ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

盤石の安倍政権に黄色信号。日本市場における政局リスクが徐々に顕在化

 

 日本の株式市場に政局リスクが浮上し始めた。内閣支持率が急落していることに加え、8月17日に公表予定の4~6月期GDP(国内総生産)がマイナスになる可能性が出てきたからだ。アベノミクス相場は、安倍政権に対する高い支持率で担保されてきた面があり、政局が不安定になると、株価上昇のスパイラルが一気に崩れてしまう可能性がある。

abe20150715

 このところ内閣支持率の急落が目立つ。読売新聞の世論調査では、内閣支持率は43%となり、とうとう不支持との比率が逆転した。
 朝日新聞の世論調査では支持率が40%を下回っている。支持率40%は非常に重要な節目であり、これを下回ると、その政権が延命することは難しいといわれる。安保法制への対応が支持率低下の原因だが、現実問題として安倍政権はこれを成立させる以外に選択肢がなく、今後、支持率低下にさらに拍車がかかるかもしれない。

 今後の政治日程も安倍政権にとっては向かい風だ。安倍政権は、戦後70年の談話について、総理大臣の私的談話という形に落ち着かせる方針といわれている。これは各方面に配慮した形であり、ウラをかえせば、強行突破できない環境にあるというサインともいえる。

 これに加えて、真偽の程は定かではないが、8月15日に天皇陛下がお詫びの談話を発表するという報道も出ている。もしこれが本当なのだとすると、安倍政権の従来の歴史認識が全否定される状況にもなりかねない。さらにタイミングが悪いことに、8月17日には4~6月期のGDPが発表される。

 民間エコノミストの中にはマイナス成長を予想する人もおり、よい数字にはならない可能性が高い。消費や設備投資は堅調だが、輸出の伸びが小さかったことがGDPの足を引っ張っている。経済に対する現実的なインパクトはともかく、マイナス成長という響きは政治的には明らかにネガティブ材料だ。

 安倍政権と互角の力を持つ党内勢力は今のところ存在しないので、一連の政治日程がただちに政局リスクに変わる可能性は低い。
 だが、市場はこれまで安倍政権が長期にわたって政権の座にあることを前提にシナリオを組み立てていた。円安による輸入価格の上昇に賃金は追い付いておらず、国民の実質的な生活水準は低下している。それでも株式市場が堅調なのは、安倍政権に対する高い支持率によって、アベノミクス路線が担保されていたからである。

 支持率の低下によって、こうした見通しに変化が生じつつあることは間違いなく、中期的には思わぬ市場の波乱要因となりそうだ。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

kokkaigijido02
憲法改正の手続きを定めた国民投票法が審議入り。各党の思惑が絡んで議論は複雑

 憲法改正のための具体的な手続きを定めた国民投票法(日本国憲法の改正手続に関する …

westinghousegenson
東芝が米中核子会社で巨額損失。米国人社員に「チャレンジ」は通用しなかった

 不正会計問題を抱える東芝は、これまで開示してこなかった米国の原子力子会社ウェス …

swissnb
スイス中銀が突然の為替上限撤廃。ECB量的緩和策直前という最悪のタイミング

 スイスの中央銀行にあたるスイス国立銀行が、自国通貨高を抑制するための為替上限を …

rikokkyou
中国が公式のジニ係数を発表。中国の格差がもっと激しいのはもはや周知の事実

 中国国家統計局は18日、2012年のGDPの発表と合わせて、国民の所得格差を示 …

abeobana201404002
政権内部から相次ぐオバマ大統領への批判。中国への意図せざるサインになる可能性も

 日米首脳会談終了後、とりあえず共同宣言をまとめることができたものの、日米間のギ …

global01
相次ぐ海外大型買収は日本経済に大きなメリットをもたらす

 ソフトバンクによる米スプリント社の買収やサントリーによる米ビーム社の買収など、 …

wavii
マスコミの記者も失業?グーグルやヤフーがニュース要約技術などを次々に買収

 米グーグルが、ニュース要約アプリを手掛ける米Waviiを3000万ドル(約29 …

snowden
米国で国民監視システムの存在が明らかに。本質的問題は市民のプライバシーにあらず

 米国家安全保障局(NSA)がグーグルやベライゾンといったネット企業や通信会社か …

abe201407
安倍政権が内閣改造へ。背景にあるのは来年の解散総選挙?

 安倍首相が内閣改造を実施する方針を固めた。集団的自衛権行使容認に関連する法整備 …

airport
先進国と新興国の人材移動が活発に。グローバル時代の厳しい現実

 経済危機の長期化とグローバル経済の進展によって、先進国と新興国の間における人の …