ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

グーグル2015年4~6月期決算。増収増益だが、更なる成長は自動運転待ち

 

 米グーグルは2015年7月16日、2015年4~6月期の決算を発表した。広告事業が堅調で、売上高は前年同月比11.1%増の177億2700万ドル(約2兆2000億円)、純利益は同17.3%増の39億3100万ドル(約4870億円)となった。
 売上高の伸び率鈍化に歯止めがかかる兆しが見えてきたことに加え、コスト削減を実施したことで利益が拡大した。だが、広告単価の下落は止まっておらず、スマホ・シフトによる市場の拡大に依存している状況に変わりはない。

googlecar02

 このところ同社は、成長が続いているものの、かつてのような売上高の伸びは期待できない状況となっている。スマホ・シフトが一段落し、潜在的なネットの利用者をほぼ取り切った状況にあることがその主な要因である。

 前期の決算では、前年同月比でクリック数が13%増加する一方、前期比では1%のマイナスとなった。今期は前年同期比で18%の増加となり、前期比でも7%増えているので、クリック数の減少は回避した状況にある。
 ただ、クリック単価の下落は相変わらずで、今期は前年同期比で11%、前期比で4%のマイナスを記録した。スマホ・シフトによって閲覧数は増えているものの、広告に結びつく割合は低下が続いている。このトレンドはどこかで飽和点となるため、同社の今後の成長余力を疑問視する投資家も現れている。

 同社は、車の自動運転などを普及させ、利用者のネット閲覧時間を本質的に拡大させようとしているが、まだ具体的な成果には結びついていない。今期の研究開発費は約28億ドルと過去最高水準となっており、引き締め傾向となっているマーケティング関連のコストとは正反対の状況となっている。

 広告の飽和点に達するまでの時間と、新しいネット需要を生み出すまでの時間との競争になっており、もし技術のブレークスルーの方が早ければ、同社の成長スピードは維持されることになる。逆にタイムラグが生じる状況となれば、株価も含めて同社の成長シナリオは一旦リセットされることになるかもしれない。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

nichigin
目立った成果がないのに日銀の緩和継続のニュースで株価が急上昇した理由

 日銀は2014年2月18日、金融政策決定会合において大規模な金融緩和策の継続を …

3sha02
Amazon、Google、スタバが各国政府と税を巡るバトル。3社が連戦戦勝のワケとは?

 グローバルに展開する米国企業と各国政府のバトルが激しさを増している。  フラン …

googleoffice
働きがいのある米国の会社ベスト10に毎年ランク入りする会社ってどんな会社?

 米Fortune社は2013年1月、「従業員にとって働きやすい会社ランキング1 …

fontcostsakugen
これが米国の底力。中学生がネットを駆使して4億ドルの政府支出削案を提唱

 政府公文書のフォント(書体)を変更すれば、年間4億ドル(約400億円)の経費削 …

kaswase20130606
株高と円安は終わったのか?カギを握るのは購買力平価による為替レート

 日銀による異次元の緩和策以降、順調に進んできた円安と株高にブレーキがかかり始め …

jinmindaikaido
中国主導のアジアインフラ投資銀行に英が参加。米は表向き反発なのだが・・・

 英財務省は2015年3月12日、中国が主導するアジアインフラ投資銀行に参加する …

doller
生保が外債投資に一斉シフトという報道は本当か?実際のペースはかなり現実的

 日本生命保険は4月22日、2113年度の資産運用計画を発表した。日銀による異次 …

kosakukiki
7~9月期GDPを占う7月の機械受注統計。結果はやはりいまひとつ

 内閣府は2014年9月10日、7月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

imf201410
IMFが世界経済見通しを発表。欧州が完全失速、日本は大幅引き下げ

 IMF(国際通貨基金)は2014年10月7日、世界経済見通しを発表した。201 …

kokusaishushi201412
円安と直接投資の増加で経常収支が改善。急がれる国内産業構造の転換

 財務省は2015年2月9日、12月の国際収支を発表した。最終的な国の収支を示す …