ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

まずまずだった米4~6月期GDP。実質的に利上げは始まっている

 

 米商務省は2015年7月30日、4~6月期のGDP(国内総生産)速報値を発表した。物価の影響を除いた実質で前期比2.3%増(年率換算)と、市場予想を若干下回ったものの、米国経済の順調な回復を裏付ける結果となった。今後の雇用統計次第だが、年内利上げの環境はさらに整ってきたといえそうだ。

usagdp20150730

 成長をリードしたのは旺盛な個人消費。大型自動車の販売が伸びていることなどを背景に前期比2.9%の伸びを示した。住宅も好調で6.6%増となっている。ドル高で輸出の伸び悩みが懸念されていたが5.3%増とこちらも堅調であった。
 一方、民間設備投資は0.6%のマイナス。原油安でエネルギー関連の投資が減ったことが響いた。原油安の影響は着実に浸透しており、米国経済の個人消費シフトがさらに進んでいることがはっきりした。

 米FRB(連邦準備制度理事会)は年内に利上げを実施する方針を明確にしているが、具体的な時期に関する市場関係者の見解は分かれている。前日に公表されたFOMC(連邦公開市場委員会)声明では、時期に関するメッセージはなかったが、今後の雇用統計次第では9月に利上げする可能性も残された格好だ。

 30日のニューヨーク株式市場は、良好なGDPにもかかわらず、ほぼ横ばいのまま取引を終了した。このところ株式市場は冴えない展開が続いているが、これは市場が実質的に利上げが始まったことを織り込んでいる可能性が高い。

 1~3月期のGDPは、厳冬や港湾ストなどの影響で大きく落ち込んだが、雇用統計などの状況から、この落ち込みは一時的なものであることは予想されていた。このため、市場は年内利上げを意識しはじめ、ドル高が進行するとともに、株価の上値が重い状態が続いていた。

 当初は、ドル高と軟調な株価が利上げの障害になるとの見方もあったが、良好な経済指標が出てくるにしたがって、逆に利上げを織り込んだ動きであるとの解釈が増えてきている。
 ドル高は実質的に金融引き締めと同じ効果があり、株価はそれを前提に動いている。名目上の利上げはまだだが、実質的にはすでに利上げが始まっていると考えた方が自然である。

 そうなってくると、利上げの時期はそれほど問題ではなく、むしろそのペースの方に市場の関心は集まってくることになる。
 次の雇用統計が良好だった場合には9月利上げもあり得るが、その場合には、利上げのペースはかなり穏やかなものとなるはずだ。逆に12月の利上げとなれば、インフレへの警戒が出てくる可能性もあり、ペース配分は微妙な状況となる。

 市場がすでに利上げを完全に織り込んでいるのだとすると、現実に利上げが実施された時の株式市場へのインパクトはあまり大きくないだろう。場合によっては、懸念材料の払拭によって上昇に転じるケースも想定しておく必要があるかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

monhiru
公的年金を運用するGPIFが、とうとう赤字運用に転落。今後の年金は株価次第?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年8月2 …

kokuritsukyogijo
新国立競技場の建設費用は何と2500億円。昔の東京オリンピックと比較すると?

 東京オリンピックの会場となる新国立競技場の建設費が2500億円を突破する見通し …

winepod
ロボット化もここまで来た。高級ワインを家庭で醸造できるマシンが米国で話題

 米国で自家製ワイン製造装置がちょっとした話題になっている。自家製ワインの醸造が …

francisco1
排他的になると逆に伝統文化はダメになる。日本人が傾聴すべきローマ法王の説法

 伝統的な価値観を守るためには、新しい価値観を攻撃するのではなく、うまくバランス …

neet
ニートだけの会社が11月設立へ。批判の声は多いが、ガバナンス論に一石の可能性も

 メンバー全員がニートで、株主かつ取締役というまったく新しいコンセプトの会社が1 …

chinaenergy
中国が南シナ海での資源開発をあらためて強調。中国が譲歩できないその背景

 中国政府は、フィリピンなどとの領有権問題が発生している南シナ海領域について、中 …

merukeru00
ドイツ要人が相次いで日本の円安政策を批判。基本的には国内向けなのだが・・・

 ドイツのメルケル首相は24日、スイスのダボス会議において、日本が進める為替政策 …

abe5gatsukeizai
安倍政権vs年金官僚。年金運用の株式シフトをめぐって大バトル

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用方針見直しを …

meti03
650万円の生活費を2年支給するというベンチャー支援策が登場する背景

 政府が、起業を後押しするために、650万円の生活費を最長で2年間支給する制度を …

son
ソフトバンクが米3位の携帯電話会社を巨額買収したワケとは?

 ソフトバンクが米携帯3位のスプリント・ネクステルを買収する方針であることが明ら …