ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

個人経営の事業所の8割は後継者がおらず、パソコンの導入がほとんど進んでいない

 

 総務省は2015年7月10日、2014年の個人企業経済調査(構造編)の結果を発表した。個人経営の事業所の約7割が年齢が60歳以上となっており、後継者を確保できていない。また、パソコンの普及率が極めて低く、ITを使った生産性の向上が実現できていないことも明らかとなった。

kojinjigyonusi

 日本国内には個人経営による事業所が約240万存在している。こうした個人経営の事業所は、製造業や卸、サービス業といった分野で重要な役割を果たしている。大企業の業績回復も重要だが、こうした個人事業の環境が好転しなければ、日本経済全体の底上げは難しい。

 だが個人事業所における経営環境はかなり厳しいというのが現実のようだ。調査対象となっている製造業、卸・小売、宿泊・飲食、各種サービスという4つのカテゴリーのうち、3つのカテゴリーにおいて、7割以上の事業主の年齢が60歳を超えている。
 また後継者がいないという事業所は、製造業で82.3%、宿泊・飲食で84.4%に達している。多くの事業所がこのままでは廃業する結果となってしまう。

 パソコンの利用状況に関する項目では、パソコンを使用している事業所の割合が、もっとも高い卸・小売で43.6%にとどまり、宿泊・飲食ではわずか20.1%だった。高齢化が進んでいるので、パソコンの保有割合が低いと思われがちだが、必ずしもそうとは限らない。
 同一条件で比較した調査結果はないが、1人あたりのパソコン保有台数が米国の2分の1しかないという状況を考えると、事業主の年齢に関わらず、小規模事業におけるIT化の度合いが米国に比べてかなり低い可能性がある。

 日本は生産年齢人口が減っており、このままでは供給制限によって経済成長が阻害されることにもなりかねない。こうした事態を防ぐには、ITをフル活用した合理化が必要だが、日本のパソコン普及率は低い状況が続いている。
 個人事業主の高齢化に伴って市場からの退出が増えると思われるが、ITを活用できる人材へのスムーズな事業継承が求められる。

 単純に後継者難を解消することだけを考えるのではなく、経営主体が変わったとしても、地域全体として同一の機能が継承され、かつ生産性の向上を実現できるような支援策が必要だろう。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

jdiishikawa
有機ELで日本勢は総崩れ?シャープが突然、ジャパンディスプレイとの連携を呼びかけ

 次世代のディスプレイ技術である有機ELの開発をめぐって国内液晶メーカーが迷走し …

skytree00
現代版バベルの塔「スカイツリー」で電波障害が多発。東京はもはやソドムと化した?

 東京スカイツリーで大量の電波障害が発生している。毎日新聞が報じたところによると …

tosho03
東証1部の時価総額がバブル越え。だが上場社数が増えているので当然といえば当然

 東証1部の時価総額が終値ベースで過去最高を更新し、バブル期の水準を超えた。ただ …

crystalgeyser
同じクリスタルガイザーでも味や成分はバラバラ。ミネラルウォーターの賢い選び方

 原発事故をきっかけに、日本の消費者の間でミネラルウォーターへの関心が高まってい …

frb
FRBが正式に量的緩和策の終了を決定。米国経済は新しい局面を迎えた

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年10月29日のFOMC(連邦公開市場委 …

keizaizaiseisimonkaigi
財政再建とバラマキ予算をいとも簡単に両立させてしまう、財務省のレトリックとは?

 政府は8月2日、経済財政諮問会議を開催し、財政健全化の道筋となる中期財政計画の …

cubaclassic car
キューバとの国交正常化で注目される、高級葉巻と米国製クラシックカー

 米国とキューバが国交正常化交渉を開始することになった。経済制裁の解除で各業界に …

doller02
外貨準備の運用を民間に開放。一部からは金融機関の救済策との声も

 政府は外国為替資金特別会計(いわゆる外為特会)の運用方針を見直す。これまで外部 …

oecd02
OECDの世界経済見通し。日本は好調だが10兆円の景気対策による影響が大きいと指摘

 経済協力開発機構(OECD)は5月29日、2013年の世界経済見通しを発表した …

juko3sha
日本の製造業が大ピンチ。三菱と東芝はすでに満身創痍、日立は比較的身軽だが・・・

 日本の重電・重工メーカーが岐路に立たされている。三菱重工は日の丸ジェットである …