ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

物価上昇は鈍化しているが、現実には値上げが進行。4~6月期GDPにも悪影響か

 

 総務省は2015年7月31日、2015年6月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「生鮮食品を除く総合(コア指数)」は前年同月比でプラス0.1%となり、先月に引き続き、極めて低い伸びにとどまった。
 一方、「食料及びエネルギーを除く総合(コアコア指数)」はプラス0.6%とジワジワ上昇している。物価はエネルギーとの綱引きになっているようだ。

bukkajoushou

 円安の進行で輸入価格は上昇しているが、原油価格の下落は物価に対してマイナスに作用する。コア指数が低い伸びにとどまっているのは、原油価格の下落が大きいと考えられる。

 だが足元では、値上げに踏み切る動きが顕著になっている。東京大学が中心となって作成した東大物価指数は4月以降、顕著な上昇を示している。同指数は、全国の300店舗におけるPOS(販売時点情報管理)システムのデータを用いているため、ほぼリアルタイムで物価の動向を把握できる。輸入価格の上昇に耐えきれなくなり、商品価格を上げる事業者が増えていることが背景にあると考えられる。

 総務省の統計においても、食料とエネルギーを除いたコアコア指数はすでにプラス0.6%となっており、値上げが着実に進んでいることをうかがわせる。
 ただ東京都区部における消費者物価指数の速報値(7月分)は、食品を除いた指数が0.1%の下落、エネルギーを除いた指数でもプラス0.3%となっており、上昇が一服しているようにも見える。しばらくの間は、エネルギー価格との綱引きで物価動向が決まるという状況が続くだろう。

 もっとも家計に対するインパクトという意味では、エネルギー価格よりも、一般的な商品の価格がもたらす影響が大きい。同日に発表された6月の家計消費支出は、前年同月比2.0%減と2カ月ぶりにマイナスに転じた。値上げを感じ取り財布の紐を引き締めている可能性が高い。

 4~6月期のGDPは低調な輸出でマイナス成長になるとの予想も出ているが、個人消費まで低迷するようだと、その可能性はさらに高まってくる。金融政策的には物価目標の位置付けをどうするのかが重要課題だが、それ以前に、景気の足腰が弱まるリスクを警戒する必要が出てきたかもしれない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

amazonbooks
アマゾンがリアル店舗の本格展開を検討中?本当なら書籍市場に大きな変化が

 米アマゾンが、全米で300~400の実店舗の展開を計画しているとの噂が広がって …

ieren201409
FRBが年内の資産縮小開始を表明。米国の量的緩和策は完全終了フェーズへ

 FRB(連邦準備制度理事会)が市場の予想通り、再利上げと年内の資産圧縮開始を決 …

kousaihi
「焼け石に水」にすらならない企業の交際費非課税案。もはや日本経済は末期症状

 来年4月の消費税増税対策の一つとして、大企業における交際費の一部が非課税となる …

abe20141021b
消費低迷で高まる増税先送り論。だが現実には決断は困難?

 消費の低迷が顕著になってきたことから、消費税の10%増税に反対する声が高まって …

kanntei
政府が2013年度のGDP見通しを上方修正。だが物価目標をめぐる政策の矛盾が露呈

 政府は28日に開催された臨時閣議で、2012~13年度の経済成長率見通しを正式 …

ecb02
欧州中央銀行がとうとう量的緩和を示唆。一気にドル高が進む?

 ECB(欧州中央銀行)がとうとう量的緩和の実施に踏み切る可能性が出てきた。20 …

indochina
中印が経済的理由から急接近。インド側の狙いは日本と中国が「競争」すること

 中国の習近平国家主席は2014年9月17日、インドを公式訪問し、モディ首相と会 …

imf201404
米国依存が鮮明になったIMFの最新世界経済見通し。日欧の量的緩和策が次の焦点に

 IMF(国際通貨基金)は2014年4月8日、最新の世界経済見通しを発表した。2 …

airbus
エアバスとBAEの合併交渉が破談。背後にはドイツの強硬な反対が

 エアバスの親会社EADSと英防衛大手BAEシステムズの合併が破談した。交渉の期 …

tousan
周回遅れの構造改革?倒産減少のウラで廃業が増加中

 企業の倒産が減少している。背景には景気の回復もあるが、中小企業金融円滑化法によ …