ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本企業の役員報酬高額化が進む。だが肝心の業績はお寒い限り・・・

 

 1億円以上をもらう日本の上場企業の役員数が400人を突破したことが、東京商工リサーチの調べで明らかになった。高額報酬をもらう役員の数は、このところ急増しているが、肝心の業績はグローバルスタンダードに遠く及ばない。役員報酬だけがグローバルスタンダードになるというちぐはぐな状況が続いている。

shachoshitsu

 2015年3月期決算において役員報酬1億円以上を開示した企業は211社、人数は411人だった。2013年までは300人前後で推移していたが、2014年には361人、今年は411人と高額報酬を得る役員の数は急増している。

 日本ではグローバル基準に比べて役員報酬が低すぎるという指摘があり、こうした指摘が、日本企業における高額報酬を正当化させている面がある。だが、こうした指摘は必ずしも正しいとはいえない。日本企業といわゆるグローバル企業とでは、売上高や利益の規模が決定的に異なるからである。

 日本の上場企業の売上高上位10社の総売上高は約129兆円だが、米国の上位10社の総売上高は270兆円もある。日本では超大手企業と思われているパナソニックやソニーの年間売上高は、アップルの半分にも満たない水準である。
 利益に目を向けると、日本企業の状況はさらにお寒い。日本の上位10社の利益の総額は米国上位10社の5分の1程度しかない。

 上場500社を比較しても、日本企業のROE(株主資本利益率)は米国企業の4分の1、欧州企業の3分の1である。日本企業は絶対値でも率においても、グローバルスタンダードには遠く及ばない状況だ。

 グローバルスタンダードいっても様々だ。フランスやドイツのように高額報酬が許容されない国もある。フランスの報酬上位10%の経営者の報酬は約5億円である。日本では高額報酬で知られる日産のゴーン氏も本国では高額報酬を受け取っていない。

 役員の報酬が上昇する一方で、日本企業の従業員の給与はここ何年も下がりっぱなしである。資本金10億円以上の企業における従業員の平均年収は2006年には600万円に近づいていたが、2014年は560万円まで下がっている。米国の大卒初任給は大手企業では40万円に達するケースも増えてきており、日本との違いが際立つ。

 グローバルスタンダードは大いに結構だが、経営全体がグローバルスタンダードにならなければ意味がない。ある意味で日本の経営者は、業績との比較という点では、もっとも高い報酬を受け取っていると見ることもできる。

 - 経済 ,

  関連記事

newshaisin
ネット上のニュース配信サービスに参入相次ぐ。だが日本特有のいつもの課題も・・・

 スマホ向けにニュース閲覧アプリを提供するベンチャー企業が相次いでサービスを拡充 …

no image
IMFが指摘。日本の金融機関はもうこれ以上、国債を買い支えることはできない

 IMF(国際通貨基金)がいよいよ日本の国債消化能力ついて懸念を表明し始めた。 …

keitairyoukin
迷走する携帯料金引き下げ問題。日本の劣化を示す象徴的な事例

 携帯料金の見直しに関する議論が激しさを増している。高市早苗総務大臣は、記者団に …

sharp
シャープの増資は政府による資産買い取りとセット?史上最大のモラルハザードの可能性

 シャープが検討している公募増資は、政府による資産買い取りとセットである可能性が …

abeamari
成長戦略への不評から首相サイドが大慌て。首相の本心はどこに?

 成長戦略に対する市場の失望が大きかったことで、首相サイドが慌ただしい動きを見せ …

mothers
従来の説はほとんどウソだった。日本でベンチャー企業が発達しない本当の理由。

 日本でベンチャー振興が叫ばれてから久しいが、一向にベンチャー企業が盛り上がる気 …

susiro
回転寿司のスシローが東証に再上場。円安で市場の競争環境は激化

 回転寿司最大手の「あきんどスシロー」が3月30日、東京証券取引所に再上場する。 …

tosho
国債を売って株式へ。日本に対する国際的なマネーの動きに変化が

 日本に対する国際的なお金の流れが変化し始めている。国債を売却して資金を海外に引 …

frb
予想外に好調だった米雇用統計で、9月緩和縮小の声が高まる

 米労働省は7月5日、6月の雇用統計を発表した。失業率は7.6%と横ばいだったも …

judokituen
受動喫煙防止法案の経済的な影響は約8400億円と調査会社が試算

 政府が今国会に提出する予定の受動喫煙を防止する法案に関して、民間の調査会社が外 …