ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

意外に堅調な欧州経済。スペインには再び投資資金が集まっている

 

 欧州経済が着実な回復を見せている。ギリシャ債務問題が大きく市場を揺さぶったが、他の地域の状況は思いのほか堅調である。かつて、ギリシャと同様、債務問題に苦しんだスペインには、再び各国から投資資金が集まってきている。

spain

 ユーロ圏の2015年1~3月期のGDP(国内総生産)成長率はプラス0.4%となった。2014年の7~9月期はプラス0.2%、10~12月期はプラス0.3%なので着実に成長ペースが拡大している。消費者物価指数(前年同月比)も、年初まではマイナスもしくは横ばいだったが、6月はプラス0.2%、7月もプラス0.2%とプラス転換した。エネルギーを除くと物価上昇率は1%近くになる。

 ユーロ圏の経済が回復しているのは、スペインなどかつて危機に陥った国々が全体の足を引っ張らなくなったからである。
 スペインの1~3月期GDPはプラス0.9%と他国よりも大幅に大きい伸びとなっており、回復が顕著である。リーマンショックで金融機関は多くの不良債権を抱えたが、抵当に入った不動産の処理はほぼ終了し、再びスペインには投資資金が流れ込んでいる。
 不動産の主な購入者は、英国人や北欧人、ドイツ人など。以前とは異なり、投資目的ではなく、居住用に物件を購入する人が多く、観光収入も増加傾向にあるという。

 解雇規制が緩和されたこともあり、フルタイムの雇用が大幅に増えた。失業率は今のところ22%と高止まりしているが、雇用の増加と賃金上昇が進んでおり、いずれ失業率も低下に向かう可能性が高い。

 欧州中央銀行(ECB)の量的緩和策によってユーロ安が続いていることや、EU主導の域内投資が活発になっていることが回復の主な要因。欧州危機後に作られた各種のセーフティネットによって、ギリシャの債務問題が市場から切り離されたことも大きく影響しているだろう。

 欧州経済の回復は、米国の利上げにとってプラス材料となる。このまま欧州の順調な回復が続けば、中国経済失速の影響を最小限にとどめることも可能となる。このところ市場に対する不安材料が目白押しとなっているが、世界経済は意外と堅調なのかもしれない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

tosho002
「賃上げETF」がいよいよ上場へ。投信会社にとっては確実に売れるオイシイ商品

 積極的に賃上げや設備投資を行う企業の株式を組み込んだETF(上場投資信託)が上 …

usakoyoutoukei201401
米1月の雇用統計は今ひとつ。失業保険給付打ち切りが失業率を下げた可能性が高い

 米労働省は2014年2月7日、1月の雇用統計を発表した。先月の雇用統計があまり …

sanfranrengin
実はそれほど悪くない?サンフランシスコ連銀の米GDPに関する見解が話題に

 年率換算でプラス0.2%成長にとどまっていた2015年1~3月期の米GDP(国 …

brics
BRICSが世界銀行やIMFに対抗してBRICS銀行を創設。だがタイミングが今一つ・・・・

  BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)は3月26日、南アフ …

sony
ソニーが業績見通しを大幅下方修正。同社がフツーの会社だと考えれば妥当な内容

 ソニーは2014年2月6日、2014年3月期の連結業績予想を大幅に下方修正した …

nyse03
絶好調な経済を背景に米国株への関心が高まる。だが本当に落とし穴はないのか?

 投資家の間で、米国株に対する関心が急速に高まっている。米FRB(連邦準備制度理 …

toyota02
トヨタの中間決算は絶好調。単なる円安効果なのか、本質的なカイゼンなのか?

 トヨタ自動車は11月6日、2013年4月~9月期の決算(中間決算)を発表した。 …

pepper
ソフトバンクがロボットを他社に先んじて製品化した本当の狙い

 ソフトバンクモバイルは2014年6月、人と対話することができるロボット「Pep …

nyse
ダウ平均株価の銘柄が久々に大型入れ替え。米国の産業構造は今後どうなる?

 米S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズは9月10日、ダウ工業株30種(いわゆ …

bukkajoushou
梅雨明けを迎え、金融政策も夏休みモード。重大な決断は秋以降にやって来る

 総務省は2014年7月25日、6月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …