ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

東芝の不正会計問題。自己資本並みに大きい「のれん代」は大丈夫なのか?

 

 不正な会計処理が問題となっている東芝は2015年7月21日、田中久雄前社長、佐々木則夫前副会長、西田厚聰元相談役の歴代3社長が辞任すると発表した。経営陣を大幅に刷新する方針だが、同社の会計問題はこれだけにとどまらない可能性がある。
 総額8000億円(当時のレート)近くに達する資金を投じて買収した原子力企業ウェスチングハウス社関連の、のれん代の償却に関して疑問の声が上がっているからだ。

toshiba03

 同社に提出された第三者委員会の報告書は「経営トップらを含めた組織的な関与があり、意図的に『見かけ上の利益のかさ上げ』をする目的で行われた」と指摘しており、組織的な不正会計であったと断定している。
 不正会計は同社の多くの部門に及び、主力の原子力事業においても、利益計上のタイミングや基準において、利益のかさ上げがあったとしている。

 東芝は、原子力部門において巨額ののれん代を抱えている。2006年から2011年にかけて米国の原子力企業ウェスチングハウス社(WH社)を総額8000億円近い金額を投じて取得している。その他の買収などもあり、同社のバランスシートには、1兆円にものぼるのれん代が計上されている。
 同社の自己資本は1兆6000億円ほどしかないので、のれん代がなくなってしまうと、同社の自己資本の多くは吹き飛んでしまう状況にある。
 各期の利益計上に問題があったのだとすると、将来の利益予想によって変動する「のれん代」が正しく計上されているのかという疑問が出てくるのは当然のことだろう。

 東芝によるWH社買収は、当時から、かなり無理のある買収と言われてきた。買収金額が東芝の基礎体力に比して高すぎることに加え、ビジネス的な観点からも疑問視する声があった。
 東芝が手がける原子炉はBWR(沸騰水型)だが、WH社が手がけるのはPWR(加圧水型)であり、合併によるシナジーが少ない。しかもWH社は、同じくPWRを手がける三菱重工との提携が長かった企業であり、東芝との関係性は薄い。

 身売りとなったWH社に対して買い手がつかず、最終的に東芝に話が回ってきたと話す業界関係者もいる。安易な業績拡大を狙った経営陣が、無理な買収に走った可能性は否定できない。そうなのだとすると「チャレンジ」と称して利益のかさ上げを強要していたという今回の会計問題と根は同じということになる。

 新経営陣は、過大なのれん代をかかえる同社の資産内容について、できるだけ早期に明確な説明をする必要があるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

gamen
日本で物価が上がらないのは、産業構造による影響が大きい?

 日銀が量的緩和策をスタートさせてから2年になろうとしている。当初は労働力不足な …

economistataranai
GDP改定値はまさかの下方修正。今回もエコノミストは大ハズシなのだが・・・

 内閣府は2014年12月8日、7~9月期のGDP(国内総生産)改定値を発表した …

facebookdown
フェイスブック利用者が近い将来一気に8割減という予測は現実的なのか?

 フェイスブックは伝染病のように消え去るという研究者の予測が話題となっている。フ …

meti03
650万円の生活費を2年支給するというベンチャー支援策が登場する背景

 政府が、起業を後押しするために、650万円の生活費を最長で2年間支給する制度を …

frbieren201407
FRBがとうとう量的緩和を終了。米国経済は完全復活し、今後の焦点は金利へ

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年7月9日、6月のFOMC(連邦公開市場 …

ieren201409
FRBが量的緩和終了をあらためて確認。利上げによる円安が加速か?

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年9月17日、FOMC(連邦公開市場委員 …

businessman02
2016年1~3月期GDPはプラス転換だが、うるう年効果が大きく実質ゼロ成長

 内閣府は2016年4月18日、2016年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

tmall2014
上場を控えたアリババが4~6月期の決算を公表。取扱高の拡大で業績は好調

 米国で株式の新規公開(IPO)を予定している中国の電子商取引大手アリババは、2 …

newyork01
中国と米国で相次いで製造業指数が悪化。すべては米国頼みの構造に

 中国と米国で製造業に関する良くない指標が続いている。米供給管理協会(ISM)が …

kawase201301
JPモルガンの佐々木氏がとうとう見通しを変更。今回の円安転換はホンモノかもしれない。

 為替市場において円安がさらに加速しそうな勢いだ。安倍首相による日銀に対する緩和 …