ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

意外に堅調な欧州経済。スペインには再び投資資金が集まっている

 

 欧州経済が着実な回復を見せている。ギリシャ債務問題が大きく市場を揺さぶったが、他の地域の状況は思いのほか堅調である。かつて、ギリシャと同様、債務問題に苦しんだスペインには、再び各国から投資資金が集まってきている。

spain

 ユーロ圏の2015年1~3月期のGDP(国内総生産)成長率はプラス0.4%となった。2014年の7~9月期はプラス0.2%、10~12月期はプラス0.3%なので着実に成長ペースが拡大している。消費者物価指数(前年同月比)も、年初まではマイナスもしくは横ばいだったが、6月はプラス0.2%、7月もプラス0.2%とプラス転換した。エネルギーを除くと物価上昇率は1%近くになる。

 ユーロ圏の経済が回復しているのは、スペインなどかつて危機に陥った国々が全体の足を引っ張らなくなったからである。
 スペインの1~3月期GDPはプラス0.9%と他国よりも大幅に大きい伸びとなっており、回復が顕著である。リーマンショックで金融機関は多くの不良債権を抱えたが、抵当に入った不動産の処理はほぼ終了し、再びスペインには投資資金が流れ込んでいる。
 不動産の主な購入者は、英国人や北欧人、ドイツ人など。以前とは異なり、投資目的ではなく、居住用に物件を購入する人が多く、観光収入も増加傾向にあるという。

 解雇規制が緩和されたこともあり、フルタイムの雇用が大幅に増えた。失業率は今のところ22%と高止まりしているが、雇用の増加と賃金上昇が進んでおり、いずれ失業率も低下に向かう可能性が高い。

 欧州中央銀行(ECB)の量的緩和策によってユーロ安が続いていることや、EU主導の域内投資が活発になっていることが回復の主な要因。欧州危機後に作られた各種のセーフティネットによって、ギリシャの債務問題が市場から切り離されたことも大きく影響しているだろう。

 欧州経済の回復は、米国の利上げにとってプラス材料となる。このまま欧州の順調な回復が続けば、中国経済失速の影響を最小限にとどめることも可能となる。このところ市場に対する不安材料が目白押しとなっているが、世界経済は意外と堅調なのかもしれない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

mackabu
日本マクドナルドの株式を米本社が今、売却する理由

 日本マクドナルドの株式の約5割を保有する米マクドナルドが株式の売却に向けて動き …

francisco1
排他的になると逆に伝統文化はダメになる。日本人が傾聴すべきローマ法王の説法

 伝統的な価値観を守るためには、新しい価値観を攻撃するのではなく、うまくバランス …

doruen
欧米の国債利回りが急低下。実は日銀による外債購入まで織り込まれている?

 日銀の量的緩和拡大が欧米の債権市場に大きな影響を与えている。政策決定会合が行わ …

sendaig7
G7を前に日本は八方塞がりの状況。日銀は追加緩和すらままならない?

 G7(主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議)開催を前に、日本が八方塞がりの状況に …

cameron2
先週はオランド大統領、今週はキャメロン首相。欧州首脳が相次いでインドに売り込み

 英国のキャメロン首相は18日、インドを訪問した。首相としては2度目のインド訪問 …

satsutaba
企業が溜め込む内部留保の還元は、アベノミクスを成功させるカギとなる

 アベノミクスに関する議論が活発化する中、企業が確保している内部留保に再び注目が …

no image
「シャープが賞与カットを検討」との報道に、市場では驚愕の声

  シャープがリストラ策の一環として、社員の賞与カットの検討に入ってるとの毎日新 …

bouekitoukei 201411
11月の貿易収支は円安と原油安の相乗効果で赤字幅縮小

 財務省は2014年12月17日、11月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を …

okane
キプロスの預金没収で脳裏によぎったのは、日本における「預金封鎖」と「財産税」

 ユーロ圏がキプロスに対して行った銀行預金に対する最大約10%の課徴金徴収につい …

usakoyoutoukei201409
9月の米雇用統計は予想以上。ただし、世界経済は減速懸念でディスインフレ?

 米労働省は2014年10月3日、9月の雇用統計を発表した。非農業部門の雇用者数 …