ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

イランが核問題で米欧などと最終合意。世界経済の安定化要因がまたひとつ増えた

 

 米欧など6カ国とイランは2015年7月14日、イランの核開発問題について最終合意に達したと発表した。イランの核開発を大幅に制限する代わりに、イランに対する経済制裁を解除する。

irankakumondaigoi

 最終合意では、イランの核開発は今後15年にわたって大幅に制限されることになる。現在イランが保有しているウラン濃縮用の遠心分離機は5000基程度に削減され、ウラン濃縮には上限が設定される。
 核兵器の製造には極めて高い濃縮度が必要となるが、一般的な軽水炉の運転は3%台の濃縮でよい。イランがこの合意を守った場合には、核兵器の開発はできなくなり、民生用の核燃料しか製造できない状況となる。研究開発は継続されるが、実質的に核兵器の開発は放棄したと考えてよいだろう。

 またイランは、IAEA(国際原理力機関)による査察も全面的に認め、原則としてすべての施設に対するによるIAEAの査察が可能となった。こうした措置をイランが受け入れる代わりに、イランに対する経済制裁を解除する。

 イランはこれまで各国の経済制裁によって、自動車の修理部品を入手するにも事欠く状態となっていた。制裁が解除されれば、イランの経済は一気に活性化する可能性が高い。最近では経済制裁の影響で生産量が落ちているが、イランは、潜在的にはサウジアラビアに次ぐ石油産出量を持つ国である。制裁の解除によって石油の大幅な増産も予想される。

 イスラエルのネタニヤフ首相は、米国とイランの合意について激しく批判しており、今回の合意には不完全な点が多数あると指摘している。
 確かに、今回の合意では、核兵器の開発疑惑がある軍事施設について査察の対象となっているかどうか明記されていない。IAEAはすべての施設を査察することができるが、事前の告知が必要であり、完全性を担保するものではない。

 テクニカル的には不安材料が残るものの、今回の合意が正式に発動となれば、国際政治的には中東の安定化が進展する可能性が高い。イスラエルの孤立化は避けられない状況だろう。

 米国はキューバとも国交回復を実現するなど、敵対する国々との和解を進めている。政権末期に近づいたオバマ大統領の実績作りという部分を割り引いたとしても、一連の対話外交は世界経済の安定化要因になることは間違いない。

 - 政治 ,

  関連記事

abekaken
安倍首相が自民改憲案の年内提示を表明。9条の「加憲」なら一気に進む可能性も

 安倍首相が自民党の憲法改正案を年内にまとめる意向を示した。党内調整を経ないやり …

tosho05
公的年金はアクティブ運用へ。だが肝心の運用手法については疑問の声も

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、本格的な運用の …

abe201409
臨時国会冒頭解散・11月9日選挙という説が台頭。確実性はどの程度?

 安倍政権が9月29日に招集される秋の臨時国会冒頭で解散に踏み切るという話が永田 …

obamansa
オバマ大統領が国民監視プログラムの改革案を発表。大きな変化はない可能性が大

 オバマ米大統領は8月9日、ホワイトハウスで記者会見を行い、政府の情報監視プログ …

nihontv
日テレ内定取り消し騒動。あらためて分かる日本における雇用の「重さ」

 日本テレビに内定していた女子大生が内定取り消しの撤回を求めた裁判が2014年1 …

Zuckerberg
動き出した米国の移民制度改革。その影響はやがて日本や中国にも及んでくる

 米国社会が移民容認に向けて動き始めた。3月27日付けの米ウォールストリート・ジ …

abejosei
4~6月期のGDPは大幅マイナスの見込み。秋以降、政局流動化の可能性も

 来週に発表される4~6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、大幅なマイナスに …

kokintoshukinpei
習近平-李克強体制が正規にスタート。だが選挙では前代未聞の反対票も出て大波乱

 現在、中国・北京で開催中の全国人民代表大会(全人代=国会に相当)は3月14日、 …

sitsugyou02
米国の雇用は急回復。焦点は長期失業者対策にシフトしつつある

 米労働省は12月6日、11月の雇用統計を発表した。代表的な項目である非農業部門 …

houjinzei2014
法人減税をめぐって外形標準課税拡大の議論が政府税調でスタート

 法人税減税をめぐって、赤字法人への課税を強化するプランが浮上している。具体的に …