ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日経によるFT買収。読者層が異なる媒体でシナジー発揮できるのか?

 

 日本経済新聞社は2015年7月23日、英国の経済紙フィナンシャル・タイムズ(FT)を買収すると発表した。買収金額は、8億4400万ポンド(約1600億円)で日本企業よる海外メディアの買収としては最大規模となる。

nikkeifinancialtimes

 FTは高いブランド力を持った英国の経済紙で、世界各国に読者を抱えている。ただ高級紙であることから発行部数は少なく、グループ全体で約74万部しかない。年間の売上げはわずか640億円と企業そのものは小規模だ。
 FTを所有している英ピアソンは、グローバルに教育事業を展開する巨大企業だが、今後、教育事業への集中化をさらに進める方針といわれる。事業全体とのシナジーが薄いメディアを売却するのは自然な流れといえるだろう。
 一方、日経は、FT買収を通じてデジタル化とグローバル化を推進していくと説明しているが、買収の狙いは今ひとつはっきりしない。

 FTは英国の新聞だが、英国内より国外の読者の方が多い。米国の新聞は、どうしても視点が米国中心になってしまうが、FTは各国のバランスが考慮されており、ある意味でもっとも中立性の高い媒体のひとつである。このため、グローバルな環境で仕事をする知識層の多くがFTを購読しており、読者層の価値が高いことは間違いない。

 一方、日経の読者のほとんどは、日本国内に住む日本人である。1カ国で300万人の読者を確保するためには、大衆向けの記事も多数必要となり、FTのような高級紙として存在することは難しい。実際、日経の紙面は、FTをはじめとする欧米高級紙と比較すると大衆路線が徹底されている。

 現実点では日本経済新聞とFTの読者層が大きく異なっており、シナジー効果を発揮するのが難しい状況にある。FT記事の日経への配信を強化することで、媒体のブランド力を高める効果を狙うにしては1600億円の買収金額は高い。
 一方、アジアの知識層向けに事業を拡大するといっても、高級路線を維持する限り、そのポテンシャルは限定的となる。

 日経はこれまで盤石の財務体質を誇ってきたが、今回の買収をきっかけに、金融機関からの借り入れが一気に増加する。早いタイミングで、今後のグローバル戦略を提示できなければ、FT買収ののれん代が、財務的な重しとなってくる可能性も否定できない。

 - マスコミ, 経済 , , ,

  関連記事

kokuzei
確定申告の時期を迎え申告漏れのニュースが増加。今後の本丸は庶民の相続税

 確定申告の時期を迎え、全国で申告漏れや脱税のニュースが増加している。昨年末には …

wallstreet
富の偏在が進む米国。だが日本もそれに劣らない格差大国

 米国で100万ドル(約1億円)以上の金融資産を持つ世帯が1000万世帯に達しつ …

korea
韓国で個人負債増加が政策課題に急浮上。日本も他人事ではないかもしれない

 以前から家計の負債増加が指摘されていた韓国で、この問題が政策的な重要課題に浮上 …

no image
まだまだ甘いシャープのリストラ。高給取りのホワイトカラーは手付かず

 経営危機のシャープが検討している追加の人員削減案が明らかになった。これまで50 …

sinchounakazuri
やっぱり革命政党?共産党が議員のラブラブ路チュー写真に激怒

 共産党の女性議員の路チュー写真が週刊誌に掲載された件で、共産党が激怒している。 …

lawsonmitsubishi
資源価格下落で巨額赤字を抱える三菱商事がローソンを子会社化する事情

 三菱商事は2016年9月16日、コンビニ大手のローソンを子会社化すると発表した …

shalegasrig
シェールガス会社の破綻でバブル終了。だが本当のインパクトはこれからだ!

 米国でシェールガスなどを生産するGMXリソーシズは4月1日、米連邦破産法11条 …

netflix
ネットワークの負荷を増大させる動画配信サービス。コストは誰が払うのか?

 米オンライン動画配信大手ネットフリックスは、米ケーブルテレビ大手のコムキャスト …

abeyosaninkai201402
首相が公的年金の運用を多様化する方針を表明。具体的な投資対象は未確定

 安倍首相は2014年2月24日の衆院予算委員会で、公的年金の運用方針を見直す考 …

okane
キプロスの預金没収で脳裏によぎったのは、日本における「預金封鎖」と「財産税」

 ユーロ圏がキプロスに対して行った銀行預金に対する最大約10%の課徴金徴収につい …