ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

東芝の不正会計問題。自己資本並みに大きい「のれん代」は大丈夫なのか?

 

 不正な会計処理が問題となっている東芝は2015年7月21日、田中久雄前社長、佐々木則夫前副会長、西田厚聰元相談役の歴代3社長が辞任すると発表した。経営陣を大幅に刷新する方針だが、同社の会計問題はこれだけにとどまらない可能性がある。
 総額8000億円(当時のレート)近くに達する資金を投じて買収した原子力企業ウェスチングハウス社関連の、のれん代の償却に関して疑問の声が上がっているからだ。

toshiba03

 同社に提出された第三者委員会の報告書は「経営トップらを含めた組織的な関与があり、意図的に『見かけ上の利益のかさ上げ』をする目的で行われた」と指摘しており、組織的な不正会計であったと断定している。
 不正会計は同社の多くの部門に及び、主力の原子力事業においても、利益計上のタイミングや基準において、利益のかさ上げがあったとしている。

 東芝は、原子力部門において巨額ののれん代を抱えている。2006年から2011年にかけて米国の原子力企業ウェスチングハウス社(WH社)を総額8000億円近い金額を投じて取得している。その他の買収などもあり、同社のバランスシートには、1兆円にものぼるのれん代が計上されている。
 同社の自己資本は1兆6000億円ほどしかないので、のれん代がなくなってしまうと、同社の自己資本の多くは吹き飛んでしまう状況にある。
 各期の利益計上に問題があったのだとすると、将来の利益予想によって変動する「のれん代」が正しく計上されているのかという疑問が出てくるのは当然のことだろう。

 東芝によるWH社買収は、当時から、かなり無理のある買収と言われてきた。買収金額が東芝の基礎体力に比して高すぎることに加え、ビジネス的な観点からも疑問視する声があった。
 東芝が手がける原子炉はBWR(沸騰水型)だが、WH社が手がけるのはPWR(加圧水型)であり、合併によるシナジーが少ない。しかもWH社は、同じくPWRを手がける三菱重工との提携が長かった企業であり、東芝との関係性は薄い。

 身売りとなったWH社に対して買い手がつかず、最終的に東芝に話が回ってきたと話す業界関係者もいる。安易な業績拡大を狙った経営陣が、無理な買収に走った可能性は否定できない。そうなのだとすると「チャレンジ」と称して利益のかさ上げを強要していたという今回の会計問題と根は同じということになる。

 新経営陣は、過大なのれん代をかかえる同社の資産内容について、できるだけ早期に明確な説明をする必要があるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

niinami
ローソンの新浪社長がアベノミクスに賛同し賃上げを実施。政界転職の布石か?

 ローソンは7日、グループ内の若手社員の年収を平均で3%上げると発表した。年2回 …

bouekitoukei 201409
貿易赤字は一定水準でほぼ安定。やはり円安は輸出増加に寄与せず

 財務省は2014年10月22日、9月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差 …

chinaenergy
中国が南シナ海での資源開発をあらためて強調。中国が譲歩できないその背景

 中国政府は、フィリピンなどとの領有権問題が発生している南シナ海領域について、中 …

money009
日本全体のバランスシートを見ればお金が出回らない理由がよく分かる

 内閣府は2014年1月17日、2012年度の国民経済計算を発表した。資産から負 …

siniakigyou
起業希望者はバブル期に比べて半減。だが高齢者起業家は急増中

 起業を希望する人の数が年々減少し、2012年にはピーク時の約半分になったことが …

sharp
シャープが年度内の中期経営計画策定を断念。ホンハイとの提携は完全に流れたか?

 経営再建中のシャープが、中期経営計画の策定を先延ばしにすることが朝日新聞の報道 …

businessman
日本経済に暗雲。1月の消費はさらにダウンし、生産見通しも悪化

 日本経済に暗雲が垂れ込めている。2015年10~12月期のGDP(国内総生産) …

usagdp20131012
米国の10~12月期GDPは絶好調。だが新興国が足を引っ張り世界経済の成長は鈍化?

 米国商務省は2014年1月30日、2013年10~12月の国内総生産を発表した …

nihondensan
シャープ元社長の片山氏が日本電産副会長へ。永守氏の後継者問題はどうなる?

 日本電産が、シャープの片山幹雄元社長を副会長執行役員として迎え入れる。日本電産 …

keidanren2015teigen
経団連が8年ぶりに総合的な政策提言書を作成。かくしてその中身は?

 経団連は2015年1月1日、2030年までの国家ビジョンを示す政策提言「『豊か …