ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

意外に堅調な欧州経済。スペインには再び投資資金が集まっている

 

 欧州経済が着実な回復を見せている。ギリシャ債務問題が大きく市場を揺さぶったが、他の地域の状況は思いのほか堅調である。かつて、ギリシャと同様、債務問題に苦しんだスペインには、再び各国から投資資金が集まってきている。

spain

 ユーロ圏の2015年1~3月期のGDP(国内総生産)成長率はプラス0.4%となった。2014年の7~9月期はプラス0.2%、10~12月期はプラス0.3%なので着実に成長ペースが拡大している。消費者物価指数(前年同月比)も、年初まではマイナスもしくは横ばいだったが、6月はプラス0.2%、7月もプラス0.2%とプラス転換した。エネルギーを除くと物価上昇率は1%近くになる。

 ユーロ圏の経済が回復しているのは、スペインなどかつて危機に陥った国々が全体の足を引っ張らなくなったからである。
 スペインの1~3月期GDPはプラス0.9%と他国よりも大幅に大きい伸びとなっており、回復が顕著である。リーマンショックで金融機関は多くの不良債権を抱えたが、抵当に入った不動産の処理はほぼ終了し、再びスペインには投資資金が流れ込んでいる。
 不動産の主な購入者は、英国人や北欧人、ドイツ人など。以前とは異なり、投資目的ではなく、居住用に物件を購入する人が多く、観光収入も増加傾向にあるという。

 解雇規制が緩和されたこともあり、フルタイムの雇用が大幅に増えた。失業率は今のところ22%と高止まりしているが、雇用の増加と賃金上昇が進んでおり、いずれ失業率も低下に向かう可能性が高い。

 欧州中央銀行(ECB)の量的緩和策によってユーロ安が続いていることや、EU主導の域内投資が活発になっていることが回復の主な要因。欧州危機後に作られた各種のセーフティネットによって、ギリシャの債務問題が市場から切り離されたことも大きく影響しているだろう。

 欧州経済の回復は、米国の利上げにとってプラス材料となる。このまま欧州の順調な回復が続けば、中国経済失速の影響を最小限にとどめることも可能となる。このところ市場に対する不安材料が目白押しとなっているが、世界経済は意外と堅調なのかもしれない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

ibmwatson
人工知能の事業化が本格的にスタート。日本がこの分野で不利である最大の理由

 人工知能の事業化が急ピッチで進みそうな状況になってきた。米IBMは2014年1 …

kuroda
日銀黒田総裁が消費税増税を肯定しなければならない理由

 日銀の黒田総裁は8月8日、金融政策決定会合後の記者会見において「脱デフレと消費 …

sendaig7
G7を前に日本は八方塞がりの状況。日銀は追加緩和すらままならない?

 G7(主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議)開催を前に、日本が八方塞がりの状況に …

rikokkyoubetonamu
中国の李首相が早速ベトナムを訪問し、領有権問題の懐柔策をベトナムに提示

 中国の李克強首相は10月13日からベトナムを訪問し、ベトナムのグエン・タン・ズ …

no image
シャープは初めての経験に右往左往。コンサルはやりたい放題

 シャープは現在、金融機関からの支援を獲得するために、リストラ案を策定している真 …

rikokkyou02
中国政府が「影の銀行」の推定規模を公表。事実なら、日本や米国のバブルを超える水準

 中国政府のシンクタンクである社会科学院は10月9日、中国経済における「影の銀行 …

kokuritsukyogijo
新国立競技場の建設費用は何と2500億円。昔の東京オリンピックと比較すると?

 東京オリンピックの会場となる新国立競技場の建設費が2500億円を突破する見通し …

mof03
法人減税は安倍政権の本当の「顔」を知るリトマス試験紙

 法人税減税の焦点である課税ベース拡大に関する議論が本格化している。政府の税制調 …

katsuejiro
10年の1度の財務省大物次官である勝栄二郎氏がネット企業に再就職?

 財務省の勝栄二郎前事務次官がインターネット・プロバイダー大手の「インターネット …

g20wasinton
G20が閉幕。隠れた主要議題アジアインフラ投資銀行については言及なし

 日米欧と新興国の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は2015年4 …