ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ツイッターがとうとう折り返し地点?利用者数の伸びが鈍化し株価は大幅下落

 

 短文投稿サイトの米ツイッターは2015年7月28日、2015年4~6月期決算を発表した。前年同期比で増収となり、赤字幅も縮小したが、月間利用者の伸びが横ばいとなった。成長が鈍化していることは明らかであり、前期決算に続いて株価は大幅下落となった。

twitter

 売上高は前年同期比61%増の5億238万ドル(約623億円)、最終損益は1億3666万ドル(約169億円)の赤字となった。売上高が増加し、赤字幅が縮小しているので、決算書上はまずまずの結果に見える。だが、収益の源泉である利用者数の状況はよくない。

 月間の平均利用者数は3億1600万人と前年同期比では15%の増加となったものの、前期比ではほぼ横ばいであった。しかも、この数字にはSMS(ショート・メッセージ・サービス)の数字が含まれている。同社がこれまで標準的に用いてきたSMSを除いた利用者数では前年同期比12%増にとどまっている。

 ツイッターのようなネット企業は、無理に広告収入を強化すると、利用者の離反を招く可能性があり、利用者数の増加で増収を維持する方が望ましい。今回のツイッターの決算は、利用者数が伸び悩む中、広告収入を強化した結果であり、今後の息切れがリスク要因として認識されることになる。

 実は、前四半期の決算の段階で、同社のビジネス環境が変調していることはかなり明確になっていた。
 同社はこれまで、一般的なWebサイトにおけるページビューに相当する「タイムライン閲覧数」を重要指標として位置付けていたが、前期決算からこの数字の公表をやめてしまった。市場関係者の多くは、閲覧数が大幅に低下した可能性を指摘していたが、もしそれが事実だとすると、今回の利用者数の伸び悩みの前兆現象だったことになる。

 同社はディック・コストロ最高経営責任者(CEO)の退任が発表されており、創業者であるジャック・ドーシー氏が暫定CEOとして経営の舵取りにあたっている。ドーシー氏が経営状況に対する危機感を表明したことで一気に売りが膨らみ、同社株は15%以上も下落した。同社の経営は、いよいよ正念場に差し掛かっている。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

factory07
米国がモノを買わなくなっている。日本人は米国の過剰消費を批判している場合ではない

 米国が世界の買い手としての立場を降りようとしている。新興国経済の鈍化が目立つ中 …

38north02
北朝鮮が寧辺の原子炉を再稼働?外交問題に加えて、安全上のリスクを指摘する声も

 北朝鮮が再稼働を表明していた寧辺(ヨンビョン)の原子炉について、外交上の問題に …

monhiru
公的年金の損失5兆円は株価を考えれば妥当だが、本当にリスク運用でいいのか?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年7月2 …

ichimanen
政府が中長期的な財政収支見通しを発表。最後は歳出の大幅抑制しかない?

 政府は2015年2月12日、「中長期の経済財政に関する試算」を公表した。前回の …

kousaihi
「焼け石に水」にすらならない企業の交際費非課税案。もはや日本経済は末期症状

 来年4月の消費税増税対策の一つとして、大企業における交際費の一部が非課税となる …

smog
悪化する北京の大気汚染。本当に自動車の排気ガスが原因なのか?

 北京を中心に中国各地で大気汚染が悪化している。北京市内では、視界がほとんどきか …

seveneleven
超優良企業セブンによるニッセン買収で見えてくる、同社と日本経済の限界点

 セブン&アイ・ホールディングスは2013年12月2日、カタログ通販大手のニッセ …

ichimanen
インフレが進むと実質的に増税となる「インフレ課税」って何だ?

 消費税増税を最終判断する時期が近付いてきたことで、増税の是非に関する議論が活発 …

kakeibo
家計のエンゲル係数が急上昇。それ以上に上昇しているのは電気代と水道代

 消費支出に占める食費の割合を示すエンゲル係数が急上昇している。2014年4月に …

neet
ニートだけの会社が11月設立へ。批判の声は多いが、ガバナンス論に一石の可能性も

 メンバー全員がニートで、株主かつ取締役というまったく新しいコンセプトの会社が1 …