ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

キヤノンがデジタルカメラの生産を完全自動化する本質的意味とは?

 

 キヤノンは2015年7月4日、国内のデジタルカメラ生産を自動化するための設備を新設すると発表した。大分キヤノンの事業所内に総合技術棟を建設し、自動化に関する技術開発を行う。2016年内の稼働を目指す。

canonooita

 同社はこれまで、セル生産方式など製造プロセスの改善を行ってきたが、この動きをさらに推し進め、製造プロセスの完全自動化を試みる。生産コストは最大で2割削減できるとしており、これが実現すると生産設備の国内回帰に弾みがつくことになる。
 大分キヤノンには3200人の従業員が雇用されているが、自動化で業務を外れた人材は、開発や保守に振り向け、人員削減は行わないという。

 工場の完全自動化は時代の流れであり、同社の取り組みは、その流れに沿ったものといえるだろう。
 ただ、ビジネス全体を俯瞰的に見た場合、工場の自動化には二つの側面がある。ひとつはITと工場を一体化させ、新しい製品ニーズを作り出すための自動化である。これはインダストリー4.0とも呼ばれており、ドイツや米国が先行している。
 一方、中国などコストの安い新興国に対抗するための自動化もある。中国など新興国における現地生産を国内生産に切り替えるという今回のキヤノンのケースはこれに該当することになる。

 コスト削減を目的とした自動化の場合、それが成功するためには、需要過多の状態が継続している必要がある。つまり莫大な需要はあるが、付加価値が低く、通常の国内生産では採算が合わないので、自動化を実施するという考え方である。

 だが、世界的に見てデジタルカメラは完全な縮小市場である。デジタルカメラの市場規模は1年間で35%も縮小、レンズ交換式カメラは17%減少した。
 莫大な製品需要があれば、人海戦術を使った中国での大規模生産も採算にあうはずであり、わざわざ国内に自動化工場を建設するメリットは少ない。

 縮小市場への対応策という意味では、正しい決断かもしれないが、これが、今後の日本メーカーにおける物作りのモデルケースとなるのかはまた別問題である。重要なことは、生産プロセスではなく、グローバルな市場で「売れる」製品を開発することである。

 - 経済 , ,

  関連記事

nichigin03
国債市場の大混乱は日銀官僚による黒田総裁への嫌がらせというのは本当か?

 日銀による「異次元」の金融緩和策は国債市場の大混乱をもたらした。緩和策発表翌日 …

sbtakasago
ソフトバンクが電力小売に向け本格始動。電力自由化の本当の意味とは?

 ソフトバンク・グループが電力事業に向けて本格的に動き出した。2014年2月17 …

furyokuhatuden
自民党がエネルギーミックスについて提言。原発をめぐってとりあえず玉虫決着

 自民党は2015年4月、2030年時点における電源比率を定める「エネルギーミッ …

applewatch
アップルの7~9月期決算はiPhone6効果で好調。今後の注目は事業ポートフォリオ

 米アップルは2014年10月20日、2014年7~9月期の決算を発表した。売上 …

bukkajoushou
梅雨明けを迎え、金融政策も夏休みモード。重大な決断は秋以降にやって来る

 総務省は2014年7月25日、6月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …

tokyu5000
東急東横線の列車衝突事故。遠因として囁かれている車両の軽量化

 東急電鉄は2014年2月15日、東急東横線元住吉駅で起きた追突事故について記者 …

grillo
イタリア総選挙が大混乱。欧州危機が再燃するのか?それもと一時的なショックか?

 2月24日と25日に投票が行われたイタリア総選挙の結果が大混乱となり、世界の市 …

meti03
650万円の生活費を2年支給するというベンチャー支援策が登場する背景

 政府が、起業を後押しするために、650万円の生活費を最長で2年間支給する制度を …

tosho002
「賃上げETF」がいよいよ上場へ。投信会社にとっては確実に売れるオイシイ商品

 積極的に賃上げや設備投資を行う企業の株式を組み込んだETF(上場投資信託)が上 …

doruen201505
為替はとうとう歴史的な節目を突破。超長期的な円安トレンドが始まる?

 円安の流れが止まらない。2015年5月28日の外国為替市場で円は4日続落となり …