ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日経によるFT買収。読者層が異なる媒体でシナジー発揮できるのか?

 

 日本経済新聞社は2015年7月23日、英国の経済紙フィナンシャル・タイムズ(FT)を買収すると発表した。買収金額は、8億4400万ポンド(約1600億円)で日本企業よる海外メディアの買収としては最大規模となる。

nikkeifinancialtimes

 FTは高いブランド力を持った英国の経済紙で、世界各国に読者を抱えている。ただ高級紙であることから発行部数は少なく、グループ全体で約74万部しかない。年間の売上げはわずか640億円と企業そのものは小規模だ。
 FTを所有している英ピアソンは、グローバルに教育事業を展開する巨大企業だが、今後、教育事業への集中化をさらに進める方針といわれる。事業全体とのシナジーが薄いメディアを売却するのは自然な流れといえるだろう。
 一方、日経は、FT買収を通じてデジタル化とグローバル化を推進していくと説明しているが、買収の狙いは今ひとつはっきりしない。

 FTは英国の新聞だが、英国内より国外の読者の方が多い。米国の新聞は、どうしても視点が米国中心になってしまうが、FTは各国のバランスが考慮されており、ある意味でもっとも中立性の高い媒体のひとつである。このため、グローバルな環境で仕事をする知識層の多くがFTを購読しており、読者層の価値が高いことは間違いない。

 一方、日経の読者のほとんどは、日本国内に住む日本人である。1カ国で300万人の読者を確保するためには、大衆向けの記事も多数必要となり、FTのような高級紙として存在することは難しい。実際、日経の紙面は、FTをはじめとする欧米高級紙と比較すると大衆路線が徹底されている。

 現実点では日本経済新聞とFTの読者層が大きく異なっており、シナジー効果を発揮するのが難しい状況にある。FT記事の日経への配信を強化することで、媒体のブランド力を高める効果を狙うにしては1600億円の買収金額は高い。
 一方、アジアの知識層向けに事業を拡大するといっても、高級路線を維持する限り、そのポテンシャルは限定的となる。

 日経はこれまで盤石の財務体質を誇ってきたが、今回の買収をきっかけに、金融機関からの借り入れが一気に増加する。早いタイミングで、今後のグローバル戦略を提示できなければ、FT買収ののれん代が、財務的な重しとなってくる可能性も否定できない。

 - マスコミ, 経済 , , ,

  関連記事

no image
米国の大手書店でカード読取機が改ざん。カード情報が不正に流出

 米国の書店大手バーンズアンドノーブルは24日、全米の63店舗でカード読取装置が …

mitsuishacho
32人ゴボウ抜きの三井物産社長人事。だが、どうしてもぬぐい去れないある疑問

 三井物産は2015年1月20日、飯島彰己社長が4月1日付で退任し、安永竜夫執行 …

iwatakikuo
岩田副総裁候補が、積極的な財政出動を肯定。バラ捲き予算にはずみ?

 日銀副総裁候補の岩田規久男学習院大教授は5日、衆院議院運営委員会の所信聴取に出 …

keidanren
経団連会長をOBから起用。影響力低下と人材不足が著しい経団連の実情

 経団連は、6月に退任する予定の米倉弘昌会長の後任に、東レ会長の榊原定征氏を起用 …

ecb201506
ドイツと米国の金利が急上昇。金利正常化プロセスなのか市場の混乱か?

 このところ各国の金利が急上昇している。4月中旬にはゼロ%まで近づいたドイツの長 …

abeusa
日本を米国並みのベンチャー大国にするという首相の驚愕発言がもたらすリスク

 訪米中の安倍首相が米国人を前に大胆な発言を連発している。9月25日、ニューヨー …

trumpusa
トランプ政権の経済閣僚が固まる。かつての対日貿易交渉がそのまま中国版にシフト?

 トランプ次期政権の経済チームの顔ぶれがほぼ固まった。対中強硬派の人物が多く、中 …

jinmingen
台湾と中国で人民元の直接取引が解禁。中国が狙うのは緩いアジアの人民元経済圏

 中国の人民元と台湾ドルの直接取引が6日、解禁された。台湾では、現地の銀行が米ド …

tosho002
米国の利上げに市場の関心が集中。増税延期と大型補正にも市場の反応は鈍い

 安倍首相は2016年6月1日、消費増税の再延期と大型の補正予算について正式に表 …

yahoomiyasaka
ヤフーがイー・アクセスを買収。宮坂社長のソフトバンク経営関与の布石という噂も

 ヤフーは2014年3月27日、通信事業者であるイー・アクセスの株式をソフトバン …