ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安全保障関連法案の成立がほぼ確実に。空虚さばかりが目立った国会審議

 

 今国会最大の焦点であった安全保障関連法案が2015年7月16日、衆議院を通過した。法案が成立することはほぼ確実であり、日本はいよいよ集団的自衛権の行使に踏み出すことになる。だが、国会における議論は、現実の国際情勢を無視した空虚なものばかりが目立ち、今後の日本の舵取りに大きな不安を残す結果となった。

kokkaigijido

 本会議では、民主党や維新の党などが退席し、自民・公明両党と次世代の党などの賛成多数で可決された。与党は、来週にも参議院本会議で審議入りすることを目指しているが、野党側は「民意を無視した強行採決だ」として強く反発しており、審議には応じない構えを見せている。
 ただ維新の党が、引き続き、与党側と対案の協議を続ける方針であることを明らかにしており、野党側の足並みは揃っていない。参院で否決、あるいは採決されない場合でも、衆院の3分の2以上の賛成で再可決が可能であることから、関連法案が成立するのはほぼ確実な状況である。

 集団的自衛権の問題は、日本の戦後政治におけるもっとも重要なテーマの一つであった。小泉政権時代には、日米関係が極めて良好だったこともあり、米国からの要請を受ける形で有事関連法案を次々と整備。集団的自衛権の行使に向けて本格的に舵を切ったかにみえた。

 だが、その後、日本の構造改革が頓挫し、リーマンショックを迎えたことで状況が一変。国際情勢の変化もあり、日米同盟の意味が大きく変化してしまった。本来は、新しい世界秩序に対して日本の安全保障はどうあるべきなのかについて、腰を据えて議論する必要があったが、国内の政治情勢はこれにまったく対応できていない。

 安倍首相の周辺には、日米同盟と安全保障に関する現実的な議論を嫌い、情念的な憲法改正や反中国のみを唱える保守派が集まる状況となり、一部の国民はこれに大きな嫌悪感を抱いている。
 一方、反対派は、いまだに「米国の戦争に巻き込まれる」という、55年体制当時の反米スローガンを掲げるのみで、こちらも現実の国際情勢があまり目に入っていない。

 米国をとりまく環境はこのところ大きく変化している。エネルギーの完全自給が可能となり、中国とは一部で対立しつつも、戦略的な対話が進められている。ITを使った軍事技術の驚異的な発達で、軍隊のオペレーションも一気に効率化が進んだ。
 アジア太平洋地域における重要拠点も、東シナ海から南シナ海にシフトしており、従来のように、日本近辺に大量の軍隊を常駐させておくメリットが薄れているのだ。

 「日米が結束して中国と対峙すべき」「米国の世界戦争に日本が巻き込まれる」といった主張はいずれも時代遅れのものとなりつつある。米国の日本に対するコミットメントが低下する中での、集団的自衛権の行使であり、日米同盟の再確認だったはずなのだが、日本側にこうした意識は薄いようだ。
 皮肉なことだが、日本が集団的自衛権の行使に踏み出すことの地政学的な意味をもっとも理解していないのは、日本人自身なのかもしれない。

 - 政治 , ,

  関連記事

jinmingen
人民元のロンドン直取引を通じて英中が急接近。チベット問題は完全に封印?

 英国のキャメロン首相がチベットのダライ・ラマ14世と会談して以来冷え込んでいた …

abetokku
安倍首相が竹中氏の「特区」プランを採用。外資誘致、カジノなど刺激的な文言が並ぶ

 安倍首相は4月17日、産業競争力会議に出席し、公共インフラの民間開放、規制緩和 …

settai
外国政府による米国議員関係者の接待。中国が突出して多いことが判明

 中国をはじめとする外国政府が米国の議員やそのスタッフを接待旅行に招待する事例が …

nsaberlin
米国の電話盗聴問題、徐々に具体的手法が明らかに。ドイツの場合は携帯の直接傍受

 米国の諜報機関による外国要人の盗聴問題に関して、徐々にではあるが盗聴の具体的な …

no image
維新の会の経済政策が徐々に明らかに。大阪はこうなる!

 次期衆院選の準備を進める大阪維新の会の経済政策がその姿を見せつつある。  Ne …

rikokkyoonnkaho
中国の新閣僚が出揃う。閣僚人事では習近平氏は劣勢?

 中国政府の新しい閣僚人事が決定した。全国人民代表大会(全人代=国会に相当)は3 …

wasurerarerukenri
EU司法裁判所が「忘れられる権利」を認定。政治的要素も多分にあり

 ネットに掲載された情報の削除を求める、いわゆる「忘れられる権利」について、欧州 …

chuusha
子宮頸がんワクチンが定期接種の対象に。一部から懸念の声が上がる理由とは?

 子宮頸(けい)がんなど3ワクチンを定期接種の対象とする予防接種法改正案が3月2 …

futenma
沖縄への基地集中は「差別」という調査結果がもたらす地政学的インパクト

 沖縄県が2012年に実施した県民意識調査において、米軍基地の多くが沖縄に集中し …

keidanren
経団連会長をOBから起用。影響力低下と人材不足が著しい経団連の実情

 経団連は、6月に退任する予定の米倉弘昌会長の後任に、東レ会長の榊原定征氏を起用 …