ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

盤石の安倍政権に黄色信号。日本市場における政局リスクが徐々に顕在化

 

 日本の株式市場に政局リスクが浮上し始めた。内閣支持率が急落していることに加え、8月17日に公表予定の4~6月期GDP(国内総生産)がマイナスになる可能性が出てきたからだ。アベノミクス相場は、安倍政権に対する高い支持率で担保されてきた面があり、政局が不安定になると、株価上昇のスパイラルが一気に崩れてしまう可能性がある。

abe20150715

 このところ内閣支持率の急落が目立つ。読売新聞の世論調査では、内閣支持率は43%となり、とうとう不支持との比率が逆転した。
 朝日新聞の世論調査では支持率が40%を下回っている。支持率40%は非常に重要な節目であり、これを下回ると、その政権が延命することは難しいといわれる。安保法制への対応が支持率低下の原因だが、現実問題として安倍政権はこれを成立させる以外に選択肢がなく、今後、支持率低下にさらに拍車がかかるかもしれない。

 今後の政治日程も安倍政権にとっては向かい風だ。安倍政権は、戦後70年の談話について、総理大臣の私的談話という形に落ち着かせる方針といわれている。これは各方面に配慮した形であり、ウラをかえせば、強行突破できない環境にあるというサインともいえる。

 これに加えて、真偽の程は定かではないが、8月15日に天皇陛下がお詫びの談話を発表するという報道も出ている。もしこれが本当なのだとすると、安倍政権の従来の歴史認識が全否定される状況にもなりかねない。さらにタイミングが悪いことに、8月17日には4~6月期のGDPが発表される。

 民間エコノミストの中にはマイナス成長を予想する人もおり、よい数字にはならない可能性が高い。消費や設備投資は堅調だが、輸出の伸びが小さかったことがGDPの足を引っ張っている。経済に対する現実的なインパクトはともかく、マイナス成長という響きは政治的には明らかにネガティブ材料だ。

 安倍政権と互角の力を持つ党内勢力は今のところ存在しないので、一連の政治日程がただちに政局リスクに変わる可能性は低い。
 だが、市場はこれまで安倍政権が長期にわたって政権の座にあることを前提にシナリオを組み立てていた。円安による輸入価格の上昇に賃金は追い付いておらず、国民の実質的な生活水準は低下している。それでも株式市場が堅調なのは、安倍政権に対する高い支持率によって、アベノミクス路線が担保されていたからである。

 支持率の低下によって、こうした見通しに変化が生じつつあることは間違いなく、中期的には思わぬ市場の波乱要因となりそうだ。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

shoten
出版取次の太洋社が自己破産。出版市場の縮小はどこまで続くのか

 出版取次の太洋社が2016年3月15日、東京地方裁判所に自己破産を申請した。出 …

contena04
中国経済の失速がさらに鮮明に。だが日の丸製造業の凋落が皮肉にも中国リスクを軽減?

 中国国家統計局は7月15日、4~6月期の国内総生産(GDP)を発表した。物価の …

yahoo02
低迷する米Yahooが何とか高収益を保っているのはヤフージャパンとアリババのおかげ?

 インターネット大手の米Yahooは7月16日、2013年第2四半期の決算を発表 …

abeamari02
TPPはオバマ大統領来日が妥結タイミング?決裂の場合、その先の対策が必要

 シンガポールで開催されたTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合が物別 …

no image
振るわない製造業の設備投資。アベノミクスは基本戦略そのものの見直しが必要?

 製造業の設備投資がなかなか回復しない。内閣府が2013年12月11日に発表した …

rimpac201401
環太平洋合同軍事演習がハワイ沖でスタート。今年の目玉は初参加する中国軍

 米軍を中心とした太平洋における多国間軍事演習「リムパック」が2014年6月26 …

microsoft
マイクロソフトが大規模な組織再編に着手。脱PCで伝統の事業部制を放棄

 米マイクロソフトは7月11日、これまでにない大規模な組織再編を行うと発表した。 …

suntorypuremoru
サントリーが新浪氏のトップ就任に合わせて組織改編。とうとうビール部門が独り立ち

 サントリーホールディングスは2014年9月25日、ビール事業の分離などを柱とす …

pccw
外国人投資家による都心の不動産取得が相次ぐ。本当に需要はあるのか?

 東京の不動産市場が活況を呈している。円安によって外国人投資家による買いが増加し …

takeshima
日本は竹島問題を提訴せず。安倍首相が韓国との関係改善を優先する3つの理由

 日本政府は、竹島の領有権問題をめぐって国際司法裁判所への単独提訴を当面、行わな …