ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

レゴが素材の脱石油化を決断できる理由は、ズバリ高収益体質

 

 デンマークの玩具世界大手レゴグループは、主力商品のレゴブロックの素材を従来の石油由来から、持続可能性のある新しい材料に転換する。新素材の研究開発のために約180億円を投じて拠点を整備する。

legoburokku

 レゴブロックは世界中にファンを持っているが、そのほとんどは石油由来のABS樹脂から製造されている。同社は石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルと長年にわたって提携してきたが、環境保護団体グリーンピースがシェルの環境破壊を問題視、その矛先をレゴにも向け始めた。レゴは最終的にシェルとの提携を解消。プラスチックの使用を段階的にやめる決断を下し、新素材の開発をスタートさせることになった。

 直接のきっかけは、グリーンピースによる活動ではあるが、同社は知育玩具として高いブランド力を持っており、環境を意識するスタンスを明確にした方が、得策と判断した可能性が高い。

 もっとも超高収益企業であるレゴからすれば、新素材への切り換えはそれほどのインパクトにはならない可能性が高い。
 現在、レゴは年間600億個のブロックを製造しており、約7万2000トンのプラスチックを使用している。プラスチックの価格などから原材料費を推定すると、年間140億円程度となる。
 同社の売上原価は3400億円もあり、原材料費が占める割合はごくわずかである。同社の粗利益が1700億円、営業利益が1800億円あることを考えると、新素材がよほどの高コストにならない限り、業績に与える影響はわずかだ。

 同社は2003年に業績不振に陥り、全社員の3分の1を解雇するという壮絶なリストを実施した。その後、高級玩具にリソースを集中したことで、業績は急回復。10年で売上高を4倍に、営業利益率を1.5倍に拡大させることに成功した。

 コストをかけても、素材を吟味し、ブランド力を維持するという戦略は、高収益体質を維持しているからこそ実現できるという、当たり前の理屈をレゴは示している。

 - 経済 , ,

  関連記事

barroso02
EUが加盟6カ国の財政目標を緩和。とうとう緊縮路線からの転換を表明

 欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は5月28日、フランスやスペインなど …

no image
アメリカで起業熱が再沸騰。シリコンバレーでは洋上インキュベーション施設まで登場

 米国のシリコンバレーでユニークなベンチャー企業が登場し注目を集めている。  会 …

otukakagu
大塚家具のお家騒動。ガバナンスという点では久美子氏が圧倒的に有利だが

 大塚家具の経営権をめぐる内紛が続いている。同社は3月下旬に株主総会を控えており …

abekaisan20141113
7~9月期のGDPは予想通り思わしくない可能性が大。増税スキップは政治判断へ

 11月17日に発表される7~9月期の実質GDPの数字が思わしくない可能性がさら …

shukinpeihoubei2015
習近平国家主席の米国訪問始まる。ビル・ゲイツ氏は何と自宅で直接もてなし

 中国の習近平国家主席は2015年9月22日から、2回目となる米国訪問を行ってい …

shanhai
日本企業の4社に1社が海外に現地法人を設立。輸出の時代は完全に終わった

 経済産業省は26日、2012年企業活動調査速報を発表した。この中で、日本の製造 …

factory07
米国がモノを買わなくなっている。日本人は米国の過剰消費を批判している場合ではない

 米国が世界の買い手としての立場を降りようとしている。新興国経済の鈍化が目立つ中 …

sendaig7
G7を前に日本は八方塞がりの状況。日銀は追加緩和すらままならない?

 G7(主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議)開催を前に、日本が八方塞がりの状況に …

otukakaguidc
大塚家具、米ファンドが漁夫の利。議決権と配当を確保しつつ、半分を売り抜け

 大塚家具の経営権をめぐり現社長と会長が対立している問題で、大株主である米ブラン …

tosho05
日本の株式市場が賭博場になったのは、企業のダブルスタンダードが原因?

 持続的な成長を実現するために、企業と投資家の間にどのような関係が必要なのかにつ …