらず、法制化にこだわったといわれている。最終的にはドイツの要求を受け入れる形でギリシャ支援は決断された。
 土壇場で欧州の連帯を再確認する形に落ち着いたが、少なくとも表面的には一枚岩を演出してきたEU内部での対立がこれほど明確になったのは初めてのことである。

 これまでの経緯を考えると、ギリシャが緊縮策を受け入れたとしても、それを着実に実行できるとは限らない。今後も緊縮策の実施状況をめぐってギリシャ問題が再浮上したり、他国において同様の問題が発生する可能性がある。そのたびにEU内部の結束力の有無が、市場で意識されることになるだろう。

 - 政治, 経済 , , , ,

  関連記事

skymark
スカイマークの制服について組合が政府に指導を求めるってどういうこと?

 スカイマークが新型機就航のキャンペーンとして導入したスカート丈の短い制服が物議 …

BBC
公務員根性丸出し!不祥事で引責辞任の英国営放送トップが退職金に異様な執着

 英国の国営放送であるBBCは10日、未成年者に対する性的暴行疑惑をめぐる誤報の …

sakakibara
経団連が献金再開。表面的には関係修復が目的だが、もっと深刻な理由も

 経団連の榊原定征会長は2014年9月8日、政治献金を5年ぶりに再開する方針を明 …

3chuzenkai
中国はどこへ行く?改革と保守で揺れ動く共産党3中全会は折衷案を了承して閉幕

 中国共産党の重要な会議である第18期中央委員会第3回全体会議(3中全会)が11 …

lngusa
米国産LNGが日本に到着。エネルギー調達の多角化は進むのか?

 硬直的だった日本のエネルギー調達に変化の兆しが見え始めている。きっかけになった …

puting20
原油価格の低迷が促す、地政学的バランスの変化

 原油価格の大幅な下落で、ロシアやベネズエラといった反米的なスタンスだった産油国 …

bitcoin
ビットコインの分裂騒動は、真の金融インフラになれるのかの試金石

 仮想通貨ビットコインが8月1日に分裂するのではないかという騒動が発生している。 …

obamasyria02
オバマ政権の目論見通り?シリアの化学兵器廃棄で攻撃回避の可能性が高まる

 シリアが保有する化学兵器を国際管理下に置くというロシア提案をシリア政府が受け入 …

feisubukkugamen
先進国でしか稼げないフェイスブック。今後どれだけ拡大できるか?

 SNS最大手の米フェイスブックは2015年1月28日、2014年10~12月期 …

apuruwochi
アップルウオッチの登場で金の価格形成メカニズムが変わる?

 米アップルは2015年3月9日、腕時計型のウェアラブル端末「アップルウオッチ」 …