ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

グーグル2015年4~6月期決算。増収増益だが、更なる成長は自動運転待ち

 

 米グーグルは2015年7月16日、2015年4~6月期の決算を発表した。広告事業が堅調で、売上高は前年同月比11.1%増の177億2700万ドル(約2兆2000億円)、純利益は同17.3%増の39億3100万ドル(約4870億円)となった。
 売上高の伸び率鈍化に歯止めがかかる兆しが見えてきたことに加え、コスト削減を実施したことで利益が拡大した。だが、広告単価の下落は止まっておらず、スマホ・シフトによる市場の拡大に依存している状況に変わりはない。

googlecar02

 このところ同社は、成長が続いているものの、かつてのような売上高の伸びは期待できない状況となっている。スマホ・シフトが一段落し、潜在的なネットの利用者をほぼ取り切った状況にあることがその主な要因である。

 前期の決算では、前年同月比でクリック数が13%増加する一方、前期比では1%のマイナスとなった。今期は前年同期比で18%の増加となり、前期比でも7%増えているので、クリック数の減少は回避した状況にある。
 ただ、クリック単価の下落は相変わらずで、今期は前年同期比で11%、前期比で4%のマイナスを記録した。スマホ・シフトによって閲覧数は増えているものの、広告に結びつく割合は低下が続いている。このトレンドはどこかで飽和点となるため、同社の今後の成長余力を疑問視する投資家も現れている。

 同社は、車の自動運転などを普及させ、利用者のネット閲覧時間を本質的に拡大させようとしているが、まだ具体的な成果には結びついていない。今期の研究開発費は約28億ドルと過去最高水準となっており、引き締め傾向となっているマーケティング関連のコストとは正反対の状況となっている。

 広告の飽和点に達するまでの時間と、新しいネット需要を生み出すまでの時間との競争になっており、もし技術のブレークスルーの方が早ければ、同社の成長スピードは維持されることになる。逆にタイムラグが生じる状況となれば、株価も含めて同社の成長シナリオは一旦リセットされることになるかもしれない。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

putingunjiryoku
ウクライナ情勢への懸念から米国への資金流出が続く。プーチン政権には打撃

 欧州景気に対する不透明感とウクライナ情勢への懸念から、投資資金が欧州から米国に …

takuhai
ヤマトが宅配取扱量抑制を検討。ネット通販会社による独自サービス拡大のきっかけに?

 宅配便最大手のヤマトホールディングスが、荷物の取扱量抑制の検討を開始した。この …

yamasita
CDはボロボロ、ダウンロード販売も激減。音楽業界はもはやシニア向けビジネス?

 CDの販売不振で苦しめられてきた音楽業界がさらに苦境に立たされている。頼みの綱 …

usakoyoutoukei201501
日本の製造業に朗報。米雇用統計は絶好調で6月利上げはオンスケジュールか?

 米労働省は2015年2月6日、1月の雇用統計を発表した。雇用者数の増加は市場予 …

shukinpei03
中国経済への自信?それとも強権発動覚悟?中国指導部の強硬姿勢がより鮮明に

 中国国営の新華社通信は7月7日、中国財政部(財政省)が緊縮財政措置の一環として …

jinminginkou
中国人民銀行が預金準備率引き下げ。いずれ量的緩和に追い込まれる?

 中国の景気減速がはっきりしてきたことで、金融市場にもこれに付随した動きが見られ …

kenoudou
圏央道の約9割が完成。ネット通販事業者のサービス高度化に寄与?

 首都圏の外側を取り囲む圏央道(首都圏中央連絡自動車道)のほぼ全線が開通した。圏 …

apple2016q1
アップルの四半期決算。過去最高の売上高だが中国市場は急減速

 米アップルの業績が大きな曲がり角に差し掛かっている。数字上は四半期ベースで過去 …

kosokudoro02
高速道路無料化は永久に無理?高速3社が老朽化対策に10兆円必要との試算

 高速道路3社(東日本、中日本、西日本)は4月25日、高速道路の老朽化対策に関す …

kougaibukken
進む不動産市場の二極分化。郊外は高級物件でも売りにくくなっている

 不動産市場の二極分化が、ゆっくりとしたペースではあるが、着実に進行している。首 …