ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

レゴが素材の脱石油化を決断できる理由は、ズバリ高収益体質

 

 デンマークの玩具世界大手レゴグループは、主力商品のレゴブロックの素材を従来の石油由来から、持続可能性のある新しい材料に転換する。新素材の研究開発のために約180億円を投じて拠点を整備する。

legoburokku

 レゴブロックは世界中にファンを持っているが、そのほとんどは石油由来のABS樹脂から製造されている。同社は石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルと長年にわたって提携してきたが、環境保護団体グリーンピースがシェルの環境破壊を問題視、その矛先をレゴにも向け始めた。レゴは最終的にシェルとの提携を解消。プラスチックの使用を段階的にやめる決断を下し、新素材の開発をスタートさせることになった。

 直接のきっかけは、グリーンピースによる活動ではあるが、同社は知育玩具として高いブランド力を持っており、環境を意識するスタンスを明確にした方が、得策と判断した可能性が高い。

 もっとも超高収益企業であるレゴからすれば、新素材への切り換えはそれほどのインパクトにはならない可能性が高い。
 現在、レゴは年間600億個のブロックを製造しており、約7万2000トンのプラスチックを使用している。プラスチックの価格などから原材料費を推定すると、年間140億円程度となる。
 同社の売上原価は3400億円もあり、原材料費が占める割合はごくわずかである。同社の粗利益が1700億円、営業利益が1800億円あることを考えると、新素材がよほどの高コストにならない限り、業績に与える影響はわずかだ。

 同社は2003年に業績不振に陥り、全社員の3分の1を解雇するという壮絶なリストを実施した。その後、高級玩具にリソースを集中したことで、業績は急回復。10年で売上高を4倍に、営業利益率を1.5倍に拡大させることに成功した。

 コストをかけても、素材を吟味し、ブランド力を維持するという戦略は、高収益体質を維持しているからこそ実現できるという、当たり前の理屈をレゴは示している。

 - 経済 , ,

  関連記事

tenanmon
中国にとって日本は最大の投資家。尖閣問題は対中投資にまったく影響を与えていない

 中国商務省は5月16日、4月における海外から中国への直接投資は前年同期比0.4 …

sheruidemitu
経産省の主導の「上から」の再編にノー。出光創業家が昭和シェルとの合併に反旗

 石油元売り大手である出光興産の創業家は2016年6月28日、同社の株主総会にお …

linewave
IT各社が相次いで会話型AIの年内投入を表明。情報の流れが大きく変わる可能性も

 IT各社が、話しかけるだけで機器を操作できたり、各種のサービスを受けられる対話 …

tokyowan
GDPギャップは依然マイナスのまま。供給過剰な状態は本当に一時的なものなのか?

 内閣府は8月22日、4~6月期におけるGDPギャップがマイナス1.9%になった …

tosho002
大発会は値下がりスタート。だが、今年の日経平均は2万円も十分可能?

 2015年の株式市場がスタートした。東京株式市場における大発会後の寄り付きは1 …

no image
メガバンクとゆうちょ銀行で不正画面誘導が多発。だが本当に危惧されることとは?

 ネット銀行のホームページに不正が画面が表示され、パスワードなどが盗まれて不正送 …

eurokabuka
景気の悪化が続く欧州で、なぜか株価が絶好調。理由は「危機疲れ」?

 債務危機が続いているはずの欧州で株価が好調だ。ここ半年でドイツの株価は25%近 …

kousaihi
「焼け石に水」にすらならない企業の交際費非課税案。もはや日本経済は末期症状

 来年4月の消費税増税対策の一つとして、大企業における交際費の一部が非課税となる …

sharpqalcomm
これではタダの受託開発!クアルコムとシャープが交わした驚愕の契約内容

 経営再建中のシャープは4日、米クアルコムとの提携を正式に発表した。市場ではシャ …

koyokeiyaku
現実味を帯びる同一労働、同一賃金。結局は若年層正社員の賃下げに?

 これまで導入が極めて難しいといわれてきた、同一労働、同一賃金が現実味を帯びてき …