ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

物価上昇は鈍化しているが、現実には値上げが進行。4~6月期GDPにも悪影響か

 

 総務省は2015年7月31日、2015年6月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「生鮮食品を除く総合(コア指数)」は前年同月比でプラス0.1%となり、先月に引き続き、極めて低い伸びにとどまった。
 一方、「食料及びエネルギーを除く総合(コアコア指数)」はプラス0.6%とジワジワ上昇している。物価はエネルギーとの綱引きになっているようだ。

bukkajoushou

 円安の進行で輸入価格は上昇しているが、原油価格の下落は物価に対してマイナスに作用する。コア指数が低い伸びにとどまっているのは、原油価格の下落が大きいと考えられる。

 だが足元では、値上げに踏み切る動きが顕著になっている。東京大学が中心となって作成した東大物価指数は4月以降、顕著な上昇を示している。同指数は、全国の300店舗におけるPOS(販売時点情報管理)システムのデータを用いているため、ほぼリアルタイムで物価の動向を把握できる。輸入価格の上昇に耐えきれなくなり、商品価格を上げる事業者が増えていることが背景にあると考えられる。

 総務省の統計においても、食料とエネルギーを除いたコアコア指数はすでにプラス0.6%となっており、値上げが着実に進んでいることをうかがわせる。
 ただ東京都区部における消費者物価指数の速報値(7月分)は、食品を除いた指数が0.1%の下落、エネルギーを除いた指数でもプラス0.3%となっており、上昇が一服しているようにも見える。しばらくの間は、エネルギー価格との綱引きで物価動向が決まるという状況が続くだろう。

 もっとも家計に対するインパクトという意味では、エネルギー価格よりも、一般的な商品の価格がもたらす影響が大きい。同日に発表された6月の家計消費支出は、前年同月比2.0%減と2カ月ぶりにマイナスに転じた。値上げを感じ取り財布の紐を引き締めている可能性が高い。

 4~6月期のGDPは低調な輸出でマイナス成長になるとの予想も出ているが、個人消費まで低迷するようだと、その可能性はさらに高まってくる。金融政策的には物価目標の位置付けをどうするのかが重要課題だが、それ以前に、景気の足腰が弱まるリスクを警戒する必要が出てきたかもしれない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

boeing777x
東レが現地工場を建設しボーイングに炭素繊維を長期供給。製造業のモデルケースに

 東レは2014年11月17日、米ボーイング社から航空機向け炭素繊維複合材を長期 …

businessman
4~6月期GDPは予想通り年率マイナス6.8%と大幅減少。焦点は今後の動向へ

 内閣府は2014年8月13日、2014年4~6月期の国内総生産(GDP)速報値 …

r&d
知識産業化を背景に米欧でGDPの新基準導入が進む。日本は2016年がメド

 米政府は2013年からGDPの計算方法を見直す。これまで費用として処理していた …

businessman02
平均給与は何と24年前と同水準。日本がひたらすら生産性を下げてきた理由は雇用維持

 アベノミクスで賃上げが期待されているが、足元ではまだまだ賃金減少が続いている。 …

doruen201311
ドル円が心理的節目である100円を完全突破?関係者の多くは円安継続を予想

 為替市場において、心理的な節目となっていた1ドル=100円のカベがとうとう破ら …

shalegas
米国が安価なシェールガスの日本輸出を解禁。だが長期的円安で効果は相殺か?

 東京電力は6日、米国産の安価なシェールガスを年間200万トン確保したと発表した …

bukkajoushou
12月の物価はさらに上昇。ただし円安一服で来月以降は踊り場に?

 総務省は2014年1月31日、2013年12月の消費者物価指数を発表した。代表 …

kosokudoro02
財政投融資のあり方に関する議論が財務省でスタート。焦点は官製ファンドなど産業投資

 財務省は従来の財政投融資のあり方を検証し、今後の方向性を見極める作業に着手した …

wakamono
2000年を境に若者の意識は急激に変化した。厚労白書が示す日本社会の本質的転換点

 若者の意識は社会の変化を敏感に反映するといわれている。最新の厚生労働白書を見る …

kokusaishushi201401
1月の経常収支は予想通り大幅赤字。アベノミクスに徐々に変化の兆し

 財務省は2014年3月10日、2014年1月の国際収支を発表した。最終的な国の …