ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

グーグル2015年4~6月期決算。増収増益だが、更なる成長は自動運転待ち

 

 米グーグルは2015年7月16日、2015年4~6月期の決算を発表した。広告事業が堅調で、売上高は前年同月比11.1%増の177億2700万ドル(約2兆2000億円)、純利益は同17.3%増の39億3100万ドル(約4870億円)となった。
 売上高の伸び率鈍化に歯止めがかかる兆しが見えてきたことに加え、コスト削減を実施したことで利益が拡大した。だが、広告単価の下落は止まっておらず、スマホ・シフトによる市場の拡大に依存している状況に変わりはない。

googlecar02

 このところ同社は、成長が続いているものの、かつてのような売上高の伸びは期待できない状況となっている。スマホ・シフトが一段落し、潜在的なネットの利用者をほぼ取り切った状況にあることがその主な要因である。

 前期の決算では、前年同月比でクリック数が13%増加する一方、前期比では1%のマイナスとなった。今期は前年同期比で18%の増加となり、前期比でも7%増えているので、クリック数の減少は回避した状況にある。
 ただ、クリック単価の下落は相変わらずで、今期は前年同期比で11%、前期比で4%のマイナスを記録した。スマホ・シフトによって閲覧数は増えているものの、広告に結びつく割合は低下が続いている。このトレンドはどこかで飽和点となるため、同社の今後の成長余力を疑問視する投資家も現れている。

 同社は、車の自動運転などを普及させ、利用者のネット閲覧時間を本質的に拡大させようとしているが、まだ具体的な成果には結びついていない。今期の研究開発費は約28億ドルと過去最高水準となっており、引き締め傾向となっているマーケティング関連のコストとは正反対の状況となっている。

 広告の飽和点に達するまでの時間と、新しいネット需要を生み出すまでの時間との競争になっており、もし技術のブレークスルーの方が早ければ、同社の成長スピードは維持されることになる。逆にタイムラグが生じる状況となれば、株価も含めて同社の成長シナリオは一旦リセットされることになるかもしれない。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

konchu
国連が飢餓対策に昆虫食を推奨。日本ではすでに昆虫食を趣味にしている人も

 国連食糧農業機関(FAO)は5月13日、世界の飢餓対策として、カブトムシやシロ …

factory
日本メーカーが相次いで米国に製造拠点を設置。米国はものづくり大国として復活か?

 米国において安価な新型天然ガスであるシェール・ガスの生産が急拡大していることか …

nichigin
日銀と政府の不毛な緩和論争の背後で、市場は動き始めている?

 日銀は30日、金融政策決定会合を開催し、国債などを買い入れる基金を11兆円増額 …

index2015
インデックス創業者の落合夫妻が揃って逮捕。転落のきっかけは自社の株式?

 東京地検特捜部は2014年5月28日、コンテンツ制作会社「インデックス」の創業 …

gpifpotoforio201506
公的年金の7~9月期の運用損失は7兆円?場合によっては政治問題化も

 公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が抱える運用損失が …

apple
アップルが株主への現金還元を検討。日本経済再生のヒントがここにある!

 多額の現金退蔵が株主から問題視されている米Appleは2月7日、株主への追加の …

sumahobunkai
東京五輪で廃スマホから金メダルを作るプランが浮上。資源再利用都市をアピール

 東京オリンピックで選手に授与されるメダルをスマホから作るというプランが浮上して …

tansuyokin
マイナス金利以降、タンス預金がさらに増加。将来への不安を反映?

 マイナス金利の導入以降、タンス預金が増加していると言われてきたが、その傾向に拍 …

toshiba02
東芝不正会計問題で新日本監査法人に重い処分。スケープゴート捜しの声も

 東芝の不正会計を見過ごしたとして、同社の監査を担当していた新日本監査法人に重い …

setsubitousi
11月の機械受注は回復見られず。10~12月のGDPも厳しい状況か?

 内閣府は2015年1月15日、11月の機械受注統計を発表した。主要指標である …